CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20170413 菊水賞

回顧は金曜の名古屋終わったら纏めて

もしくは日曜終わったら纏めて

 

園田 菊水賞

◎ 02 マジックカーペット

○ 03 ブレイヴコール

▲ 10 スリーピーアイ

△ 04 ポッシビリタース 馬連BOX◎○▲ 複△

 

無傷の6連勝で戴冠となるか?

 

創設からアラブ3冠の第1冠として行なわれていたが、1999年に兵庫県競馬はサラブレッドを導入したため、2000年から新設された兵庫ダービー、兵庫チャンピオンシップと共に3歳クラシックに組み込まれた。レース

3連系を考えたが3着候補が絞りきれない、無駄に手を広げるくらいならとこうなった

本命はマジックカーペット

5戦5勝の実績は断然、ファスリエフ産駒ということで1700の距離は勝ち鞍があるとはいえ気持ち長そうな気はするがそれでも地力上位

先週の桜花賞で得た教訓、「負けていないということは良いことばかりではない」を活かして馬連しかもBOXで保険を掛けるが首位最有力に変わりない

ブレイヴコールはマジックを今までで一番追い詰めた馬

園田ジュニアカップ2着は勝ち馬マジックから0.2差、こちらもカルストンライトオ産駒と聞くと距離?と思うのはある、というかライトオ産駒自体が珍しいな

ブレイの全姉は名古屋・ゴールドウィング賞勝ち馬ヒメカイドウ、姉に続き父の産駒2頭目の重賞ウイナーとなるか?快速先行で上位進出

スリーピーアイは門別2勝の実績がある、転入後5戦【1-1-3-0】の安定感も魅力

1700で2勝しているブラックタキシード産駒で近2走は1400で3着2回、距離延長で反撃に期待できる

ポッシビリタースは母ブーケドロゼブルー、生産加野牧場コスモバルクの半妹の産駒ということになる

名古屋・スプリングカップ7着では勝ち馬メモリーミラクルから1.3差、ここでも上位陣とはやや差がある感は否めないが3着なら一考、応援込み

20170412 マリーンカップ

ナムラタイタン号 引退のおしらせ

 

なん、だと……

エンパイアペガサスとの対決は幻となってしまった

アロースタッド種牡馬入りということで、同スタッドで現役種牡馬の父サウスヴィグラスの後継として期待が掛かる

「みちのくの王」ナムラタイタンの新たな戦いにご期待ください!お疲れさまでした

 

ナムラタイタン 父サウスヴィグラス 母ネクストタイム 母父アフリート 52戦21勝 [21-5-8-18]

2011武蔵野ステークス(G3) 2014・2016シアンモア記念、2014北上川大賞典、2014みちのく大賞典、2015・2016桐花賞(以上M1)など

 

母母ジャビラバはMajestic Light×コマーズニシノフラワー輩出の父にスターリングローズゴールデンジャックを輩出の母

そこにアフリートを付けられて産まれたのがネクストタイム、そこにサウスヴィグラスということでダートでの活躍は約束されたものだった

タイタン自身は中距離寄りのマイラーだったが、産駒は基本的には短距離~マイルが主戦場、配合次第で距離をこなす感じかな

 

どうでも良いがアロースタッドにはリヤンドファミユペルーサワンダーアキュートアジュディミツオーとか自分の好きな馬が多くいてとてもよろしい(謎の上から目線)

 


船橋 マリーンカップ

◎ 11 ホワイトフーガ

○ 06 ワンミリオンス

▲ 08 リンダリンダ

△ 09 ララベル

☆ 02 パールコード 3連複軸1頭◎=○▲△☆ 6点

 

堅く決まるだろう、ブチコがゲートを飛び出し血まみれで出走取消、タッチデュール4着からもう一年

 

TCK女王杯 1着ワンミリ55←(0.1差)→2着リンダリ55←(0.0差)→3着ホワイト58

エンプレス杯 1着ワンミリ55←(0.4差)→2着リンダリ55

マリーンカッ ワンミリ57 リンダリ55 ホワイト58

 

女王ホワイトフーガは去年のJBCレディスクラシック1着と同じ舞台(※訂正 船橋と川崎ごっちゃにする奴がいるらしい……同じ舞台では無いけれどG1(Jpn1)勝ち馬の力を見せてくれるだろう)、58はもう慣れてると思いつつやはり楽ではない

なので3連複の軸という形とした、牝馬同士の一戦なら最悪でも3着は外さないだろう

蛯名騎手もJRAで連敗中だったが先週それも止まって気分も一新、重賞で健在ぶりを示したい

重賞3連勝を狙うワンミリオンスは初の57となる……とはいえ今更その程度で崩れる気もしない

ちなみにホワイトが初めて58を背負った去年のスパーキングレディカップ1着は快勝だった、G1(Jpn1)勝つ馬はやはり一味違う

その女王に挑むという点も含めて試金石と言える1戦となりそう

交流重賞2連続2着のリンダリンダ

JRA勢が斤量を背負う一方リンダは55を活かして再度上位を狙う、元が勝ち切れないタイプなのでどうやって乗って来るか?

ララベルは順調さに欠ける馬だが能力全開なら圏内突入も

上記リンダとは同厩、二頭出しは人気薄とも言うし、540台のダイナマイトバディが少し絞れて仕上がっていれば

パールコードはいきなりアタマ突き抜けるまでは考えにくい

が、父ヴィクトワールピサ(の父ネオユニヴァースは結構ダートでも産駒が走っているイメージもあるの)で自身も500台の大型馬でもあるので初ダートでも面白い存在

20170408 20170409 回顧

福島04R 障害4歳以上未勝利

1 - 05 コージェント

2 - 01 ルー

3 - 08 レジェンドパワー

 

6 ◎ 12 ウインレーベン

11 ○ 03 モアザンイナフ

 

コージェントのスピードが違っていた

 

ウインレーベンは6着、最初はいい感じかなと思っていたが

前はグイグイ離していく中、ウインは道中だんだん位置が下がっていってしまった

スピードが求められると辛かったのかな

 

3着争いがゴチャっとしてるなと思ったけどしっかり3getのレジェンドパワー、もうしばらく未勝利戦で見られそうだ

 


阪神牝馬ステークス

1 ◎ 06 ミッキークイーン

2 - 16 アドマイヤリード

3 - 08 ジュールポレール

 

12 ○ 15 デニムアンドルビー

15 ▲ 03 クイーンズリング

 

去年勝ち切れなかった鬱憤を晴らした

 

デニムアンドルビーは12着

出遅れて大外回して伸びず、馬場の影響もあったのかな、もう少し距離があって面子が軽めのところなら……条件が多すぎるか

逃げの手に出たクイーンズリングは早々に失速して15着

落鉄もあったとはいえ惨敗、レース終わってから去年の米子ステークス2着時に◎でうごご……だったのを思い出した、その時も重馬場だったし

 

直線で鋭く伸びたミッキークイーンが快勝

2着、3着のアドマイヤリード、ジュールポレールの上がり馬2頭も良い脚だったのだが、それを上回る末脚炸裂

ここら辺は流石G1・2勝馬、強力牡馬と戦ってきた格の違いを見せつけた

今年はこのまま順調に行ってもらいたいところ、G1・3勝目も射程圏内だ

アドマイヤはステイ、ジュールはディープの産駒ということで馬場の差も少しはあったかな?

どちらも今後に期待、ヴィクトリアならジュール、エリザベスならアドマイヤみたいなイメージ

 


ニュージーランドトロフィー

1 - 06 ジョーストリクトリ

2 ▲ 04 メイソンジュニア

3 ◎ 16 ボンセルヴィーソ

 

4 △ 07 スズカゼ

10 ○ 01 ナイトバナレット

 

Jo Strictly 冠名+コーヒー豆の標高による格付けの最高位より

 

ジョーストリクトリが勝利、胸を張って父仔マイルカップ制覇へ

内の枠に目を付けたまでは良かったがこの馬は全く見ていなかった、無念

ファルコンステークス4番人気6着(0.4差)→今回は12番人気、後からなら何でも言えるから言うけど人気落ちで狙えたなあ

まあそれを言いだすとダイイチターミナル9着もファルコンステークス12番人気4着(0.2差)→今回も11番人気とかのパターンもあるけど、こちらは前走も人気が無かったというところが違う、まあ理由は今考えた

2着に逃げたメイソンジュニア、3着に我が本命ボンセルヴィーソ

このレースは内をすくったジョーに軍配が上がったが、枠を考えればやはりボンは負けて強し

外目を先行してメイソンを直線入口で捕まえに掛かったが交わせず、詰めが甘いというのもあるだろうがそれでも安定して結果を出し続けるのは力の証

メイソンは東京に替わって再度逃げの手だとどうか?やっぱりマイルカップの本命もボンだな

 

4着スズカゼ、フェアリーステークス3着に続きまたもや権利取り失敗……応援したくなる

なんか入線直後にシュタルケ騎手と吉田隼人騎手が口論をしていた?という話がある、実際TVでもガッツリ映り込んでいた

スズカゼに脚は残っていなかったと思うが権利内・馬券内の3着はあったと思うし文句を言いたいのは分かる

ただ少なくともあのタイミングでやるのは褒められた話では無い、その熱い気持ちは買うぞ、だがそれは馬から降りてからやって欲しかったな

ナイトバナレットは出遅れて10着

こういうタイプの人馬は期待されると飛び、やっぱりダメだなと見切った時に限って突っ込んでくるから警戒した方が良い

 


水沢 赤松杯

1 - 07 イーグルカザン

2 ○ 08 アントニオピサ

3 ◎ 09 ナムラタイタン

 

4 ▲ 02 ナリタスーパーワン

10 △ 04 サンエイホープ

 

嘘だろ

 

JRAでコツンコツンした分纏めてやられた

転入初戦のイーグルカザンが圧勝、鞍上の大坪慎騎手は38歳にして重賞初制覇、おめでとうございます

伸びあぐねるタイタンを外からピサが交わす……その更に外から凄い勢いで一気に抜き去り千切ってみせた

これは嵌ったのか実力か……とりあえず保留

アントニオピサは2着、タイタン撃破と思ったらまた重賞2着、こういうキャラで行くのか?

ナムラタイタンはまさかの3着

叩いたら変わるはず、次は盛岡・シアンモア記念だろう、王座奪還して欲しいなあ

 

4歳馬サンエイホープはシンガリ10着、うーん……

 


高知07R 神崎蘭子生誕祭特別C2-4

1 - 09 クインズネプチュン

2 ◎ 12 ロクハラタンダイ

3 ○ 11 シングルカスク

 

7 ☆ 10 エアビートワン

9 △ 02 ガトーネグロ 

12 ▲ 01 ロットリー

 

世界は光と闇でできている─その世界さえ滅ぼしかねない走り……(素晴らしい逃げ切りでした……)

 

個人協賛レースのご案内

高知けいばオフィシャルサイト-RyomaDerby-協賛競走

このレースは1万円で高知競馬のレースに堕落した私は君にこの想いを伝えられず、自らの内面を焼け焦がす名前を付けられる、ということ

改めて見るとこれで1万円って我が命を削るには足らぬな?自分も円環の理に導かれるまでには一回は協賛したい

 

ロクハラタンダイも最後良く追い詰めたが、クインズネプチュンが振り切ってV

かーっ!内の2頭があんな感じで前に行ってくれるかと幻想ってたんだけどなー、かーっ!

 

www.nicovideo.jp

ニコ○ニコからレース動画、橋口さんの魂を刻みし文言読み上げの安定感

 

見事な逃げ切りにブリュンヒルデも天の福音しただろう

協賛した方もやみのま! 協力:ノムリッシュ翻訳

 

なお同日の高知10Rはフリビオンが単1.9倍の支持に応え快勝しました

 

 

桜花賞

1 △ 10 レーヌミノル

2 ○ 06 リスグラシュー

3 ◎ 14 ソウルスターリング

 

4 △ 08 カラクレナイ

5 △ 12 アエロリット

8 △ 02 ライジングリーズン

11 △ 01 ミスエルテ

12 ▲ 15 アドマイヤミヤビ

16 ☆ 16 ミスパンテール

 

「」

 

いや……なんだ、その……競馬に絶対は無いか……

 

ソウルスターリングは3着敗戦

父Frankel 母Stacelita 母父Monsun とか並べられたら重馬場なんて何も問題ないような感じがしていたけどそんな単純なもんじゃないんだな

ここまで死角らしい死角を見せていなかったこともあり、馬場もきっとこなせるだろうと思っていた、だが違った

勝ち続けるってのは良いことばかりでも無い、負けに不思議の負け無しとか言うけど勝ち続けることで弱点が見えないまま本番を迎えてしまう……まあ馬場なんてどうしようもないっちゃないけれど

逆に言えばこの負けで得たものがきっとあるはず、オークスで待ってる

マイルよりは距離伸びたほうが良いんじゃないか?と思っているんだけれどルメール騎手と逆の感想なのであまり大きな声では言えない

 

桜の女王はレーヌミノル

復帰2戦の敗戦から見事な反撃、人気落ち過ぎてたよなあ(2度目)

大一番でテン乗りの池添騎手の手綱捌きも光った、前任者にはいい教訓となったのではないだろうか

こちらはマイルカップに来るのかな?

2着はリスグラシュー

ソウルに先着こそしたが前にもう一頭いた、上位3頭は暮れの阪神ジュベナイルフィリーズの1~3着かあ

 

アドマイヤミヤビは12着

スタート前に尻尾が上がってたからトイレ中にゲートが開いてしまって運が悪かった、みたいな記事を見かけた

糞みたいな記事だな、と思った……ナンチャッテ

それはともかくこちらも馬場だろうか、距離が伸びて良い馬だと思うし反撃に期待

 


佐賀 ル・プランタン賞

1 ◎ 12 スターレーン

2 ○ 03 オヒナサマ

3 △ 10 セミプレナ

 

5 ▲ 09 ハクユウロゼ

 

6度目の正直

 

桜花賞でやられたが佐賀のおかげでなんとか致命傷で済んだ

スターレーンが遂に重賞初制覇

早めに抜け出したオヒナサマがリードを作った時は、これはまた2着だな……と正直諦めかけた

しかし直線半ばでギアチェンジしたようにグイグイ追撃、終わってみれば3/4馬身だったがそれ以上に強い内容だったと思う

今までずっと勝ち切れなかったけれど、この勝利で一皮むけてくると良いなあ

2着はオヒナサマ

上手いことやったなと思ったが最後にスターの急追に屈した、早めに仕掛けた分だしこれはもう仕方ない、スターレーンの日だったということだろう

序盤は最後方からの形になったが最後吹っ飛んできたセミプレナが3着

やはり勝負気配あっての遠征だった、あと若駒のうちの体重変動はあまり気にしなくていい説が自分の中で確固たるものとなった

この時期なんてまだ体重も手探りだろうし、多少細くても地力で突っ込んで来るという感じなのだろうと結論付けた

3連単43,700かあ、いつかはこういうのをズバっと当てたいというのがささやかな夢

 

ハクユウロゼはスタートがあまり良くなく5着、芝1200のJRA帰りだったのもあったかな

20170409 桜花賞 ル・プランタン賞

回顧はまとめて

福島をピックアップするといったがあれは嘘だ、桜花賞ずっと考えてたらこんな時間に

 


桜花賞

◎ 14 ソウルスターリング

○ 06 リスグラシュー

▲ 15 アドマイヤミヤビ

△ 10 レーヌミノル

△ 08 カラクレナイ

△ 12 アエロリット

△ 02 ライジングリーズン

△ 01 ミスエルテ

☆ 16 ミスパンテール 3連単フォーメーション◎→○▲→○▲△△△△△☆ 14点

 

印が多すぎる件

 

ソウルスターリングから買いたい、だけど単はさっぱり付かない、どうしよう

夜の間考えていたが夜が明けたらこうなっていたのでもう仕方ない

ソウルは頭鉄板だと考えているので話は相手のみ

リスグラシューとアドマイヤミヤビ、一角が崩れるならミヤビの方か

ミヤビはデムーロ騎手に乗り替わる、まあそれはともかくそれまでに乗っていたのがソウルの主戦ルメール騎手、これはいけない

リスはソウルとの勝負付けこそ済んだと思うが、こういうタイプを崩れずに持ってくるのが武騎手だ

フィリーズレビューから不完全燃焼のレーヌミノルと勝ったカラクレナイ

クイーンカップからミヤビの2着アエロリット、そのアエロリットをフェアリーステークスで破ったライジングリーズン

休み明けだが秘めているはずの能力が出せればミスエルテチューリップ賞でソウルとリスに割って入ったミスパンテールまで

 

こうやってどんどん点数が増えてしまうから困る

とにかくソウルスターリング頑張れ!

 

【桜花賞】アドマイヤミヤビ・島明広助手(友道厩舎) 栗東一愛くるしい3歳牝馬にご注目を! - YouTube

なにこれ可愛い、こういうのは反則です!ノゥ!

 


佐賀 ル・プランタン賞

◎ 12 スターレーン

○ 03 オヒナサマ

▲ 09 ハクユウロゼ 

△ 10 セミプレナ 馬単馬連◎=○▲△オッズ見て

 

「ル・プランタン」(Le printemps)はフランス語で「春」という意味 ヘェ-ヘェ-ヘェ-

 

スターレーンは重賞4戦を含んで勝ち馬も全部違う中で5戦連続2着を確保、これは力の証明

大外枠も前走の名古屋・若草賞2着、3走前の園田・園田クイーンセレクション2着で慣れている、佐賀で悲願の重賞Vを飾りたい

逆転の目まで考えてオヒナサマとハクユウロゼ

オヒナサマはタッチスプリント(2着、0.2差)撃破の前前走・花吹雪賞1着から挑んだ前走・春分賞4着、2か月振りの+11で古馬相手と明らかな叩き

ハクユウロゼはそのオヒナサマ(2着、0.9差)撃破の3走前・佐賀若駒賞1着からJRAの500万下へ挑み2戦連続8着とそれなりの健闘

ここを狙い澄ましてきたと思えるのがオヒナサマなのでそちらを僅かに上に見たがハクユウも見劣らない

この3頭で良いかな?とも思うのだが不気味なセミプレナ

門別で2勝、門別・ブロッサムカップは1.9差の9着、9着とかだから何だという話だがこのレースのシンガリはタッチスプリント(14着、4.0差)

4か月振りで距離もやや長そうだが、わざわざ北海道からはるばる佐賀までやってきてキングシャークこと鮫島克也騎手騎乗、色気が無いはずが無い

20170408 障害4歳以上未勝利 阪神牝馬ステークス ニュージーランドトロフィー 赤松杯 神崎蘭子生誕祭特別C2-4

春の福島開幕だ

福島のレースもひとつはピックアップして買いたい、今まで以上に財布が軽くなるな……

 

 

福島04R 障害4歳以上未勝利

◎ ウインレーベン 単5割

○ モアザンイナフ 複5割

 

福島05Rの障害オープンは難しいのでこっち

 

素直に前走の京都3着のウインレーベンと、初障害組から1000万で5着があるモアザンイナフ

レジェンドパワーは平地でいつもの詰めの甘さを見せるだろうと踏む、直線ダートの方が良いと思うし……まあダートでも詰め切れないのだが

 


阪神牝馬ステークス

◎ 06 ミッキークイーン 単7割

○ 15 デニムアンドルビー 単2割

▲ 03 クイーンズリング 3連複◎○▲1割

 

牡馬に揉まれてきた2頭を評価

 

ミッキークイーン有馬記念5着、勝ち馬サトノダイヤモンドから0.4差

エリザベス女王杯3着は休み明けでクイーンズリングから0.2差、今回は同じ休み明けでミッキー55、クイーンズ56でミッキー優位

ただ戦績を見ればミッキーは中距離型、クイーンズはエリザベス女王杯を勝ったとはいえマイラーだと思う、今回の舞台の適性はクイーンズ優位か

じゃあもう好きな方選んでどっちか買えばいいんじゃないかな?って、ミッキーを選んだのは個人の趣味です

中山牝馬ステークス5着の55.5から54に、実績ある阪神コースに替わるデニムアンドルビーの復活の目も少し

少し、と言いつつ前がある程度流れてくれればまとめて差し切りまで十分なのでは?と色気を持っている

クイーンズも含めて実績馬で決まると見たがどうか

 


ニュージーランドトロフィー

◎ 16 ボンセルヴィーソ

○ 01 ナイトバナレット

▲ 04 メイソンジュニア

△ 07 スズカゼ ワイドBOX◎○▲△

 

ずっと本命にしようと思ってたのに大外枠じゃん!なんで?

 

ボンセルヴィーソはむしろ大外枠で人気が落ちると考えるんだ

ここで負けてもマイルカップで反撃してくると考えられるし、本当は単複予定だったが予定変更で薄目に行こう、まあいつも全ての馬券を薄目にしか買っていないけど

人気落ちのナイトバナレット、メイソンジュニアと中山マイル実績を買ってスズカゼ……と内目の枠の人気薄で面白そうな馬を相手にしてみる

 


水沢 赤松杯

◎ 09 ナムラタイタン

○ 08 アントニオピサ

▲ 02 ナリタスーパーワン

△ 04 サンエイホープ 3連単◎○→◎○→▲△

 

みちのくの王、赤松杯4連覇へ

 

高知のサクラシャイニーの時は世代交代がとか言いながらこれである

ナムラタイタンには岩手に戻って来るエンパイアペガサスと戦うまでは王で居て欲しいというのも少しある

「早く来い未来ある若者よ、この『高み』へ!」ドン!みたいな感じワンピ○スとかでありそう、ワン○ース読まなくなって久しいので想像だけど

2走前の盛岡・絆カップ2着はナリタポセイドンに敗れはしたが半年振りのレースでタイム差なし、力は衰えていない

その休み明けに僅かに付け入る隙があるならアントニオピサか

岩手では重賞も含めて【2-3-0-0】、3走前の桐花賞2着はタイタンに0.3差、今回は一叩きされて斤量1キロ貰いのアドバンテージがある

年末はローテの狂いも影響したか?巻き返すナリタスーパーワン、4歳世代の2番手的な立ち位置のサンエイホープがここでどれだけやれるか

 


高知07R 神崎蘭子生誕祭特別C2-4

CB 馬番 馬名 性齢 斤量

▲ 01 ロットリー 5 54

△ 02 ガトーネグロ 5 54

- 03 セキサンシップ 4 53

- 04 クインダム 4 52

- 05 マイネルジパング 牡6 56

- 06 キュウコウノウ 牡6 54

- 07 ベルラピエル 牡8 56

- 08 アドマイヤジャガー 牡10 56

- 09 クインズネプチュン 4 54

☆ 10 エアビートワン 牡4 55

○ 11 シングルカスク 6 54

◎ 12 ロクハラタンダイ 牡4 56

 

闇に飲まれよ!(おつかれさまでーす!)

 

4月8日は神崎蘭子ちゃんの誕生日です、おめでとうございます

ちなみにどうでも良いんですが自分はモバではナターリア、ミリではが好きです

 

こんな感じの「痛レース」は久しぶりに見た気がする、アイマスだから気付いただけでまだ結構やってるのに気付いてないだけなのかもしれないけどどうだろう

サインは素直に誕生日で馬単4→8、やみに(3連単8→3→2)飲まれよ!あたりですかね

だいたい騎手と近走を参考にして真面目に予想はしたけれど、最近はJRAの条件戦すらあまり買っていないので高知のC級戦を当てられる気がしない

約1ヵ月振りだった前走の清風特別2着のロクハラタンダイの更に前進に期待

赤岡騎手のシングルカスク、積極策でロットリーとガトーネグロ、別府真衣騎手のエアビートワンを相手に

 

なお明日はPATが高知05Rまでしか買えないのでエア予想、買えるつもりで予想していたわ

高知10Rには土佐春花賞3着から反撃必至のフリビオンが出るのに買えねえわ、かーっ

20170405 回顧

笠松 新緑賞

1 ▲ 10 サザンオールスター

2 - 05 イスタナ

3 - 09 ウリャオイ

 

4 ○ 08 アンティクイーン

6 △ 02 ハリアー

7 ◎ 04 セレニティフレア

 

♪人気馬買ーうとー すなーおにー 決まーって くれーなーああいー(泣)

 

情けない予想でゴメンよ、人気の軸2頭が共に飛んでしまうとは

アンティとサザンが2・3番手、ライデンリーダー記念勝ち馬イスタナが前に付けていて何か予感はした、ハリアーとセレニティは後方だが手応えが微妙

4角ではアンティとサザンで決まってくれる以外に目は無かったが外のサザンの勢いが良くアンティは後退、イスタナが追い上げるが前には届かず

 

という訳でサザンオールスターが重賞V

フリオーソ産駒あっちこっちで勝つなあ、これはサウスヴィグラスの後継はフリオーソだな、間違いない

正直好走はあってもアタマまでは来ないと思っていたが甘かった、重賞で揉まれてきていたのはダテでは無かったというところか

イスタナが2着

名古屋の近2戦を除けばこの馬も笠松で重賞V込みで【3-0-2-1】、ゴールドジュニア9着で1回崩れただけでこの人気
完全に後付けだけど買えない馬では無かった、完全に後付けだけど……

ついでに3着ウリャオイは中京ペガスターカップ4着で△、今回ノーマーク

 

アンティクイーンは4着

こちらもJRAの荒波で揉まれてきたとはいえ、地元、というか名古屋や笠松の重賞で揉まれてきた馬との差が出たかな

セレニティフレアはハリアー6着にも負ける7着

もう道中の手応えから怪しかったと感じた、やはり牝馬は難しい(雑な〆)

 


川崎 クラウンカップ

1 ▲ 08 ローズジュレップ

2 - 05 セイジーニアス

3 - 07 ラッキーモンキー

 

9 ○ 13 サイバーエレキング

10 ◎ 11 ブルーマネー

 

そんな圧勝できるなら最初から大井で頑張ってくれよマジであああああ

 

57でもここではローズジュレップが強かった、格が違った、終わり

結果的にこれと競って競馬しなくてはいけなかったサイバーエレキング9着はかわいそうだったとしか言えない

2番人気のブルーマネー10着、同じく相手が悪かったかな

いっそ羽田杯ではローズマイラー説を唱えて消したい、もぉ絶対来るパターンだこれ

騎手はこのまま吉原騎手かな?カンムルもいるけど流石にローズの方に乗るかな

20170405 新緑賞 クラウンカップ

news.netkeiba.com

「私たちはナンバーワンでありたい」とかいう小学生並みの理由で賞金増額とか

うわあすごい(幼稚園児並みの感想)

 

 

笠松 新緑賞

◎ 04 セレニティフレア

○ 08 アンティクイーン

▲ 10 サザンオールスター

△ 02 ハリアー オッズ次第だけど馬単◎○→◎○▲△でどうだろうか

 

笠松無敗同士の対決

 

去年はあのカツゲキキトキト木之前葵騎手の勝ったレースだが、今年は直近の着順が振るわない馬が多くやや小粒感はある

名古屋での前走・2走前の若草賞4着・スプリングカップ6着で揉まれてきたセレニティフレア

笠松では3走前のゴールドジュニア1着を含む3戦3勝であり、このメンバーなら大威張りできる

アンティクイーンも笠松で2戦2勝

流石にJRAでの近2戦は参考外で良いだろう、底を見せていないしこちらも魅力

サザンオールスターは重賞で3戦して4着6着8着だがそれ以外はそれなりに走る馬、ここなら上位まで

正直ハリアーはローテーションその他で切りたいが経験的に切る絶対来るパティーンなので殺し目的な意味も込めて、力があるのは事実だしローテのアレさで人気落ちなら面白い

 


川崎 クラウンカップ

◎ 11 ブルーマネー

○ 13 サイバーエレキング

▲ 08 ローズジュレップ 馬連BOX◎○▲、BOXならタテ目でも安心

 

素直にNAR2歳最優秀牡馬ローズジュレップの反撃

 

……でもいいのだがまずはブルーマネーの上昇度に期待、デビューしてから342322232711?←いまここ

これだけ勝ち切れなかった馬が、前走のうぐいす特別1着は57でも2着ナルカミ55をタイム差なしで下して2連勝、山崎誠士騎手とのコンビ【2-1-0-0】も合っているということか

男子三日会わざれば~なんて言うがこの時期の3歳馬はまさにそんなところがある、上昇カーブで一気の重賞Vがあっても驚けない

展開が向くかどうかだがサイバーエレキングも一発の魅力アリ

川崎若駒オープン1着でコース実績もあるし、近2走はJRAとそこから帰ってきて1発目の大井・クラシックトライアル7着、巻き返しに期待

もちろんローズジュレップが叩かれてあっさりも

唯一57を背負うが実績的に恥ずかしい競馬はもうできない、100mとはいえ距離短縮、Jpn1で3着の舞台で反撃十分