CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20170506 20170507 回顧

土曜の佐賀・佐賀皐月賞は当地復帰戦のスーパーマックスが楽勝

紛れるならここか?と思っていたがそんなことは全く無かったですね、強い

南関では壁に弾き返されたが、いずれまた挑む機会もあるだろう

 

www.nicovideo.jp

日曜の帯広07R 脇山珠美ちゃんかわいい!杯B3-2は一番人気のミノルシャープが快勝

第二障害を先頭でクリアー、直線半ばで一度詰まってしまったが立て直して改めて突き放した

 

珠美ちゃんのイラストで最高なのは……やはり「小さな自信家」特訓前、み、見え……

ああいうシチュエーション好き、アイドルちゃんと二人で下校途中に得意の道草してもうひと遊びして公園貸し切りかくれんぼしたいだけの人生だった

所持しているけれど特訓させるのもったいないのでそのままに

 

GWも終わり、第6回シンデレラガール総選挙……という名のボイス争奪戦も20170509 18:59まで

◎ナターリアには今纏めて194枚投票しました、最後の追い込みでどこまで末脚を伸ばせるか

183名によるせめぎ合い!さあ183名ともみんながんばれがんばれ~!(cv.及川サ○ル)

 

日曜の高知は結局買わなかったが05Rでメモリーバッカスが2番人気も6着に敗れたり、11Rでセトノプロミスが快勝したり

特にセトノは唯一57でクレスタラン56、カッサイ56をねじ伏せる勝利で価値があったと思う

 


プリンシパルステークス

1 - 08 ダイワキャグニー

2 - 01 レッドローゼス

3 - 07 ロードアルバータ

 

4 ◎ 03 エトルディーニュ

 

約束された複買えば4着

 

1番人気ダイワキャグニーが快勝、ダービーへの切符をもぎ取った

直線半ばで突き抜けて最後は流す余裕も見せた、東京3戦3勝ということで本番でも穴人気するか

 

エトルディーニュは4着、もう少し先に行くと思っていたが

後ろから行ってどうこうって馬では無いだろうし……どっちにしてもあの勢いのダイワは振り切れなかっただろうなあ

 


京都新聞杯

1 ◎ 11 プラチナムバレット

2 - 03 サトノクロニクル

3 ○ 02 ダノンディスタンス

 

5 △ 08 ミッキースワロー

7 ▲ 04 インヴィクタ

 

ガミだろうが当たりは当たり

 

ラチナムバレットが差し切りV

正直、落ち着いたペースで中団待機だったので道中ほとんど見ていなかった、ここでは戦ってきた相手が違った

残念ながらレース後に故障が発覚ということでダービーには出られない、まずはしっかり治して欲しい

サトノクロニクルが内から2着、この展開なら押し切っておかしくないが差されたのは今の力ということか

先行したダノンディスタンスが3着、この展開ならサトノ以上に押し切らないと……こちらも今の力ということだろう

 

ミッキースワローは5着、人気は下回ったが健闘だと思う、馬も騎手もこれから伸びるだろう

インヴィクタは7着、出遅れで糸冬

 


新潟大賞典

1 - 02 サンデーウィザード

2 - 06 マイネルフロスト

3 - 11 メートルダール

 

6 ◎ 01 トルークマクト

 

これぞ新潟コースの醍醐味といった最後の直線

 

横一列にズラーッと並び、馬場の真ん中からマイネルフロストが抜け出しを図りすぐその内からサンデーウィザードも並んでくる

そのままびっしり叩き合い軍配はサンデーウィザードに上がった

去年の今頃は1000万で勝ち切れずに500万まで降級していた馬が今年一気の急上昇、父ネオユニヴァースの流れが来ていますね

今回はハンデ55とマイネルから2キロ貰いだったので今後斤量が増えてどうなるか、楽しみな馬

久しぶりの重賞制覇が零れ落ちたマイネルフロストが2着

ブリンカーが効果大だったようだ、ブリンカーは初or2戦目が狙い目と言うもんな……かつてダービーで3着だった馬、力は健在だった

 

トルークマクトは6着、次は目黒記念とかどうですかね

 


NHKマイルカップ

1 - 16 アエロリット

2 - 14 リエノテソーロ

3 ◎ 06 ボンセルヴィーソ

 

8 ○ 13 トラスト

 

やはり牝馬の世代なのか?


トラストは先行するも8着、17番人気というのを考えれば普通ならば健闘というのだろう

お前の見る目が無いだけだと言われればぐうの音も出ないが、小さく纏まってしまった……という印象

前目の馬が残っているのに……いや期待が大きすぎただけなのか……

実は晩成でここから夏を越して大変身とかありませんかね……

 

アエロリットがG1制覇、スタートが鮮やか過ぎて笑ってしまった、1馬身ちょい出てるだろこれ

そこからそのまま外目を回り直線ではもう一伸びして突き放し快勝、1800mくらい走ってそう

今まで1勝しかしていなかった馬とは思えない、今後はどういう路線になるのかも含めて楽しみ

リエノテソーロが2着

休み明け太目残りのアネモネステークスで0.2差4着を考えれば人気が無さ過ぎた、結果論だ

そのアネモネステークスの時も言ったけれど今は完成度でこなしているだけで本質的にはダート馬だと思う、あれだけぶっちぎる馬がダート馬でない訳が無いはずきっと多分

次が芝なら要検討、ダートなら後追い上等で飛び付きたい

ボンセルヴィーソは粘りに粘って3着、複勝320円でしたボンセル&松山騎手グッジョブ

……いやまあ確かに馬券的には狙い通りではあるんだが、もうブロコレキャラで行くのか?

何かこの惜しい感じ、何かとキャラがかぶると思っていたけどタケミカヅチ

2勝目は来年のダービー卿チャレンジトロフィーまで待てと?実際ありそうだから困る

 

 

盛岡 シアンモア記念

1 - 10 ユッコ

2 ◎ 08 プリムラブルガリス

3 - 13 ブラックサンダー

 

4 ▲ 05 イーグルカザン

5 ○ 06 アントニオピサ

7 △ 02 ライズライン 

9 ☆ 12 ミラクルフラワー

 

1~5番人気でガチガチの予想して6番人気の馬に勝たれ7番人気の馬に来られる奴が居るらしい

俺だった

 

3連複軸2頭◎○=▲△☆で逝きまして↑の勝ち分はほぼ消えました

プリムラブルガリスとブラックサンダーの叩き合いでどちらが勝つのか?と力が入ったがその後ろから纏めてユッコが面倒を見て差し切りV

見返してみれば盛岡【2-1-0-0】で叩き良化型の馬が復帰4戦目、ノーマークではいけない馬だったよなあ

2着争いはプリムラブルガリスが先着

やはり力はあった、今日はその日では無かったというだけでプリムラも重賞を勝つ日が来るだろう

ブラックサンダーが3着

3走前の大井・寒梅賞6着でライズライン(8着)に0.3差先着しているという事実は一応ほんの少し気になってはいた

まあそれは上位の着順の話では無いし前走競走中止の馬が乗り替わりということで不安の方が大きいと思い無視、結果はこの通り

 

イーグルカザンは4着、盛岡替わりかなあ?本質的にはスプリンターで、タフなマイルでは水沢のようにはいかないのか

アントニオピサは5着、何故だ……

ライズラインは7着、船橋からの参戦は勝手が違っていたのかな

ミラクルフラワーは9着、こっちも何故だ……テン乗りだったのもあるかもしれない

20170507 新潟大賞典 NHKマイルカップ シアンモア記念

昨日の回顧は今日纏めて

調子が戻ってきた(当社比)

今日は高知も面白そう、ちょっとくらい外しても高知で取り返せば……それが彼の最後の言葉となった

あと今日の帯広07Rは脇山珠美ちゃんかわいい!杯 B3-2が行われます

特に誕生日とかでは無い(誕生日は昴と同じ9月20日)ので総選挙ラストスパートの応援だろう

7頭立てならエア予想も当たるかな、と思ったけど観戦だけにしておこう

 

 

新潟大賞典

◎ 01 トルークマクト 頑張れ

 

パワー(というかマネー)をためておく

 

こんな混戦当てられねーよというのもあるのだが、頑張れ馬券だけ買って残りの資金は↓に

トルークマクトはひょこっと3着くらいなら来ても良いのでは

 


NHKマイルカップ

◎ 06 ボンセルヴィーソ 複8割

○ 13 トラスト 単・複各1割、◎複じゃなくてワイド◎→全にするかなあ、もうちょっと考える

 

地味に、しかししぶとく

 

G1・朝日杯フューチュリティステークス3着を含め重賞4連続馬券圏内のボンセルヴィーソ

その重賞4戦は京都阪神中京中山と全て違う競馬場でのもの、これなら東京だって別に大丈夫だろう(適当)

前走のニュージーランドトロフィー3着では中山マイルでは不利と言われる16番枠から先行して1着ジョースクリクトリ(6番枠)から0.2差

上位人気の末脚自慢を抑え込むだけの先行力は持っている、粘って粘って粘りこめ

今春、皐月賞を制しノッている主戦・松山騎手も心強い要素となる

 

トラストである

前走の皐月賞13着時に続き今回も17番人気……完全に過去の馬という扱い

ただ皐月賞だけで考えれば12着のアウトライアーズが4番人気に推されているのだ、オッズほどの力差は無い

あとはマイルへの適性がどうか、柴田大知騎手がどう乗るか

正直この馬に対する信頼もだいぶトーンが下がってきたが、まだ単も買うあたり希望は捨てきれない……頑張れよ!!!1

 


盛岡 シアンモア記念

◎ 08 プリムラブルガリス

○ 06 アントニオピサ

▲ 05 イーグルカザン

△ 02 ライズライン 

☆ 12 ミラクルフラワー ↑の結果・あとオッズ次第で買い方を考える

 

タイタン、きみが引退したら岩手ががらんとしちゃったよ。

でも……、イーグルカザン、アントニオピサ、ミラクルフラワー……、

ここにはいないけどエンパイアペガサス、3歳にはベンテンコゾウもいるから……、すぐになれると思う。

だから……、心配するなよ、タイタン。

 

JRAからの転入初戦、前走の水沢・赤松杯1着の圧勝で3着ナムラタイタンに引導を渡したイーグルカザン

そこで買えなかった身としては人気上昇必至のここで後追いはカッコ悪い、まあ一番カッコ悪いのはカッコを気にして外すことなんだけど

 

岩手県の小岩井農場に輸入された種牡馬シアンモアを記念して創設された競走

産駒がデビューした1932年は、小岩井農場のライバル下総御料牧場が導入したトウルヌソルの産駒デビュー年と同じであり、東京優駿大競走がスタートした年でもある。第1回はトウルヌソル産駒のワカタカが勝ち、シアンモア産駒のオオツカヤマが2着。二大種牡馬の時代の到来を予感させた。実際、1933年カブトヤマ、1934年フレーモア、1935年ガヴァナーとシアンモア産駒が東京優駿大競走を3年連続で制覇した。なお、1934年は3着まで、翌1935年は2着もシアンモア産駒が入っている[1]のはあまりにも有名、ああ……常識だよな!!!知ってる知ってる!!!

トウルヌソル記念は無いのでほんのちょっとシアンモアが上かな(適当)

前も書いた気がするが、昔の名馬のwikiのページを見まくっていると時間が一瞬で過ぎるから困る、ハマってしまうんだよな……

 

プリムラブルガリスは元JRA・OPクラスの馬で6勝、2013年ニュージーランドトロフィー4着があるマイラー

今年1月に1年3か月ぶりに戦列復帰、ダートを3回使い全て2桁着順で岩手にやってきた

転入初戦の水沢・桜花特別1着は自身初の1800mで馬体重505はキャリア最高体重だったが余裕の先行抜け出し、2着コミュニティ、3着ミラクルフラワー以下を抑えての勝利は価値がある

200mの距離短縮は間違いなく好材料JRA時代から数えて長欠明け5戦目、絞れれば更なるパフォーマンス上昇も期待できる

あとは素直に実績上位の馬を並べる

岩手でまだ2着以下無しの安定感アントニオピサ、前走圧巻のイーグルカザンはここでどんな走りを見せるか、船橋から挑戦の2年前の覇者ライズライン、当然ミラクルフラワーも侮れない

順当なら買い方は3連複軸1頭◎=○▲△☆あたりかな?

ちなみにイーグルカザンの母母父はミホシンザンで、ミホシンザンの父シンザン(の母母父はトウルヌソル、)の母母母父はシアンモア

あっ、これやっぱりイーグルカザン本命にしよっかな……あとハセハイダウェイも遡るとシアンモア(とトウルヌソル)います、探し方がガバガバなので他にもいるかも

20170506 プリンシパルステークス 京都新聞杯

東西で日本ダービーへの最終切符の争い

 

明日は佐賀皐月賞もある、皐月賞と言いつつ特に3歳限定では無い

スーパーマックスは早々に佐賀に戻ってきた、元居た厩舎とは別の厩舎で復帰、珍しい、かどうかは分からない

ただ鉄板かと言われるとどうだろう、ハイセイコー記念9着も2番人気に推された素質馬ビーザライト、佐賀桜花賞馬ガブリキックの同世代有力馬に古馬もいる

 


プリンシパルステークス

◎ 03 エトルディーニュ 単複予定

 

流石にコパノミザールは厳しい

 

小桧山厩舎のエイシンサンディ産駒でプリンシパルステークスといえば、そうベンチャーナイン

重賞2着で賞金を加算しているが1勝馬というところまで同じ

だから買うという訳では無いが、ここなら2走前の共同通信杯2着の実績は大威張りできる……はず

 

 

京都新聞杯

◎ 11 プラチナムバレット 単2割

○ 02 ダノンディスタンス 単2割

▲ 04 インヴィクタ

△ 08 ミッキースワロー 馬連BOX◎○▲△各1割

 

こちらもシンプルに実績馬を上に

 

ラチナムバレットは2走前の毎日杯4着では1着アルアインと0.5差

ダノンディスタンスは2走前の若駒ステークス2着、インヴィクタは前走の若葉ステークスで3着

行きそうな馬が未勝利戦を勝ち上がったばかりのウインベラシアスとダートで勝ち上がりのカケルテソーロ、そこまで早くはならないだろうし前で捌きそうなプラチナムとダノンを単で

ミッキースワローは父トーセンホマレボシがこのレースを日本レコード(当時)で制していて、前走のひめさゆり賞の勝ち方が爽快だった

鞍上はルーキー菊沢一樹騎手、上手いとか下手とか以前にいきなり重賞勝てるほど世の中甘くないと思うが、馬は良いと思うし先行投資ということで

20170504 20170505 回顧

園田 兵庫チャンピオンシップ

1 - 07 タガノディグオ

2 - 06 ノーブルサターン

3 - 01 クイーンマンボ

 

4 - 11 リゾネーター

5 ◎ 05 シゲルコング 2:03.3

6 ○ 09 ナチュラリー 2:03.9

 

印象に残ったのは

 

先行して流石に失速したがそれでも地方最先着の6着だったナチュラリー

菊水賞4着はマジックカーペットから0.6差、距離も展開も一切考えない数字遊びだがマジックでも掲示板が一杯ということ

菊水賞上位馬の回避は残念ながら大正解だった、それでもナチュラリーは意地を見せてくれたと思う

 

上位は4着リゾネーターに2秒以上の大差で2度も先着されているノーブルサターンが2着だったりとコースや展開次第で入れ替わりそうな気も

1着タガノディグオはダートで着外無しの堅実派、次も軸にはしやすいか?

 


船橋 東京湾カップ

1 - 02 ソッサスブレイ

2 - 04 クラトリガー

3 - 05 サイバーエレキング

 

5 ◎ 06 グランウブロ

6 ○ 11 カンムル

 

上位二頭の共通点

 

メンバー中道営デビューで2勝している馬2頭のワンツーで決まった

1着ソッサスブレイは2歳時の話とはいえ既にヒガシウィルウィンあたりと勝負付けが済んでいる感がある

故にこの組からの本番での逆転までは厳しいと見るがどうだろうか……

 

1・2番人気のグランウブロ5着・カンムル6着、うーんう゛ーーん……

 


名古屋 駿蹄賞

1 - 07 ドリームズライン

2 - 01 マルヨアキト

3 - 12 ゴールドブレード

 

10 ◎ 04 メモリーミラクル

 

これはしょうがないわ

 

モリーミラクルは逃げたものの勝負所で差を広げられず手応えも怪しく直線では早々に失速し10着

先行勢壊滅の流れ、逃げ馬の宿命でこういう日もある、ローテも詰まっていたし……でも東海ダービーで待ってるぞ

場合によっては園田・のじぎく賞でグランダムジャパン制覇を狙うか?ただ現時点でスターレーン21P、タッチスプリント18P、メモリーは11Pで3位

スターレーンは水沢・留守杯日高賞を取消したがまずどっかしらに出てくるだろうしここから逆転女王は厳しいか

 

1着ドリームズラインはJRA未勝利から転入して【4-3-0-0】、1月の新春ペガサスカップ2着時もメモリーミラクル(3着)に先着していた

そこから一息入れて一度叩いてというローテーション、本番でも強敵になりそう

今回はゲートがあまり早くなく後方からというのも結果的に良かったか

マルヨアキト・ゴールドブレードの2桁人気の2着3着も後方勢、これで本番後ろにマークが行くのなら……?

 


船橋 かしわ記念

1 - 01 コパノリッキー

2 ▲ 02 インカンテーション

3 - 03 モーニン

 

4 ◎ 07 ベストウォーリア

5 ○ 08 ブラゾンドゥリス

 

復活商法

 

コパノリッキーかしわ記念2連覇、かしわ記念3勝目

武豊騎手が被せに行って潰しに掛かってスランプ→武豊騎手のアシストで復活させて勝利、これがマッチポンプってやつか

最初のG1勝利となったフェブラリーステークス1着も復活勝利、去年のかしわ記念1着も3連敗からの復活勝利

2度あることはサンドある、ってか?(3度とダートとしてのsandをかけている)……ごめんなさい

今回は頭数が10頭立てと手ごろだった上、いつも以上にJRAと地方で分断された競馬となりその間にスポっと収まった

これでG1・9勝目の強さと脆さを兼ね備える馬、次もうまく行くかは分からない……帝王賞の馬券は悩ましい選択を迫られそうだ

 

2着インカンテーション、2015フェブラリーステークス2着に続きコパノにG1制覇を阻まれた

この2馬身はG1馬との地力の差なのか

 

ベストウォーリアは伸びを欠いて4着、案外だったなあ……

ブラゾンドゥリスは5着、距離が微妙に長いのか?だが初のG1挑戦だし悲観するほどではないかもしれない

 

 
園田 兵庫大賞典 

1 - 04 サウスウインド

2 - 05 エーシンクリアー

3 - 11 エイシンホクトセイ

 

11 ◎ 10 インディウム

 

この泥沼の流れで土日を迎えていくのか……

 

サウスウインドが先手を主張、そのまま逃げ切って勝利

前走は58、今回は56で赤岡騎手に手戻りで見事に1番人気に応えた

エーシンクリアーがゴール前で追い上げて2着、実績馬が人気の盲点的な感じ

園田金盃3着では1番人気だった馬、叩き3走目で6番人気、走り時だったかあ

 

インディウムは特に見せ場も無くブービー11着、なんでやねん

本質的にこの距離は向かないのかな……それにしても負けすぎだろ……地元じゃ負け知らずとは何だったのか

20170505 かしわ記念 兵庫大賞典

回顧は今日纏めて、うーんメモリーミラクル……無念

そして今日は馬券が……買えない

まあ死ぬほど疲れてるからちょうどいいな……財布が

 

船橋 かしわ記念

◎ 07 ベストウォーリア

○ 08 ブラゾンドゥリス

▲ 02 インカンテーション エア馬連◎=○▲

 

フルゲート14頭だが10頭立て

 

いっそトウケイタイガーを中1日で出走させるというのはどうだろう

それは冗談として、このメンバーこの頭数なら安定感抜群のベストウォーリアの軸は揺るがないだろうなあ

相手もブラゾンドゥリスとインカンテーションの前走勝利組

コパノリッキー、モーニンのG1馬としての格より勢いを重視

 


園田 兵庫大賞典

◎ 10 インディウム エア単

 

インディとタケシ

 

紅一点タガノトリオンフ、安定感ならサウスウインド、叩かれてバズーカ、充実の4歳アサクサセーラ、エーシンクリアーやアクロマティックあたりも争覇圏で大混戦

ここは久しぶりの中距離戦となる(ことで人気が落ちるならなおいい)インディウムでどうだ

何と言っても前走の名古屋・東海桜花賞3着、1着トウケイタイガー2着カツゲキキトキトについてもはや語る必要も無いだろう

年末に復帰して以降5戦は短い距離ばかりを走っているが、もともと菊水賞1700m・兵庫ダービー1870mを制している馬

そして復帰以降敗れたのは高知・黒潮スプリンターズカップ2着と上記の東海桜花賞3着の他場2走のみ、まあメンバーのレベルもあるだろうがコース適性ばっちり

ふるさと                 じもと

 園田を捨て去りでかい夢を追いかけるために園田じゃ負け知らずじゃないとな……兵庫チャンピオンシップ5着?ミ・アミーゴ

20170504 兵庫チャンピオンシップ 東京湾カップ 駿蹄賞

明日はリアルタイムで観戦できないのが残念

そんなこともあり主軸は駿蹄賞に絞っていこうと思う

 


園田 兵庫チャンピオンシップ

◎ 05 シゲルコング 

○ 09 ナチュラリー 共に頑張れ馬券

 

マジックカーペットは?ブレイヴコールは?ポッシビリタースは今日走っていたけど8着だった

 

馬優先は大事なことだ、今JRA勢にぶつけないで素質馬の成長を待ちたいという関係者の気持ちが理解できないわけではない

その上であえて、ただの無責任ないちファンとしては、故障でもないのに6戦不敗の地元の大将格が出てこない交流レースというのは本当に残念でならない

 

内田騎手のみを見てシゲルコング、菊水賞4着馬に敬意を表しナチュラリーの頑張れ馬券で

シゲルは近走57が続いたが56と内田騎手に戻ってJpn1・2着の輝きを取り戻せるか

ナチュラリーは重賞・兵庫若駒賞で初勝利を挙げた馬、世代上位の力はある馬でどこまで

 


船橋 東京湾カップ

◎ 06 グランウブロ 

○ 11 カンムル 共に頑張れ馬券

 

京浜盃組vsクラウンカップ組vsブルーバードカップ組

 

2着馬までに東京ダービーの優先出走権が与えられる

1着ローズジュレップの強さが際立ったクラウンカップ組はとりあえず静観

というか本当にローズジュレップはもういないのか……変な感じだ

 

トライアルのブルーバードカップ1着のグランウブロと、王道路線の京浜盃6着と最先着のカンムルの頑張れ馬券で

グランウブロはバルクと同期のハイアーゲーム産駒でもあるし応援したい

カンムルはJRA1勝馬で大井の準重賞・雲取賞1着の実績馬、反撃が期待できる

 


名古屋 駿蹄賞

◎ 04 メモリーミラクル 単で、複も100円

 

http://i.imgur.com/karIgKHh.png

ミラクルな逃走劇で重賞3勝目へ

まつ毛があると牝馬に見えるってよしだ○みほ先生が言ってた

 

2着馬までに東海ダービーの優先出走権が与えられる

キンシャサノキセキ×サクラバクシンオーという血統、1800mの梅桜賞でブービー11着のメモリーミラクル

だが逃げさえすれば1800mくらいなら問題無いだろう、母父バクシンオーだからって距離が持たないと考えるのは甘いとキタサンブラックが言ってた

むしろ1400mの若草賞5着のように意外と短いほうが微妙まである

距離なんかより押せ押せのローテーションの方が気になるが今更気にしないことにした

本番は東海ダービーだし一度緩めてくるかもしれないが、その場合人気落ちのダービーで倍にして取り返す、よし問題無いな

 

複100円は形はどうでも良いので最低でも当てたいから

自分は流れ厨なので最近の馬券が外れまくる悪い流れを断ち切りたい、まあいつも悪い流れみたいなもんだけど

 

多分1番人気だろう、重賞2勝馬だがこれまで人気が落ちたタイミングで勝っている

それ自体は馬券的に美味しいのでこっちとしてはありがたいのだが、ここらで人気を背負って逃げ切れたら人馬ともにもうひと皮むけるのでは?

ミトノリバー、カワナと先手を主張してきそうな馬もいるしどういうレースを見せてくれるのか楽しみ、頑張れメモリーミラクル&友森騎手!

20170429 20170430 20170503 回顧

愛彼女皇盃 クイーンエリザベスⅡ世カップ

新寫實派 ネオリアリズムが快勝!巴基之星 パキスタンスター2着

どっちも破天荒というか凄いレース運びだったなあ

スタートしてあれだけ引っ掛かっていたのに前の馬の後ろに押し込んで、道中で捲って先頭に立って最後まで押し切ったネオ

追い込みでは無くこちらも行きたがって早め3番手あたりで競馬をしていたはずなのに、位置取り下げて5番手辺りから追い込んできたパキスタン

モレイラ騎手は勝ったから良いようなものの最後差されてたらフルボッコ必至の騎乗だったけど残すもんなあ……もちろん騎手のアクションに応えたネオの力があってこそなのは言うまでもないが

逆にパキスタンのデソウサ騎手は今頃フルボッコなのだろうか……?

 


青葉賞

1 - 10 アドミラブル

2 - 09 ベストアプローチ

3 ◎ 06 アドマイヤウイナー

 

4 ○ 04 ポポカテペトル

5 △ 02 サーレンブラント

6 ▲ 05 ダノンキングダム

 

ワイド買えば3456着、これ競馬あるある……?

 

最後方から進めたアドミラブルが3角手前から外を進出、直線では一気に前を呑み込んで押し切り

タイムがダービー馬と比べても遜色なし、ということはそれだけ疲れも溜まるのでは?などど今から切る理由を考えなきゃ……

それはともかく皐月賞が波乱の決着だったこともあり、この勝ち方だとあるいはアドミラブル1番人気までありそう、ダービーが楽しみになってきた

ベストアプローチが2着でここまでダービー優先出走権ゲット、ゴールでは離されたがこの馬も伸びていた

アドマイヤウイナーは3着、3着では権利がもう無いんだよな、もう少し前目に行くかと思ったけど今日の所は完敗か、今後に期待

 

ポポカテペトルは一瞬おっと思ったが最後は脚色が同じになってしまいアドマイヤにも寸前交わされ4着、もう少し短い方が良いのかな?

 


佐賀 高千穂峰

1 - 01 ウルトラカイザー

2 ◎ 10 キョウワカイザー

3 ○ 07 コウユーサムライ

 

ポンとハナに言った時点で、あっこれはと察した

 

この距離でも危なげない逃げ切り勝利を見せたウルトラカイザー、9歳でもまだまだやれそうだ

キョウワカイザーはよく追い込んだが2着まで、コウユーサムライ3着で人気通りの決着

休み明けのコウユーを交わしたのは地力とはいえ、キョウワは乗り替わって以降3戦未勝利、そろそろスカッと勝ちたいところだが

 


天皇賞(春)

1 ◎ 03 キタサンブラック

2 - 06 シュヴァルグラン

3 ○ 15 サトノダイヤモンド

 

7 ▲ 12 ゴールドアクター

 

TUEEE!!!

 

ディープインパクトのレコードを0.9更新のスーパーレコードで押し切ったキタサンブラック

あと国内でやるべきことは宝塚記念を外枠から制す、くらいかな?もっとも今更枠がどうこうの馬でないのは分かりきっているが

春G1・3連勝を手土産に秋はフランスの時間だ

 

唐突に2015年・日本ダービー応援馬券、この中にひとり仲間ハズレがいる、正解は……?

http://i.imgur.com/DIO6GIUh.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノクラウンでした

Marjuのサトノ以外の父はブラックタイドコメート、タガノ、キタサン)、ダイワメジャー(ダノン)、キングカメハメハ(レーヴ、ベルラップ、ドゥラ、ミュゼ)、ハイアーゲーム(コスモ)……つまりコスモバルクと同期の馬ということになる

ダービーの印が◎レーヴ○サトノだったので(多分単だったのでメイン馬券はクズカゴ入り)、応援馬券だけ手元に残った

ハイアーゲームの仔がダービーに出走するとか胸アツ、と思ったら周りの父も見知った顔だったので記念にと思い購入

改めてみると良い馬多かったよなあ……この世代を戦い抜いたバルクもやっぱり強かったよなあ……クラシックはあと少し、運が無かっただけだよなあ……

 

この時の自分に「この後、菊花賞天皇賞、G1になった大阪杯を勝つ馬がいるぞ」と言われても「ふーん、ドゥラメンテが3冠+タイトル複数、まあ悪くないかな?で凱旋門賞は?つかG1大阪杯ってマジ?」で終わりだろう、いや自分以外でも99割がそういう反応だと思う

この時のキタサンブラックの印象は名前は地味だし、母父サクラバクシンオーで距離も不安だし……なんてことすら思わない、たまたまブラックタイド産駒だったから応援馬券を買った程度の馬で、なんなら同じブラックタイド産駒でもコメート(嘉藤騎手込みで)の方が気になる馬だった

その馬が今や日本最強馬として君臨している、これだから競馬は面白い

 

シュヴァルグランが2着

Fの野郎こんな時ばっかりy……やはりこの馬は力がある、今日は相手が悪かった

サトノダイヤモンドが3着

こんな時ばっかり余計なことしやがって、とは言ったが今回はサトノが弾けなかったという印象

初の58か、菊花賞馬とはいえ本質的に中距離タイプということなのかな

まだ4歳、この敗戦はきっと先々に繋がるだろう

 

ゴールドアクターは特に見せ場無く7着、うーん……

 


岩手 やまびこ賞

1 ▲ 06 キングジャガー

2 ◎ 10 サンエイリシャール

3 - 03 ヤコウレッシャ

 

5 ○ 02 メモリーダンス

6 ☆ 08 ブラックロード

8 △ 04 オールザベスト

 

ヤコウレッシャ……

 

ブラックロード6着は転入初戦、オールザベスト8着は距離としてメモリーダンス5着は案外だった

道中は中段で進めたが上がってくるときに脚を使い過ぎたのか、前には離され最後は最後方から突っ込んできたビッグイージー(4着)にも交わされてしまった

 

叩き合いを制したキングジャガーが重賞V、一旦は先頭に出たかと思ったサンエイリシャールが2着

3着ヤコウレッシャ以下を6馬身離している、この2頭がベンテンコゾウ不在の3歳路線の中心だな

そのヤコウレッシャは最低人気、勝負付けは済んだと思っていたし前走は850m戦、買えない

 


金沢 金沢スプリングカップ

1 - 03 メイジン

2 - 07 トウショウプライド

3 - 06 マイネルリボーン

 

6 ◎ 11 セイカアヴァンサ

8 ○ 08 ジャングルスマイル

 

鮮やかな逃げ切り

 

金沢転入後4連勝で一気に重賞制覇のメイジン

逃げて上がり最速とかそら勝つわ、和風馬名好きとしては名人というシンプルな馬名も好感が持てる

じゃあ何故買わなかった

 

セイカアヴァンサは6着

今日は展開が合わなかったかな、あともう少し距離があれば

ジャングルスマイルは8着、金沢にも世代交代の波か……

逃げたメイジンの番手回りだったが直線手前から離されて伸びず、年齢的なものか、もしくはここを叩かれて変わるかな?

 


帯広 ばんえい十勝オッズパーク

1 05 コウシュハウンカイ

2 04 オレノココロ

3 10 ニュータカラコマ

 

6 07 センゴクエース

 

パサパサの馬場だとやはり経験のあるベテラン牡馬が一枚上手ということか

センゴクエースは第二障害で手間取ってしまい6着、1~5着は789歳、6着以下は5歳と牝馬という結果に

 


名古屋 かきつばた記念

1 - 02 トウケイタイガー

2 - 09 タムロミラクル 

3 - 06 ショコラブラン

 

4 ○ 04 タイニーダンサー

5 ◎ 12 ラブバレット

 

3角あたりでこりゃトウケイとラブバレットで決まったわ、やったぜと思ったよ

 

トウケイタイガーが逃げて直線も脚色衰えずで4馬身差圧勝

逃げて上がり最速とかそら勝つわ、東海桜花賞も強かったけれど走るごとに勝ち方が凄くなってませんか?

もう「ソルテの弟」では無い、堂々の重賞勝ち馬「トウケイタイガー」となった

お休み中の兄に替わり路線の主役となるか

 

ラブバレットは5着、これは仕方ない、力負けか

トウケイが思った以上に強かったのでその馬の番手追走という好位追走と見せかけて喧嘩を売るような位置
になってしまった、結果論でしかない

最後の脚色はいっぱいいっぱいだったもんなあ……トウケイとは1.1差か……

ポジ要素としては2着タムロからは0.2差といっぱいながらも粘っている、今日はトウケイの日だっただけな
んだ

目標は地元盛岡・クラスターカップだ、待っているぞ

20170503 かきつばた記念

先週の回顧は今日まとめて

例によって外しまくったので基本に戻って今週は基本的に単複主軸で行こうと思う

 

名古屋 かきつばた記念

◎ 12 ラブバレット 複、あと夢を乗せて単100円

○ 04 タイニーダンサー ワイド◎=○100円

 

http://i.imgur.com/iPcDqAhh.png

あわよくば表彰台のテッペンを撃ち抜け

 

2015

浦和 さきたま 56 1.0差4着 (ノーザンリバー

盛岡 クラスタ 54 1.6差3着 (ダノンレジェンド

園田 兵庫ゴー 53 取消

 

2016

高知 黒船賞賞 56 2.2差7着 (ダノンレジェンド

名古 かきつば 54 2.1差6着 (ノボバカラ

浦和 さきたま 56 1.3差7着 (ソルテ

盛岡 クラスタ 54 1.0差3着 (ダノンレジェンド

園田 兵庫ゴー 53 0.6差4着 (ニシケンモノノフ)

 

2017

東京 根岸ステ 56 1.0差10着 (カフジテイク)

名古 かきつば 53 ?

 

ご存じラブバレット、岩手、いや地方競馬全体でも屈指の能力を持っているスプリンター

1400mは去年の笠松笠松グランプリ1着で1:23:6のレコード駆けでV、ベストの距離だと思う

 

実績をこうして並べてみると交流重賞ではもうワンパンチ欲しい感は否めない

それでも前述のレコード駆けは脚力の証、根岸ステークスでも着こそ大きいが斤量差なしで見せ場を作っていた

不安はその根岸ステークスからぶっつけ本番のローテーション、こればっかりはやってみなくちゃ分からない

能力全開で53ならJRA5頭やトウケイタイガーに劣るとは思わない、頑張れラブバレット!

あとJRA勢からは近走の斤量を考えれば破格の53での出走となるタイニーダンサーを推したい

父サウス×母父アサティスと言えばラブミーチャンと同じ配合、古馬になって本質的にスプリンターの血が騒ぎだすかもしれない

 

かきつばた記念っていつからハンデ戦だったっけ?と思ったら今年からだったでござる