読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20170326 マーチステークス 高松宮記念 御厨人窟賞 (ドバイターフ回顧)

回顧はまとめて、ドバイターフだけここでヴィブロスおめでとう

4角回って直線で最内をショートカット、でもそこからどこか馬を出せるのか?というところを2着馬の後ろを通って抜けてきた、そしてそこから更に伸びたもんなあ

馬を自転車かバイクみたいに操縦してくる、やっぱり外国人騎手って最高だなサンキューモレイラ騎手(テノヒラクルーバキーポロー

もちろん鞍上のアクションに応えたヴィブロスも素晴らしいというのは言うまでもないだろう

 

ただ本当にあえてだがケチをつけるなら前走の中山記念5着、もうちょっと頑張って欲しかった

今見返せば休み明け、+10、初の古馬混合かつ牡馬相手に0.3差なら全く悪くは無いんだが、ドバイで勝てる馬ならば……と思ってしまう(ドバイターフ買えなかった言い訳である)

でもそれは今後タイトルに相応しい走りを見せてくれれば問題無いけどな、できれば国内でそれを見たいが次はどこへ行くのかな?

 

ヴィブロスのおかげで毎日杯の[自主規制]みたいなレースで荒んでいた気持ちが和らいだ

トラストの鞍上にモレイラ騎手を迎えれば最強なのではないだろうか……という無駄すぎる妄想

 

日本でも今日はG1、ドバイに負けない熱いレースに期待しよう

 


マーチステークス

◎ 01 ハッピースプリント 頑張れ馬券

 

ハッピースプリントは56のG3なら……確かに今更感はある

 

1番人気コスモカナディアンは56で川崎記念3着(勝ち馬から0.8差)、今回は56

14番人気ハッピースプリントは57で川崎記念6着(勝ち馬から1.3差)、今回は56

自分でも無理矢理とは思うんだが、とにかく56というハンデに賭けてみたい

 


高松宮記念

◎ 12 メラグラーナ 単7割

○ 04 ラインスピリット 複3割

 

ダンスディレクター、こんな時に君がいてくれたら

 

悪い意味では無くこのメンバー、ハンデ戦だったら更に面白そう、絶対当てられない自信がある

なら定量戦なら当てられますか?と言われるとやっぱり当てられない気がする

 

昨年のスプリンターズステークスの覇者レッドファルクス

3連勝でG1馬に登りつめたがその3勝は5人気→3人気→3人気

国内全17戦で1番人気に推されたのは条件戦で1度のみ(3着)

その馬が前走海外ブービー香港スプリント12着)以来で1番人気……これで勝たれたら仕方ないと割り切る

 

新星登場に期待してメラグラーナ

3走前の京阪杯14着は太め残りかつ馬場のせいだろう、今日大雨で一気に馬場悪化とかだと困るが大丈夫だろう

中山で勝ち上がってきているが中京も条件戦で経験あり(1着)で、前走のオーシャンステークス1着で見せたねじ伏せるような脚は中京コースでさらに活きるのではないだろうか

穴狙いとしてはラインスピリット

淀短距離ステークス3着 ライン58 1着セイウン55と0.3差

シルクロードステークス5着 ライン56 2着セイウン55と0.3差

そして今回ライン57で14人気、セイウン57で5人気

ならばラインで夢を見よう、スウェプトはスウェプトでもこっちのスウェプトオーヴァーボードか!にこっそり期待

(以上2レースの人気はすべて20170326 06:50時点)

 


高知 御厨人窟

◎ 06 セトノプロミス

○ 02 サクラシャイニー 

▲ 08 マウンテンダイヤ

△ 07 マルマロス

△ 01 サトノキングリー ◎=○を主軸に、↑の結果次第で買い方が変わる

 

ご、ごちゅうじんくつしょう……

御厨人窟(みくろど)は、高知県室戸市室戸岬町にある弘法大師伝説の残る海蝕洞である。

 

イッツガナハプンがいないと思ったけど田中守厩舎の使い分けか、もしくはガナハ君はすこし長いところを使っていくのかな

3連勝中のサクラシャイニーは黒船賞をスキップしてここへ

それまで2年連続で黒船賞に出走して9着、11着……年齢的にも1鞍必勝という判断だろう

それが悪いなんてだれにも言うことは出来やしないし、むしろ黒船賞の結果を見れば正解としか言えない

ただ勝利の神様というものが仮にいるとして、その守りの姿勢というのは一体どう映るだろうか

今まで十分挑戦してきたし11歳だぞもういいじゃん、となるか、それでもなお挑む姿が見たかったのに、となるか

勝利の神様、とか大層なこと言っちゃってまあ自分が挑むところを見たかっただけですけど

 

セトノプロミスの大物食いまで期待

JRAからの転入初戦となった前走のA-2(1400m)1着時はまさにその黒船賞当日

馬体重+10でマウンテンダイヤ(0.4差2着)、サチノシェーバー(0.8差3着、▲騎手)、カイロス(5着)、カッサイ(6着)らを下してV

比較に意味があるかはともかく黒船賞で高知最先着(8着)のサトノキングリーが1:31.0、セトノプロミスの勝ちタイムは1:29.6

一回使われてさらに前進が期待できると見た

なんだかんだ言ったけれど当然サクラシャイニーも首位候補、連覇を狙うマウンテンダイヤ、こちらも高知転入2戦目マルマロス、高知代表として戦ってきたサトノキングリーまで考えている