読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20170429 青葉賞 高千穂峰賞

青葉賞

◎ 06 アドマイヤウイナー

○ 04 ポポカテペトル

▲ 05 ダノンキングダム

△ 02 サーレンブラント ◎単4割 あとワイドBOX

 

何のことは無い、前走1着馬中心

前日のオッズとか何の参考にならないとはいえアドミラブル人気被りすぎではとも思うが果たして

 

アドマイヤウイナーは大寒桜賞1着、大逃げの形となったブラックジェイド(2着)を3番手追走から直線じわじわと伸びて交わした

ポポカテペトルゆきやなぎ賞1着、ゆったりした流れをエーティーラッセン(2着)の2番手追走から直線でじっくり競り落とした

ダノンキングダムはゆりかもめ賞1着、一度はハナに立ったが1頭先に行かせて2番手追走から直線早め先頭で後続に抜かせなかった

個人的な好みの勝ち方はア≧ダ>ポ、好みの臨戦過程がア≧ポ>ダということでアドマイヤウイナーを主軸にする形となった

もちろんポポカテペトル、ダノンキングダムも抑えて、あとは穴っぽいところでサーレンブラント

中山は向いていない説と、前2走を見るとまだ若さというか荒削りな面を見せて岩田騎手がだいぶ苦労して乗っているような印象を受けた

柴山騎手への乗り替わりがどう出るかは分からないが、東京で伸び伸びと走れるなら一発があっても良い

 

どうでも良いけど名前はポポカテペトルが可愛いと思う、葦毛なのもなんか「ポポ感」あってイイネ

ポポ感って何だ

 


佐賀 高千穂峰

◎ 10 キョウワカイザー

○ 07 コウユーサムライ ◎単と馬連◎=○をオッズ見て振り分けたい

 

4度目のカイザー対決

 

前走の六角川賞ではキョウワカイザー、コウザンゴールドを下し健在を示したウルトラカイザー

だが今回は1400m、全盛期ならともかく本質的にこの距離は向かないと考える

それならやはりキョウワカイザーが最有力

こちらは距離に融通の利くタイプ、去年の周防灘賞→新燃岳特別と共に1400mのレースを制している

主戦の真島正徳騎手がウルトラカイザーに騎乗するため引き続き吉田順治騎手が騎乗、3戦目でそろそろ手の内に入れてくることも期待できる

相手も絞ってコウユーサムライ、佐賀転入後全て1400mで【4-1-0-1】

敗れたのは休み明け-25でJRAのキヨマサ1着とタイム差なしの霧島賞2着、上位3頭がラブバレット・オヤコダカ・サトノタイガーと超強力だった前走の笠松笠松グランプリ4着で敗因は明らか

休み明けで状態が読めない分だけ割り引いたが能力全開なら逆転も