CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20171217 朝日杯フューチュリティステークス

昨日の回顧はまとめて

横山、いやノリちゃん……やっぱり上手いわ(テノヒラクルーバキバキー)

あ、丸山は[ピーピーピー]

 

 

日曜

高知01R 清水サバの姿寿司特別 C2C3混合 に「高知の6歳新馬」メモリーバッカス(セ6)が出走

前走の20171212 C2C3混合 5着、勝ち馬には離され更にゴール前で一気に交わされたがロックリソース(牡3・2着)からは0.2差までしぶとく追っていた

それから中4日の連闘、別に連闘自体は珍しくも無いが、同馬がここまで間隔を詰めて登場するのは珍しい

今回はロック56メモリー55、前走と同じ大外枠、鞍上は一度騎乗して2着の西森将司騎手、連闘……これは複圏には来る

 

 

朝日杯フューチュリティステークス

◎ 14 ダブルシャープ 複9割

○ 06 アサクサゲンキ ワイド◎=○1割 計2点予定

 

自分自身の道を征け

 

ホッカイドウ競馬所属のまま、JRA、世界に挑んだ「道営のエース」コスモバルク

ダブルシャープJRAへ転入、彼とは違う道を歩むことになった

だがそれはそれで良いのだ、バルクはバルク、ダブルシャープはダブルシャープ、みんな違ってみんな良い

競馬場に歩きで行くかチャリで行くかタクシーで行くか程度の違いしかない、目的地は変わらない

 

前走のサウジアラビアロイヤルカップはダノンプレミアム (1着)から0.6差

そこから長距離輸送が無くなって、しっかり折り合って末脚を活かせるのなら前進可能

3走前のクローバー賞1着ではタワーオブロンドン(2着)を負かしている、能力自体はここでも足りているはず

 

ただ、転入初戦がいきなりG1というのは馬にとっても簡単ではないだろう

和田竜二騎手も当然初騎乗、今季は勝ち星を量産しているものの、乗り替わりとなったモズカッチャンに勝たれるなどG1ではやや運気がどうかという思いもある

渡辺薫彦調教師といえばナリタトップロード、和田騎手といえばテイエムオペラオー、あっ(武豊騎手に掻っ攫われそうな事に気付いてしまった音)

ゆえにアサクサゲンキも薄目に抑える

 

https://i.imgur.com/S09mWTGh.png

 

 馬券は複だけど、アタマで来て自分を後悔させてみろ(謎の上から目線)

20171213 20171214 20171215 簡易結果 20171216 白嶺賞 ターコイズステークス

木曜はぐにゃあ~ってなってそのまま金曜も過ぎていった

キトキトは来年出直しだ、単2倍切るまで人気になるとは思わなかった

1番人気で堂々勝ちに行く、となるにはまだ早かった……次は挑戦者の立場に戻ってどうか

 

そろそろ餅代が欲しいんですが、いつものこととはいえ12月になって輪をかけてさっぱり当たらないんですが

 

 

水曜

名古屋10R 若獅子特別 2歳 は1番人気ウォーターループ(牝2)が勝利

カツゲキキトキトの妹カツゲキミヤビ(牝2)は3番人気4着(5頭立て)でした

初勝利は来年に持ち越しかな

 

 

名古屋12R シクラメン特別 A3 は1番人気ダイゴマサムネ(牡5)が勝利

モリーミラクル(牝3)は7番人気シンガリ9着でした

辛い

 

 

高知10R やきにくといちご協賛 いつもいつまでも特別 A-2 は1番人気「一期一会」ヒロノカイザー(牡4)が復活V

ここからが楽しみだ

 

 

川崎 全日本2歳優駿 複◎・○各5割 はずれ

1 - 09 ルヴァンスレーヴ

2 - 08 ドンフォルティス

3 - 11 ハセノパイロ

 

8 ○ 12 サザンヴィグラス

12 ◎ 06 ソイカウボーイ

 

ルヴァンスレーヴ強かったですね(こなみ)

ソイカウとサザンはまだこれからだ、現状では距離は短い方が良いのかなあ

 

 

高知11R ディセンバー特別 A-1選抜馬 は3番人気チャオ(セ6)が勝利

「最後の福山ダービー馬」カイロス(牡7)は2番人気2着、1番人気ワイルドコットン(牡6)は3着

「高知の快速馬」カッサイ(牡6)は4番人気5着でした

チャオは叩いてからかな、と切ってタテ目喰らいました

 

 

木曜

名古屋 名古屋グランプリ 単◎ はずれ

1 - 01 メイショウスミトモ

2 - 02 トップディーヴォ

3 ◎ 05 カツゲキキトキト

 

メイショウスミトモは流石に重賞馬の貫禄

あえて言うなら、キトキトはもう少し早めにリードを作って押し切りを図るくらいしか無かったか

でも流石にこれは結果論だなあ

 

 

川崎10R 約四千本の紅梅・白梅のじゅうたん 「梅の宴」平成30年2月3日スタート記念 B3C1選定馬 は10番人気ララクードゥリオン(牡5)が勝利

「終身名誉イギリスダービー馬」コスモス(牡3)は1番人気4着でした

2走ボケってやつかなあ

 

 

金曜

名古屋11R 寒椿特別 A2 は1番人気ウォーターディル(牡4)が勝利

「東海三冠馬」ドリームズライン(牡3)は2番人気シンガリ7着でした

うーん……

 

 

園田11R C2 3歳以上特別 は6番人気ニシノマッハ(牡3)が勝利

プリンセスナナコ(牝3)は10番人気7着でした

転入初戦はもう少しやれそうな感じがあった気がしたが……

 

 

土曜

中京10R つわぶき賞 にアリア(牝2)が出走

前走の白菊賞9着、結果的には初めての1600mが裏目に出たというところだろうか

今回は1400mに距離短縮で引き続き牝馬限定、丸山元気騎手に手が戻って巻き返しがあるのでは

桜花賞路線に乗ってこないかなあ

 

なお、金沢・金沢ヤングチャンピオンシップ2着シオジスター、笠松ラブミーチャン記念2着バレンティーノも出走します

力試しの一戦といったところかな

 

 

水沢 白嶺賞

◎ 06 コウセン

○ 04 チェリーピッカー 馬連◎=○ 1点予定

 

この勢い、本物では

 

盛岡芝の重賞を3勝のコウセン、前走のスプリント特別 オープン 1着はダート850mを悠々と逃げ切り

これはちょっと芝・ダート関係無くモノが違う可能性が出てきたのではないだろうか

鞍上・山本政聡騎手が、豪華メンバーだった盛岡・絆カップ1着タイセイファントムではなく同馬に継続騎乗という点も見逃せない

7歳、明ければ8歳となるがこれがキャリア23戦目、まだ上積みも見込めそうだしここも快速逃げで上位を狙う

 

「咲き始めた桜」チェリーピッカー、流石にクラスが上がればそう簡単には勝たせてもらえない

2走前の盛岡・絆カップ7着、前走の師走特別 A 2着、ここは多少人気も落ちてレースはしやすくなりそうだ

水沢【8-2-0-0】で4走前に青藍賞1着の舞台、コウセンらが引っ張る流れに好位で乗って抜け出しを図る

 

 

ターコイズステークス

◎ 08 ミスパンテール 複7割

○ 09 サザナミ 複3割 計2点予定

 

中山1600m、牝馬限定、ハンデ戦、何も起きないはずがなく

 

ミスパンテールは5走前のチューリップ賞2着、七か月ぶりのデビュー2戦目で重賞2着の離れ業を見せた馬

牝馬クラシック戦線では大きな着が続いたが、前走は自己条件に戻って清水ステークス1着

ダイワメジャー産駒でもあり現状1600mがベストだろう、人気的にも狙って悪くない気がする

 

距離経験の無さからか人気落ちのサザナミ

だが、7走前の京王杯スプリングカップ11着で15番人気だった以外は全て4番人気以上に支持されていた馬

オープンクラスでは勝ち切れないとはいえ健闘を続けている、シュミノー騎手を配して一発があるならここか

20171214 名古屋グランプリ

昨日の回顧はまとめて

 

木曜

 

その手で運命を切りひらけ

 

「東海の雄」カツゲキキトキト大畑雅章騎手にとって、このレースはターニングポイントとなる、そんな予感がする

 

あえて言うが、春……佐賀・佐賀記念4着と名古屋大賞典3着の頃の時点では、「大畑騎手が勝ちに行けていない」という印象を強く持っていた

馬に乗った事も無いド素人が何を偉そうに、と言われても構わない、そう見えたのだから仕方がない

馬の力を信用できていないのか、はたまた大舞台で力を出し切れないだけなのか、ただの自分の勘違いか……

交流重賞で掲示板、複圏突入の着順だけ見れば健闘、だがもっとやれただろ、という思いが強かった

 

印象的なのが、20170330 名古屋大賞典

www.youtube.com

1:20辺り、6枠のカツゲキキトキトが武者震いのように首をブルブルっとさせている

正直こっちの背筋がブルっとした、偶然だとしても余りにタイミングが良すぎる

地元の大レース、これは自分が勝つべきレースだとキトキトが気合を入れたように自分には見えた

 

ところが、肝心のレースでは絶好の三番手キープから勝負所で仕掛けが遅れ、あげく外から仕掛けてきた馬に被されて行き場を無くして進出が遅れる

最後吹っ飛んできたが時既に遅し、勝負圏内には全く入っていない3着で終わった

仕掛けが早かったら早々に失速していたかもしれない、脚を溜めたからこそ3着だったのかもしれない

でもそれは勝ちを狙う騎乗では無い、個人的にはそう強く感じたのを覚えている

 

だが、この秋は春と少し違って見えている

何がどう違うのか、と言われると上手く言えない、違って見えるものは違って見えるのだから仕方がない

馬の力を信用できているのか、はたまた大舞台にも慣れてきたのか、ただの自分の勘違いか……

キトキト自身もここ2走は馬肥ゆる秋なのか、馬体重が自身最高となって充実の4歳秋といった感がある

去年3着の地元の長距離の舞台、JRA勢は強力ではあるが確固たる主役といえる馬は不在、内過ぎず外過ぎない5枠5番

もう、ここで勝たなきゃ嘘だろうというくらいお膳立ては整った

 

不完全燃焼は要らない、全力を出し切って欲しい

全力を出し切って……もしそれで負けたなら仕方ない、また出直して何度でも挑戦すればいい

それで馬券を外したって責めたりしない、当然だ

だが今なら、この人馬、きっと良い仕事をやってくれるんじゃないか?期待の方が大きいよ

 

名古屋 名古屋グランプリ

◎ 05 カツゲキキトキト 単

 

 

https://i.imgur.com/ALBIYjUh.png

 

交流重賞7度目の挑戦

徐々にステップアップしている感じを出したかったのだが画力が低すぎて出せませんでしたね(ガッカリ

頑張れキトキト&大畑騎手!

 

 

川崎10R 約四千本の紅梅・白梅のじゅうたん 「梅の宴」平成30年2月3日スタート記念 B3C1選定馬 (長い)に「終身名誉イギリスダービー馬」コスモス(牡3)が出走

479(+35)という明らかな余裕残しの復帰戦だった前走の「かわさきパンマルシェ」開催記念 C1二 1着、地力で勝利をもぎ取った

叩き二戦目で距離が1500m→2100mに延長される、距離はこれくらいの方が良さそうだし追走も楽になるのではないだろうか

このあたりでは止まって欲しくない素材ではないだろうか