CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20190915 セントライト記念(※エア) 不来方賞 西日本ダービー

 

月曜予想

高知01R C3-7 に 08 「高知の6歳新馬」メモリーバッカス(セ8)が出走

 

前走のC3-7 シンガリ10着

道中はそこそこ前に付けられてはいるが、最後どうしてもバタバタになってしまう

ファイナルレースなら……とも思うが、これだけの大敗続きでは厳しいことに変わりはなさそうだ

 

 

中山11R セントライト記念 芝2200m 15:45発走 ※エア

中山11R セントライト記念 【エア予想】

◎ 08 リオンリオン ◎単100円

◯ 17 (地)ナイママ ◯複100円 計2点

 

エア馬券

 

秋競馬はあっちもこっちもレコードレコード、これだけ続くとありがたみは正直無い

我らがコスモバルク2:10:1も遂に塗り替えられるか?と思ったが、雨模様のため現在の中山は重

いつかはこのタイムも越えられるのだろう、最近の風潮では、その日はそう遠くない気がしている

それでもちょっとだけ、ホッとした

 

リオンリオン(牡3)は前走の東京・東京優駿 15着

横山典弘騎手の騎乗停止により、横山武史騎手に急遽乗り替わって挑み、大逃げを打ったものの大敗

 

東京優駿――日本ダービーというのは特別なレース

競走馬にとっては一生一度の大舞台、そしてそれは騎手にとっても同じ

 

このダービーには、デビュー22年目でダービー初騎乗の騎手がいた

通算91勝(本日時点)、デビュー3年目の横山武騎手(通算88勝・本日時点)と成績を見比べれば、明らかに地味といえる

失礼を承知で言えば、「彼」にとってはこれが最初で最後のダービー騎乗になるかもしれない

 

それは横山武騎手にだって当てはまる

今は有望株の若手かもしれないが、この先どうなるかは誰にもわからない

仮にあのダービー騎乗が最初で最後となったとき、あの走りは本当に「悔いのないレース」と言えるのだろうか?

 

逃げただけ度胸があるという話もあるが、「暴走」を「度胸がある」という見方は自分にはできない

経験の浅い若手だからというのも、この大舞台での言い訳に相応しいものではない

良い時は良い、ダメな時はダメと言わなければ、育つものも育たない

 

終わってしまったことを今更とやかく言っても仕方がない(全て言い終わってから)

この敗戦を「次」に繋げられるかは、今後の横山武騎手次第

 

ということで、父・横山典騎手に手が戻る、そのレース運びに注目

何も無ければ同馬が主導権だろう、G2勝ち馬の本領発揮に期待した

 

(地)ナイママ(牡3)は応援馬券

単100倍超の16番人気(現時点)、流石にそこまで人気が無いままではなさそうだが

ダノンバラードは2013年のアメリカジョッキークラブカップの勝ち馬、この条件で血が騒がないか

 

04 [地]ミューチャリー(牡3)は芝への挑戦

厳しい戦いになりそうだが、どこまでやれるかな

 

 

盛岡11R 不来方賞(こずかたしょう) ダ2000m 18:00発走

盛岡11R 不来方賞 【岩手三冠へ! 05パンプキンズ】

◎ 05 パンプキンズ

◯ 06 ニューホープ

▲ 01 ヤマショウブラック

△ 04 ホワイトストーム

☆ 09 ラフレシアオジョー 三連単1着◎→◯▲△☆ 12点

 

三冠への逃走

 

パンプキンズ(牡3)は前走の水沢・ダイヤモンドカップ 1着

主導権を握る、ヒノキブタイ(3着)にぴったりマークされながらも、勝負所では一気にリードを広げる

直線ではそのリードを保って逃げ切り、勝負付けの済んだ相手関係でもあり負けられなかった

この勝利で、今年からリニューアルされた岩手三冠にリーチ

 

ニューホープ(牡3)は前走の笠松・岐阜金賞 1着

これまでの後方待機ではなく、鞍上・佐藤友則騎手が先行策、勝負所で早々に先頭に躍り出る

直線ではビッグシューター(2着)の追撃を退けて快勝、相手関係が楽だったとはいえ、これまでのイメージを一新する走りを見せた

今回は岩手復帰初戦、去年の若駒賞勝ち馬で盛岡コースに実績がある

 

ヤマショウブラック(牡3)は5走前の大井・羽田盃 5着など南関東で揉まれてきた

岩手復帰初戦、去年の知床賞勝ち馬でやはり盛岡コースに実績がある

 

パンプキンズは2歳時、上記の若駒賞(4着)と知床賞(10着)で敗戦

盛岡【2-0-0-2】に対して水沢【4-3-0-0】

逃げ始めたのが7走前(2着)、以降ずっと水沢のみの出走となっている

 

最後のひと踏ん張りが久しぶりの盛岡で利くかどうか

ニューホープとヤマショウブラックは末脚自慢でもある、きつくなった頃に彼らが飛んでくるのはいかにも厳しい

 

しかしあえての◎狙い

3走前のやまびこ賞 2着(グレートアラカー(1着)から1.1差)

この絶望的とも思える差を、3走前の東北優駿 1着(グレートアラカー(2着)に0.3差)で逆転して見せた

未完成だった2歳時とは違う、逃げを磨いて、間違い無く大きく力を付けてきた

 

南瓜の馬車?そんな魔法はいまや要らない、信じるのは己の逃げ脚のみ

岩手三冠馬誕生に期待、◎1着勝負だ

 

村上忍騎手は07 リュウノボサノバ(牡3)ではなく同厩舎のホワイトストーム(牡3)に騎乗

J・未勝利だが3着1回を含む掲示板3回、ダート中距離での実績ということもあり怖さがある

 

紅一点ラフレシアオジョー(牝3)は先行策だろうか

逃げる◎と差してくる◯▲の間で難しいレース運びとなりそうだが、しぶとさは侮れない

 

 

高知07R 西日本ダービー ダ1900m 18:10発走

高知07R 西日本ダービー 【勝ち癖ついた? 03リリコ】

◎ 03 リリコ

◯ 09 テツ

▲ 04 フォアフロント

△ 08 アルネゴー

☆ 12 アンタエウス

★ 10 チジョウノホシ 三連複軸一頭◎=◯▲△☆★ 10点

 

西日本生え抜き3歳最強決定戦

 

リリコ(牝3)は重賞2勝馬、重賞2着4回3着3回でとにかく堅実

3走前の高知優駿 3着とコース経験もある、軸として最適な存在

 

ただそれだけでは無く、2走前の笠松クイーンカップ 1着から現在2連勝中

前走の園田・クリスタル賞 3歳登録馬特別 1着

レースが中止の影響で一週遅れ、斤量1㎏背負い、馬体重494㎏(+12)などが重なって勝負所では手応えがやや怪しかった

それでも直線では豪快に大外一気の追込、ゴール寸前で前を纏めて交わし切った

 

ここを「勝ち切った」というのは見所があった

勝って当然の実績ではあったが、この連勝はこれまでの惜敗キャラから脱却したようにも見える

元々力はある馬、きっかけを掴んだという見方をしても良いのかもしれない

オッズ次第でこっそり◎単も少し買っておこうと思う

 

相手は素直に各地の実績馬へ流すのみ

 

テツ(牡3)は前走の金沢・MRO金賞 1着

本質的に中距離はやや長いと思っていた

しかしあのハイレベルメンバーを相手に勝ち切った事実を軽視できない

 

フォアフロント(牡3)は前走の金沢・MRO金賞 2着

堅実ではあるが、失礼ながらトップクラスと比べるとやや差があるだろうと思っていた

しかしあのハイレベルメンバーを相手に0.1差2着という事実を軽視できない

 

この二頭は共に力を付けてきた可能性がある、試金石の一戦だ

 

地元の期待を背負うアルネゴー(牡3)は初の1900mがカギ

とはいえ追込馬だけに前半上手く流していければ最後は伸びてくるだろう

好メンバーが揃って激流になればなるほど、末脚勝負の同馬に向く

 

アンタエウス(牡3)は約3か月ぶりの戦線復帰

休養前の2走(2→9)がだらしなかったのは、4走前(13着)のJ遠征が響いたのかもしれない

休養で立て直してきたはずで再度の期待

 

基本的にはここまでで良い気がするが、地元の永森大智騎手を確保したチジョウノホシ(牝3)まで手を回したい

2歳時の重賞3着やロンギングルックと接戦した経験がある、乱戦なら浮上もあるだろう

20190915 ローズステークス ジュニアグランプリ

 

阪神野路菊ステークスに出走した[地]エキサイターは3着でした

 

>◎単200円 三連単軸一頭マルチ05=01・02・04各100円 計2000円、頑張れエキサイター!
>なお本来、この2000円は日曜と月曜のJ重賞2レース分の予算です
>はずれたら今週のJはエア馬券となります

三連単01→04→05 1640円あたり(ガミ)

こんなときに限って一番安い目で決まっちゃう、これもまた競馬

はずれではないのでローズステークスは普通に買います

 

それはそれとして、なかなか見せ場のある競馬だった

芝に挑戦を続けるのか、あるいは地元にも兵庫ジュニアグランプリという目標として十分の大きいレースがある

どちらにしても今後の楽しみが広がった、さらなる成長に期待したい

 

 

日曜予想
阪神11R ローズステークス 芝1800m 15:35発走

阪神11R ローズステークス 【2歳女王復権へ 04ファンタジー

◎ 04 ダノンファンタジー

◯ 12 スイープセレリタス

▲ 11 ビーチサンバ

△ 01 メイショウショウブ

☆ 10 シゲルピンクダイヤ

★ 09 ラシェーラ 三連複軸一頭◎=◯▲△☆★ 10点

 

今週も高速決着?

 

高速決着なら父ディープインパクト、というのも後押ししてダノンファンタジー(牝3)を軸として考える

 

2走前の桜花賞 4着(グランアレグリア(1着)から0.4差)

勝ち馬はともかく、シゲルピンクダイヤ(2着)とクロノジェネシス(3着)とはタイム差無し

2着~4着の中では一番前を進めていた、1番人気を背負って勝ちに行っての走りなので悲観する必要はない

 

前走の東京・優駿牝馬 5着(ラヴズオンリーユー(1着)から0.5差)

3歳牝馬には過酷な2400m、やはり前々で粘った馬を評価したい思いがある

 

かつての4連勝(重賞3連勝)は決して幻想ではない

春の敗戦と夏を越えて、2歳女王がどのような走りを見せてくれるか注目したい

 

超良血開花スイープセレリタス(牝3)、人気落ちのビーチサンバ(牝3)、先行力魅力メイショウショウブ(牝3)

見限れないシゲルピンクダイヤ(牝3)、前走度外視ラシェーラ(牝3)を相手とする

 

スイープセレリタス(父ハーツクライ 母スイープトウショウ)とメイショウショウブ(父ダイワメジャー 母父キングカメハメハ)はあのコスモバルク世代同士の配合

その実力、見せて欲しいところ

 

 

盛岡10R ジュニアグランプリ 芝1600m 17:10発走

盛岡10R ジュニアグランプリ 【大波乱も】

◎ 05 シーサンプーター

◯ 06 コンバットファスト

▲ 09 コパノキャリー 

△ 04 シンボ

☆ 03 ポピュラーソング

★ 01 ダリル

注 11 フジノロケット 三連複F◎◯=◎◯▲△☆★注=◎◯▲△☆★注 25点

 

北海道勢強し

 

去年は3番人気ライズインザノース(アタック勝ち、コスモス賞8着)が8着、10番人気イコライザー(アタック勝ち、父カネヒキリ)が3着同着

3年前は2番人気エイシンクローバー(フレッシュ勝ち、コスモス賞3着)が6着、8番人気プティソレイユ(未勝利勝ち、父ゴールドヘイロー)が3着

北海道勢強しは強しなのだが、このように伏兵の台頭もチラホラ

盛岡芝経験馬のある地元人気薄の一発も十分にある

キャリアの浅い2歳馬の芝重賞、今年も一筋縄ではいかなそうだ

 

近年の北海道勢を見ると、3年前のプティソレイユ(3着)、2年前のモリノラスボス(1着)、去年のリンゾウチャネル(1着)は1000mや1200mばかりを使われていた

1600mという距離もあり、長めの距離を使われてきた馬に人気が集まる

しかしこのレースに求められる適性が短距離寄りの為、人気馬が飛び波乱となるのかもしれない

ここから07 リュウノロジャー(牡2)を切る、父スズカコーズウェイもダート向き種牡馬で買いにくい(父カネヒキリが来るのでそこは気にしなくていいかもしれないが)

 

02 アーモンドカラー(牡2)はJ・未勝利、新馬戦2着とオープン4着と言えば聞こえは良い、ただこれらは九州産馬限定戦

どんなタイプの馬だろうと、2歳夏のJ小倉芝1200mのみ走ることになるJの九州産馬同士の実績

この実績で人気するようだと、切りが最適のジャッジとなるかもしれない

 

地元勢10 リュウノロビン(牝2)と08 (外)ユイガドクソン(牡2)に来られたら素直に泣こう

正直に言ってここまで手が回らない、資金に余裕のある人はおさえたい

 

はい、ここまでしか絞れませんでした

北海道勢はフレッシュを勝ってそのあとイマイチ、という馬が多く、今年は大きな実力差が無いかもしれない

モリノラスボスもリンゾウチャネルも2勝馬(未勝利+アタックという形ではあるが)だった

そうなると地元の実績馬シーサンプーター(牝2)とコンバットファスト(牡2)、どちらかは絡んでくれるだろうと考えた

前者は前走(1着)が初の芝で重賞勝ち、後者は芝好走→ダート大敗→芝戻りで狙える

 

コパノキャリー(牝2)は門別・未勝利で2着5回、しかし勝ち馬が重賞レベルであり一枚上の評価が必要だろう

盛岡芝はタフな血(欧州的な?)が入っていると良い個人的なイメージ(笑)がある

コパノリチャードが父ダイワメジャー 母父トニービン←という血統、これも良い

 

認定戦で勝ち切れず未勝利を勝ち上がり、こんな感じの馬が穴を開ける印象があるのでシンボ(牡2)、父ベーカバド←という血統も良い

船橋から参戦ポピュラーソング(牝2)はメンバー中唯一の2勝馬、父アンライバルド 母父ホワイトマズル←という血統も良い

 

ダリル(牡2)は前走(7着)が内々を通り、狭くなるシーンもありつつの健闘で評価できる

ただ2走前(6着)はスタートが今一歩で敗戦と未完成な感もある、01番枠がどうか

 

鬼門?のコスモス賞組でもあるフジノロケット(牡2)を切れれば楽なのだが、父ジャングルポケット 母父ネオユニヴァース

いかにも芝で走りますよ~みたいなこの血統を切る勇気は出なかった

 

1レースでの予算オーバー(2.5レース分)ですが、これは必要な投資と割り切ろう

はずれたら明日のセントライト記念はエア馬券となります

最悪、不来方賞と西日本ダービーで取り返せばいいんだよ

 


高知07R RNはSok協賛 ほめられてのびる特別 C2-5 に 10 ウェイト(牡6)が出走

 

転入初戦だった前走のC3-3 1着

アワオーラ(2着)以下に1.1差からの逃げ切り圧勝、このあたりでは力が違った

08 アースグロウ(牝4)や05 フジスパークル(牝4)と比較すると時計はやや見劣るのがどうかだが、上位争いにはなるだろう