CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20170823 スパーキングサマーカップ

日曜

高知02R C2-9 は1番人気カツヒメ(牝3)が勝利

「高知の6歳新馬」メモリーバッカス(セ6)は2番人気2着でした

押して押してハナに、3角で内から勝ち馬、外からラガマフィン(3着)に並びかけられて一旦は3番手に

それでも直線でも抵抗を見せ、最後まで前を差し返しに掛かろうかという粘り

敗れたとはいえ見せ場十分、デビューから2→5→1→6→1→6→1→4→2、次は走らない番だがそれでも楽しみだ

 

月曜

帯広10R 第11回JRAジョッキーDAY記念 は1番人気コウシュハウンカイ(牡7)が勝利

2番人気オレノココロ2着、3番人気フジダイビクトリー3着と人気通りの決着

最後は上位3頭が抜けて来る、やはりこの3頭(+ニュータカラコマ)は強い

ばんえいの怪物」センゴクエースは障害で止まって4番人気9着シンガリ、うーん……

 

火曜

水沢06R C2二組 は2番人気ペイシャラジョワ(牝3)が勝利

「岩手の白毛」ミスハクホウは4番人気8着でした

騎手負傷のため△鈴木麻優騎手に乗り替わり、好スタートを切ったが勝ち馬ともう一頭を前に行かせて3番手から

こうなるとやはり厳しかったのか3角も迎えないで早々に脱落した

先手を取りきれないとやはり厳しい

 

金沢08R C12 は2番人気サッキーヘラクレス(牡3)が勝利

前走のMRO金賞1着ムーンファーストは1番人気2着でした

余裕の手応えで先に抜けだして楽勝かと思いきや、外から一気の末脚の勝ち馬に屈した

☆栗原騎手で1キロ貰いだったのに、と取るか大一番の次のレースで一息だったと取るか微妙な所

これでデビューから2→1→2→1→2→1→2→1→2→1→2、よし次は1着だな

 

門別03R C4-5 は1番人気カグヤリベルテ(牝3)が勝利

「国内サラ系最高齢出走記録保持馬」クラベストダンサー(牝17)は6番人気6着でした

好スタートから無理せず後方待機、掲示板まで0.2差まで追い詰めた

【定期】17歳4か月8日かな?最高齢出走記録を更新しました【定期】

また、お馴染みのキングテースト(牝13)は9番人気8着でした

 


木曜

名古屋05R 若駒特別 にカツゲキキトキト&マドンナの半妹カツゲキミヤビ(牝2)が出走、デビュー2戦目

前走の2歳新馬2着、勝ち馬メモリーメソッドとは0.5差

そのメモリーメソッドは続く2歳特別 2歳1 1着で2連勝、その時の0.3差2着モリーメディアも出走

戦績を考えればこの2頭でワンツーだろうがどっちがワンでもおかしくは無い、ミヤビ初勝利なるか?

 

門別08R JRA認定 ウィナーズチャレンジ5 2歳オープン にサザンヴィグラス(牡2)が出走

栄冠賞1着、ブリーダーズゴールドカップ1着と重賞2連勝中で3戦無敗

栄冠賞3着ハッピーグリンはJRA札幌・コスモス賞3着

ブリーダーズゴールドカップ2着ダブルシャープは先日のJRA札幌・クローバー賞1着と戦ってきた相手も活躍中

56キロと2キロ重い斤量、1700mでもここで負けてはいられない

 


川崎 スパーキングサマーカップ

◎ 04 イッツガナハプン(馬体重がマイナスでなければ)

○ 10 コンドルダンス

▲ 09 ケイアイレオーネ

△ 07 リアライズリンクス

☆ 11 ムサシキングオー

◎複予定、馬体重マイナスだったら◎の資金を半分に、残りは以下の印から考える

 

14 タマノブリュネットは出走取消

 

高知から参戦、イッツガナハプンで足りないか?

2走前の笠松オグリキャップ記念3着、馬体重488キロと大きく減らしながらカツゲキキトキト(1着)を相手に積極的なレース振りで健闘

高知に戻って前走のトーセンジョーダン賞2着、馬体重494キロで復調途上だった感もある

8歳だがまだまだ底を見せていないと感じる、It's gonna happen、偶然だぞ……ではなく何かが起こる予感がある

間隔を空けてきただけに、そこから減っているとあまりよろしくないと思う

ただ、笠松で減ってたから直前で切って来られたことを忘れていないので、馬体重マイナスでなければ複1点、マイナスだったら資金半分にして残りを他に回そう

 

その場合はオッズも見たいけれどコンドルダンスから馬連かなあ?

追い込みが嵌りそうなメンバー構成では無さそうだが、自分がそう感じたということは逆に嵌るかもしれない

川崎コース初登場、めちゃくちゃ向いているという可能性もあるのでは?

 

実績・能力ともに最上位のケイアイレオーネだが、570キロ台の超大型馬の休み明け

重賞連勝中のリアライズリンクスは、的場騎手から乗り替わり

付け入るスキは少しくらいありそうだが

20170820 北九州記念 札幌記念

「高知を熱狂させる馬」フリビオンが栴檀特別快勝、乗り替わりも全く関係無し

高知を熱くするついでに自分の財布も少し厚くしてくれた、サンキューフリビオン、フォーエバーイワザール

 

 

日曜

高知02R C2-9 「高知の6歳新馬」メモリーバッカス(セ6)が出走、1ヵ月振りの登場

前走のC2-11 4着、スタート一息から押して番手追走も逃げたウインバレリーナ(1着)がぶっちぎる展開に付いていけず

これは相手が悪かった、デビューから2→5→1→6→1→6→1→4→今回、走るターンがやってきた

PATで買えないのが残念、先手を取れそうなメンバー構成で今日はバッカスの順番だ

 

月曜

帯広10R 第11回JRAジョッキーDAY記念 オープン

先週の大一番、ばんえいグランプリ2・3・4・5・6・7・9・10着馬が出走

JRAで例えるなら、有馬記念出走馬が金杯に出てくるような感じだろうか

トップクラスでもこのペースで出てくるところがばんえいの面白いところのひとつ

2着コウシュハウンカイ、3着オレノココロはそれぞれ最内と大外

4着フジダイビクトリーは真ん中、7着センゴクエースはオレノの隣で巻き返すか

 

 

北九州記念

◎ 09 ダイアナヘイロー 単7割

○ 17 ブレイズエターナル 単1割

▲ 12 ナリタスターワン 単1割

△ 18 ラインスピリット 単1割

 

前走のアイビスサマーダッシュで内枠に入りレース前に終わってしまった○▲△を抑え

 

降級した500万下から3連勝でオープンまで駆け上がってきたダイアナヘイロー

降級廃止が決定したので、いずれはこんな上がり馬と言うのも見なくなるのだろうか?

夏は格より勢い、そして牝馬、一気の重賞獲りは十分と見る

 

 

札幌記念

◎ 03 ヤマカツエース 単8割

○ 12 マイネルミラノ 単1割 ワイド◎=○1割

 

重賞5勝馬の格を見せつける

 

前走の大阪杯3着、キタサンブラック(1着)と0.2差の競馬を見せたヤマカツエース

中距離、というか2000mはやはり最適な条件、路線トップクラスの集団にいる馬だろう

それ以来の競馬となるが、宝塚記念をスキップしてここに出てくるのだから簡単には負けて欲しくない

前走の函館記念11着が案外だったマイネルミラノ

ロードヴァンドールの番手を行くか、もしくは先手を取るかという競馬になるだろう

人気落ちでこそ一発、後方待機の有力馬を尻目に粘り込みと言う図は考えておきたい

ロードではなくマイネルなのはより人気の無い方を選んだ、欲の皮が突っ張っている

20170819 栴檀特別

高知 栴檀特別 3歳準重賞

◎ 08 フリビオン

○ 10 コパノイワザール

▲ 02 オーバーラッキー 馬単◎→○▲ 2点予定

 

距離短縮、休み明け、それでも……

 

「高知を熱狂させる馬」生え抜き二冠馬フリビオンが始動

休み明けだった今季初戦の土佐春花賞3着、距離を伸ばして、使ってきて強さが増してきた馬

中西騎手の引退で、新コンビとなる西川騎手はテン乗り、もし躓くならここしかない

強力な先行馬バーントシェンナがいればそちらが本命だったかもしれない

しかし、このメンバーなら地力が違う、負けて欲しくないというのが本音

 

フリビオンに食い下がる馬はやはり前で粘る馬

田中守厩舎二頭出し、赤岡騎手騎乗のコパノベスト……ではなく☆の林騎手騎乗コパノイワザールはどうだろう

こちらも地味に高知生え抜き、過去の二回の重賞挑戦では黒潮ジュニアチャンピオンシップ10着シンガリ、土佐春花賞6着

その重賞以外は掲示板を外していない馬、力を付けているはずだし減量×先行力で一発に期待、ベストを行かせる厩舎の作戦だったらそれは知らん

高知転入後【5-4-0-0】で底を見せていないオーバーラッキー

三村騎手に乗り替わり、主戦の倉兼騎手は同厩舎のミラーブルーナイトに騎乗

松木厩舎はパリファッションも合わせ三頭出し、果たして自分は正しい(?)方を選べているだろうか?

ガラガラ(アローラの姿)育成(ポケットモンスター サン・ムーン)

オヤコダカ、カツゲキキトキトラブバレット、ジュエルクイーンと自信の本命が立て続けに敗れ去り回顧が辛い

気分転換にポケモンやろう

 

ガラガラ(アローラの姿)

【ダブル・シングルバトル】物理アタッカー型

http://i.imgur.com/3DbXTUQh.jpg

ちょっとカッコイイ

 

性 格:意地っ張り

特 性:避雷針

基礎P:HP252、攻撃252、素早さ4

実数値:167-145-130-63-100-66(理想は167-145-130-49-100-66)

持ち物:太い骨

技構成:フレアドライブ シャドーボーン 瓦割り 見切り

技候補:地面技 岩技などいっぱいある

 

アローラ地方には、天敵のくさタイプのポケモンが多数生息し、カラカラやガラガラには過酷な環境。そのため、仲間と強く結束して生きており 、仲間への想いから霊感に近いものを得て、姿を変えたといわれている。

炎はどこから来たんですかね

 

色違いガラガラは体が青になっている、これだけだと少し分かりにくいかもしれないが、通常色と見比べるとはっきりと違いが分かる

ボールはドリームボールだけれど、ムーンボールがとても似合いそうな色

国際孵化あるある、補正を掛けたところに限って抜けるが発動したが、王冠があれば何も怖くない、というか特攻はどこから来た

 

NNはもちろん、競走馬ノンコノユメから

産まれたのが今年のフェブラリーステークス当日だったので、◎だったノンコノユメから名前を拝借

ドリームボールとユメというのがとてもシナジー

 

キョセイ仲間(?)のフェイムゲームは復活したけれど、ノンコノユメは復活するだろうか?

冷静に馬柱を眺めてみれば、単純に成長力に欠けるだけで不振はキョセイ関係ないという気もする

ダートでG1を勝ちまくるような馬で追い込みタイプは居ない訳では無いけれど、前に付けて立ち回れる馬の方が多いし

それでも出てきたら馬券買ってしまうだろうなあ

 

シンプルな物理アタッカー型

タイプ一致のフレアドライブとシャドーボーンは確定、ダブルバトルなら見切りも欲しいので残り一枠が悩みどころ

けたぐり……はアローラ産なので覚えられないので瓦割りをチョイス、命中安定だし壁も割れるのでまあまあ使える

素早さも少し速くしても良いかもしれないが、この辺の素早さは考え始めるとイタチごっこになりがちなので割り切る

攻撃を削って耐久に回す?

 

サイコフィールド込み

控え目・特攻252カプ・テテフサイコキネシス HP188、特防116(実数値159-115)で一発耐える

臆病・特攻252カプ・テテフの命の珠サイコキネシス HP167、特防228(実数値167-129)で一発耐える

 

カプ・テテフが苦手なので耐えられないか考えてみる……火力アイテムは諦めよう

こちらからの攻撃はよっぽど耐久に特化していなければシャドーボーンでOK

 

改良案

基礎P:HP188、攻撃196、防御4、特防116、素早さ4

実数値:159-137-131-63-115-66(理想は159-137-131-49-115-66)

 

うーん、振りなおすのめんどっちい

超火力でゴリラゴリラしたいのでオーバーキルだろうが火力を落としたくない(脳筋)のでとりあえずはこのままで行こう

耐久を重視した腕白とか慎重で育ててみるのも面白そうだ

 

 

http://i.imgur.com/sFUnBWsh.jpg

 

進化前の色違いカラカラの画像を保存していたはずだが消えてしまった……なんで?リフレの画像もあったんだが?

仕方ないので図鑑から、緑色がより濃いので一発で分かる

ディグダやサンドやロコンあたりと違って、進化前のカラカラはリージョンフォームも原種も共通となっている

 

 

http://i.imgur.com/L6M75m2h.jpg

 

(※追記 20170818 18:40)

消えてなかった、やったー

 

 

http://i.imgur.com/3fYyEZZh.jpg

 

http://i.imgur.com/xUxTA4eh.jpg

 

ポケリフレ、骨を杖のようにして立っている

動きが大きくて面白い

 


【ダブル・シングルバトル】特殊アタッカー型

http://i.imgur.com/QHh6Xfmh.jpg

ダンサブル

 

性 格:控え目

特 性:避雷針

基礎P:HP252、特攻252、素早さ4

実数値:167-77-130-112-100-66(理想は167-76-130-112-100-66)

持ち物:コオリZなど

技構成:大文字 シャドーボール 冷凍ビーム 守る

技候補:電気技 気合玉 原子の力 大地の力(※教え技)など

 

誰もが一度は考えるのではないだろうか

 

考えはするだろうけど、刹那で忘れそうな特殊アタッカー型

初代ポケモン特有の特殊攻撃の技範囲の広さ、特攻が上がるという避雷針という特性

さらに持ち物が太い骨固定から解放されて好きな道具を持たせることができる、Zクリスタルなら叩き落とされることも無い

そして何故かオーバーヒートを覚えないことを知った

 

NNはもちろん、競走馬モズカッチャンの「カッチャン」から、ガラガラなので濁った

馬名由来は「冠名+人名愛称」らしいが、「母っちゃん」という感じでガラガラに向いていると思った(?)

なおモズカッチャンは和田騎手からデムーロ騎手に乗り替わりとなるようで……厳しい世の中だ

 

特殊アタッカー型にすることの最大のメリットは、やはり氷技ということになるだろう

炎技を半減して威嚇をしようと出てきたHP252ボーマンダレイジングジオフリーズ(Z冷凍ビーム)で返り討ちにできる、TUEEE!

ちなみに素の吹雪でも約56%で一発なので命中も考えればZ冷凍ビームだと思う

炎技を半減して威嚇をしようと出てきたHP252ギャラドスを倒したければデンキZを持たせればいい、素の雷では一発で落ちない

どっちも鬼火で良いじゃんとか言ったら泣く、泣きわめく、叫ぶ

特殊ボーマンダとか特殊ギャラドスに鬼火なんて効かねえぞ?ボーマンダに至っては空元気があったらどうする??ああああああああああ

 

命の珠など他の火力アイテムでも悪くはないが、そもそもが一発ネタみたいなところはあるし華々しくいきたい

上記の通り叩き落とすが怖くなくなるし(弱点なので痛いのは痛い)、ガラガラのZ技なんてなかなか見る機会が無いし

また、避雷針で特攻が上がればだいぶ火力がまともになる(特攻の実数値168)、強いかどうかはともかくまともになる

何より意表を突きたい人には自信をもってオススメできるポケモン

 

ボールをラブラブボールに移す過程で気付かないうちに見切りが遺伝されていなかったので守るになっている

 


原種ガラガラ

【ダブル・シングルバトル】物理アタッカー型

http://i.imgur.com/43Fi7Wnh.jpg

振りかぶって投げた

 

性 格:意地っ張り

特 性:避雷針

基礎P:HP252、攻撃252、素早さ4

実数値:167-145-130-50-100-66(理想は167-145-130-49-100-66)

持ち物:太い骨

技構成:ホネブーメラン 炎のパンチ 叩き落とす 守る

技候補:地震 岩技などいっぱいある(遺伝技以外)

 

かつてポケモンには、ポケトレという神のような仕組みがあった

 

X・Yのポケトレ?違うよ、D・P・Ptのポケトレ

草むらに出るポケモンならば、集中力と根性と気合と運があれば色違いを大量ゲットできた、集中力と根性と気合と運があれば

この前、久々にやろうとしたら連鎖が全く続かなかった……もうあの頃には戻れない

それでも草むらキラキラ☆☆、あの瞬間の胸の高鳴りは忘れることは無いだろう

捕まえた後は最低3回はセーブをしてから次の戦いに挑んだのも良い思い出

 

カラカラ系がどんな色違いになるかを知らず、ぜひ捕まえてみたいと思いポケトレしたような記憶がある

もちろんヤホーでggれば一発だが、あえてそれをしない心意気が当時はあった(?)

そんなわけで、一般的には評価が低くなりがちな緑系の色違いだが、個人的に色違いガラガラは結構好きだったりする

 

NNはもちろん、種族名の一部+吉

普通すぎて特に言うことが無い

 

普通なアタッカー型なので普通に強い、王冠でステータスも見劣らなくなった

技はいろいろ選択肢があるが、サン・ムーンに連れてくるときに教え技で炎のパンチと叩き落とすを覚えさせてきた

ポケモンあるある、教え技は勿体無くて消せないので技が実質固定になっている

避雷針+地面タイプなので電気タイプにめっぽう強い……はずなのだが、電気タイプ御用達の目覚めるパワー氷が抜群

氷技も半減できるアローラの姿のほうが、原種より電気タイプに強いという不思議現象が起きてしまった

そもそもサン・ムーンでは原種を育てることができないので影が薄くなっている感はある、この辺はウルトラサン・ムーンで何とかしてほしいところ

 

そんなこんなで、これからも元気にホネブーメランでタスキを貫通したり、ここ一番でブーメランを外して悶絶したりしながら頑張るガラガラなのであった

 

 

 

http://i.imgur.com/YhRFjdeh.jpg

 

http://i.imgur.com/NP8gxWPh.jpg

 

ポケリフレ

精悍な感じがあるが、こちらも結構動く

 


【ダブル・シングルバトル】XD産 トリックルーム・物理アタッカー型

http://i.imgur.com/eA1ymogh.jpg

拳がきいている

 

性 格:勇敢

特 性:避雷針

基礎P:HP252、攻撃252、防御4

実数値:167-145-131-55-100-45(理想)

持ち物:太い骨

技構成:ホネブーメラン 岩雪崩 歌う 守る

技候補:地震などいっぱいある(遺伝技以外)

 

正確に言えばLV100だと理想では無い、LV50なら理想ステータス

防御は「さいこう」でその他全部「まあまあ」だったが、王冠を使えばこのとおり完璧なステータスになっちまうんだ

 

NNはもちろん、マミー (mammy, mummy 他) mammy 他 - 母を意味する英語の口語・幼児語・方言。ママ (mama, mamma)・マム (mam) の指小形にあたる。から

初代では一般ポケモンながらシオンタウンのイベントで主役(というのは少しおかしいか?)となっている

「(ロケット団に追われたカラカラの母=ガラガラが)逃げる途中で[ピー]されたわ」とかシレっと言う女の子にビビったのも良い思い出

シルフスコープの存在を知る前に「ゆうれい」と戦って、ポケモンがビビって攻撃できない!ナニコレ!となったのも良い思い出

 

ゆうれいの しょうたいは…

カラカラの おかあさんの まよえる たましい だった!

やさしい カラカラの おかあさんに もどった たましいは ぶじに てんに のぼって…

… …きえて いきました

 

初代からブラックネタをちりばめていたポケットモンスターというゲーム

しかしながらこういった「フォロー」があるから、ただ不快になるだけでは無い、何か考えさせられるような話になっていた

初代ポケモンに触れていて、このイベントで何も感じなかったという人は少ないのではないだろうか?

それに引き換え最近のブラック(失笑)ネタは、黒い任天堂(この表現自体嫌いだが)というよりくさ、いや……やめておこう

 

とにかくカラカラと言えばお母さん、切っても切り離せない存在だ

 

そしてお母さんといえば子守唄、つまり歌う、滅びの歌も覚える

トリックルーム下でなら、タイプ一致の地面技、とりあえず全員怯めの精神で岩雪崩があればたいてい足りるので技に少し余裕がある

そこで、なんとかガラガラを止めようと出て来る高耐久ポケモンあたりに安眠を届けようという型

重力があればなお良いのだが、流石にシングルではトリックルームも重力も決めてガラガラを出せるほど余裕があるなら多分どう戦っても勝てそう

ダブルなら上手くやれば行けるかもしれないけど、それでも基本的にはどちらかだろう

 

この型の弱点は、自分自身の「歌うを使いたい」という欲望を抑えきれないこと

攻撃したほうがいい場面でもつい歌ってしまい当然外して負けに行く事態が起こる

歌うガラガラに限らずクチートやガルーラでもそうだが、基本的に歌うより攻撃したほうが強い

よっぽどな条件で起死回生の一手として使う分には良いが、普通に使うと命中も悪いし、仮に当たっても即起きされて割に合わない

……ということは分かっていてもそれでも歌うを使いたくなってしまうんだよなあ

使う機会がランダムバトルのフリーくらいしかないのが悪い、ということにしておこう

 

XDガラガラといえばダークエンド

ただでさえダーク技は通常ポケモンに抜群なのに、ガラガラの火力で威力120をぶち込まれるのは笑えない、命中60とか嘘

これに限った話では無いが、強敵スナッチの時には隙あらばエーフィで砂かけまくったのも良い思い出

20170817 ブリーダーズゴールドカップ フルールカップ (※追記 20170818 摂津盃)

ヴァーミリアン産駒ラインシュナイダーがやってくれました

ももちろん頑張った、そしてやっぱり武豊騎手なんだよなあ

馬券の連敗ストップ、おめでとう!          複勝110円……

 

 

土曜(20170819)の高知05R 栴檀(せんだん)特別は3歳の準重賞

高知優駿1着以来の出走となる「高知を熱狂させる馬」生え抜きフリビオンの鞍上は西川敏弘騎手となった

高知優駿2着のバーントシェンナは不在、休み明けだった土佐春花賞3着時の勝ち馬パッパカも不在

個人的に注目していたワンダフルメモリーやシュタルクは南関に移籍

このメンバーなら休み明けでも負けられない戦いになる、新たなコンビがどのようなレースを見せてくれるか楽しみ

 


水曜

門別03R 2歳未勝利 は1番人気コパノリスティー(牝2)が勝利

クラキンコ産駒のクラトキン(牡2)は5番人気7着でした

直線では「最内からクラトキンが差を詰めて~」と実況で触れられていた、今までのノーチャンス振りから考えればかなりの前進に思える

道中の走りにも前向きさが出てきたように見えるし、眠れる歩兵がと金になる日が近づいているのかもしれない


門別08R JRA認定 アタックチャレンジ 2歳認定未勝利 は2番人気ソフトポジション(牡2)が勝利

ベンテンコゾウの全弟ニッポンダエモン(牡2)は1番人気2着でした

内内を進んで直線持ち出して前を捕らえにかかるというそつのないレースをしたのだが、出遅れ最後方から腹を括ったように最内強襲の勝ち馬が突き抜けた

今日はソフトポジションの日だった、順番は近いうちに回ってくるだろう

 


門別 ブリーダーズゴールドカップ

◎ 06 ジュエルクイーン

○ 05 クイーンマンボ

▲ 03 ビービーバーレル

△ 08 タイニーダンサー

馬単◎○→◎○▲△ 6点 三連単◎○→◎○→▲△ 4点 計10点予定

オッズ次第でどちらかに絞る可能性は高い

 

クイーン

女王は、2頭も要らない

このレースに煽りを付けるならこれに決まりだな

 

去年のブリーダーズゴールドカップ

1 10 アムールブリエ  57キロ 1人気 2:08:7

2 05 タイニーダンサー 55キロ 3人気 1.5差

3 04 ビービーバーレル 54キロ 2人気 1.8差

 

4 03 ジュエルクイーン 55キロ 6人気 2.1差

以下略

 

今年はタイニー57キロ、ビービー56キロ、ジュエル55キロ、ここに3歳クイーンマンボ55キロが参戦

 

クイーン2頭は共に見劣らない魅力がある

門別の女王、ジュエルクイーンは去年以上を目指せる

上記の通り去年と斤量据え置き、かつヒダカソウカップ1着→ノースクイーンカップ1着と2連勝中の勢いは魅力十分

牝馬限定のここならJRA勢相手でも勝機十分、五十嵐冬樹騎手の手綱捌きにも注目だ

若き女王、クイーンマンボはまだ底を見せていない感がある

前走の川崎・関東オークス1着、その時の0.9差2着アンジュデジールは後に川崎・スパーキングレディカップ1着、ここにはタイニーダンサー(3着・57キロ)も出走していた

アンジュは52キロの恵量だったがマンボは55キロ、古馬相手に斤量差が小さい分だけ対抗にしたが、それでも逆転まで考えたいところ

ビービーバーレルは前走のエピファネイア・プレミアム A1~A3-1 2着でやっと絞れて512キロ

優○か何か忘れたが競馬雑誌で取り上げられていて、太くて力を出し切れなったみたいなことが書いてあった(立ち読みなのでうろ覚え)

それまで太かった分はノーカウント、むしろここに向けて少しずつ絞ってきたのだと考えよう

タイニーダンサーは桑村騎手とのコンビ復活

走り慣れた門別【5-2-1-0】、近走もかつての勢いは無いもののそれなりに走っているのでもうひと押しが利けば 

 

http://i.imgur.com/G6YFjLZh.png

 

この絵はCBulkAriaの脳内にあるフィクションであり、実在する人物・地名・団体とは一切関係ありません

 


門別 フルールカップ

◎ 03 ヨシノファルコン

○ 05 グラヴィオーラ

▲ 04 リコーデリンジャー

△ 10 エグジビッツ 馬連◎=○▲△ 3点予定

 

栄冠賞組、今年も高レベル説

 

3戦2勝、2走前の栄冠賞7着のヨシノファルコン

1着サザンヴィグラスから3.1差、6着デニストンからも1.8差とかなり離されているが、先行勢には厳しい流れで前で進めていたので仕方のないところ

実際に前走のウイナーズチャレンジ1着で巻き返した、重賞でも牝馬同士なら更なる前進を見込めると見た

相手はこちらも2勝馬グラヴィオーラ、前走でヨシノの2着リコーデリンジャー、+18キロの前走を叩かれて上昇エグジビッツでどうだろう

 

 

(※追記 20170818 08:00)

20170818 園田 摂津盃

◎ 10 トランヴェール エア

 

PAT販売の無い金曜日、エアなのでサラッと

 

2走前の笠松・サマーカップ1着、前走のA1 1着で距離に目途も立ったトランヴェールの勢いが止まらない

長期休養から復帰した今季は4→2→1→1→1→1

園田移籍後【15-1-0-2】着外は転入初戦6着と1年5か月ぶり4着で全く底を見せていない6歳牡馬

先行したい馬は多そうだが、トランヴェールは何が何でもハナという感じではなさそう、10番枠からスムーズに好位追走から弾けると見た

20170816 サマーチャンピオン 霧島賞 エトワール賞

オイオイオイ

死ぬわサイフ

ほう、昨日は1着固定・単・馬単の軸の◎が三連続2着、さらに単勝を買ったデニストンも2着ですか……たいした外しっぷりですね

それにしても曲がりなりにも予想を晒しているというのにあれだけ外せるのは、超人的な逆神力というほかはない

 

>今日から3日間、見逃せないレースが続く

>まず1日目をビシッと決めていきたい プークスクス

 

馬券が当たらないのも当然痛いのだが、キトキトがあっさり(あえてこう言おう)負けたのとラブバレットがあの走りで2着という事実がつれえわ

デニストンの方は正直、直線で厳しいと思っていたのでびっくりした

思った以上に力を付けてきた、というポジ要素のおかげで今日を致命傷で切り抜けることに成功した

 


水曜

門別03R 2歳未勝利 にクラキンコ産駒のクラトキン(牡2)が出走、これがデビュー5戦目

9(シンガリ)→8(10頭立て)→9(シンガリ)→7(シンガリ)今回、とあまりにも厳しい現実がそこにはある

きっかけを掴みたいところだが……ひと月ほど間隔が開いてどれほど変わってくるだろうか?

 

門別08R JRA認定 アタックチャレンジ 2歳認定未勝利 にベンテンコゾウの全弟ニッポンダエモン(牡2)が出走

前走の2歳未勝利1着、1200mに距離短縮が良かったのだろう、デビュー2戦目での勝ち上がり

走破タイム(良1:16:4)を比較してもここでも通用するのでは、再度上位争い

 


佐賀 サマーチャンピオン

◎ 09 ラインシュナイダー 複予定

 

頑張れヴァーミリアン産駒

 

ちょっと前にも書いたが、カネヒキリとヴァーミリアン、自分はヴァーミリアン贔屓だった

そしてミツバ、ロンドンタウンとカネヒキリ産駒が頑張っている

なのでここはヴァーミリアン産駒ラインシュナイダーに一発の期待を賭けよう

 

実績は確かに見劣る、JRA勢で最軽量のハンデ54キロ

しかし去年の勝ち馬グレイスフルリープはそれ以降未勝利で57.5キロ

重賞2着2回で佐賀も経験があるタムロミラクル55キロはF氏に乗り替わり

レーザーバレットも息が長いが58キロで信頼できるかと言われると

ウインムート55キロはダート2戦目で重賞初挑戦と未知の部分が多い

ラインはここ12戦を負けても0.4差以内、前走の東京・アハルケテステークス OP 5着も勝ち馬から0.3差と昇級初戦だったが無難に纏めている

こういうタイプは意外と重賞でも格負けしないで同じように駆けたりするものだ

武豊騎手騎乗というのも期待できる要素、複で手堅く当てたいのと外れまくる流れを変えたいぞ

 


佐賀 霧島賞

◎ 04 テイエムチューハイ

○ 03 コウユーヌレエフ

▲ 08 キヨマサ

△ 01 テイエムソッキュウ 三連単1着固定◎→○▲△ 6点

 

九州産馬天皇賞

 

前哨戦の大隅特別1着が楽勝のテイエムチューハイ

JRA500万下で2着2回、3走前の阪神・3歳上500万下2着ではテンザワールド(1着)とタイム差無し0.0差

そのテンザワールドは次走で1000万下も突破して新潟・レパードステークス7着では3番人気に支持された馬

1400mが本質的に向いているかは微妙だが、能力の違いで押し切るだろう

相手はもうひとつの前哨戦えびの特別1着コウユーヌレエフ、連覇を狙うキヨマサ、えびの特別2着テイエムソッキュウ

 

 


門別 エトワール賞

◎ 06 タイセイバンデット

○ 08 トウカイビジョン

▲ 13 レッドペリグリン 馬単◎→○▲ 2点

 

2番手が大の付く混戦模様

 

タイセイバンデット船橋習志野きらっとスプリント2着

スアデラ(1着)には1.3差ぶっちぎられたが、6歳ながら11戦目だったキャリアの浅さを感じさせない走り

今季4戦目だが順調に使えていること自体が好材料だと思う、斤量も据え置き56キロでここも通過点

2走前の星雲賞でオヤコダカ(1着)に3.1差ぶっちぎられたとはいえ2着、末脚自慢のトウカイビジョン

今季5戦で未勝利だが3→2→2→3→2レッドペリグリンに相手を絞っていく

20170815 くろゆり賞 クラスターカップ 桂樹杯 ターフチャレンジ2

今日から3日間、見逃せないレースが続く

まず1日目をビシッと決めていきたい

 

月曜

盛岡07R C2八組 は2番人気クリスタルテーラー(牝4)が逃げ切り勝利

4番人気だった「岩手の白毛」ミスハクホウ(牝5)はシンガリ8着でした

勝ち馬に前を譲り外の2番手追走で進めたが3角手前で早々に後退、やはり逃げないと良くないな

 

盛岡11R 納涼特別 A一組 は1番人気ユッコ(牝5)が逃げ切り勝利

好位追走から直線猛追のコスモジョイジョイ(牡5・2着)を振り切った、門別遠征では結果を出せなかったが地元で見事に巻き返し

あと、去年の桂樹杯1着ブレークビーツ(セ7)がこちらに出走してシンガリ9着、何故だ……

 


笠松 くろゆり賞

◎ 01 カツゲキキトキト

○ 10 サルバドールハクイ

▲ 02 ハイジャ

△ 08 アペリラルビー 三連単◎→○▲△ 6点

 

休み明けだろうと負けはありえない

 

三カ月半振りに戦列復帰の「東海の雄」カツゲキキトキト

調教では気の悪さを、とか仕上がり途上、とか言われているが、出走してきたからにはこのメンバーで負けは許されない

もうそういう馬なので頭固定以外ありえない

 

ということで相手探し、キトキト頭なので絞りに絞る

前走のサマーカップ6着が案外だったサルバドールハクイをあえてまた狙う

転入後【5-2-4-2】崩れたのが前走と、強豪がそろった笠松グランプリ6着のみ

そして何より去年のこのレース勝ち馬で反撃に期待

名古屋・名古屋でら馬スプリント1着ハイジャが地元で巻き返し

先行勢をキトキトが潰す流れなら、牝馬の切れ味アペリラルビーの食い込みも

 

……負けは許されない(キリ とか言ったけど少し不安ではある、だが頑張れ!カツゲキキトキト

ここからまた高みを目指してくれ

 


盛岡 クラスターカップ

◎ 13 ラブバレット

○ 06 ショコラブラン

▲ 09 サイタスリーレッド

△ 14 キクノストーム

☆ 01 ブルドッグボス

◎単4割、三連複軸1頭◎=○▲△☆各1割予定、オッズ次第では単複に切り替えも一考

 

3度目の正直

 

去年のクラスターカップ、昨日のことのように思い出される

60キロを背負って出てきたダノンレジェンドと真っ向勝負、並んで直線を向いたラブバレットは54キロ

これは貰った!……そう思った瞬間、ダノンレジェンドラブバレットを置き去りにして直線を突き抜けた

この時ばかりは、現実を理解するのに少し時間を要した

 

あれからもう1年、ダノンレジェンドはG1(Jpn1)を手土産に種牡馬となった

それだけの馬に喧嘩を売りに行って(最終的には3着だったが)見せ場を作ったのはやはり力の証明

冷静に見ればダートグレード【0-0-2-8】の馬というのも事実ではあるが……しかし今年は、今年こそは違う

JRA勢にダノン級の馬はいない、外から内を見つつ先行態勢に入れるだろう

去年より余力を持って直線に向いて、そこからもうひと伸びふた伸び、ゴール前で襲い掛かる○▲△☆以下を振り切れるか――

「岩手の弾丸」ラブバレットよ、今度こそ1着を撃ち抜け!

 

http://i.imgur.com/PLsKIHRh.png

 

リメイク(笑)

 

http://i.imgur.com/rwgPppOh.png

 

どうでも良いけど、当然元ネタの漫画は読んだことは無い

 


盛岡 桂樹杯

◎ 07 ブレイズアトレイル

○ 04 プリムラブルガリス

▲ 01 アンブリッジ

△ 11 キングオブロー 馬単or馬連BOX◎○▲△予定

 

相手が難解すぎる

 

実績からブレイズアトレイルが最有力なのは間違いないだろう

近3走は3→2→2、勝ち馬が全てサンエイゴールドだが着差が1.0差→0.7差→0.1差と詰まってきている

岩手芝チャンピオン相手にこれだけ走れる馬、1600mはむしろ歓迎でアッサリまで

JRA時代は芝で5勝のプリムラブルガリスが岩手の芝に初参戦

岩手の芝適性がどうかというのはあるが、初戦だからこそ狙う価値がある

近走は岩手トップクラスとの戦いで成績が今一つも、芝で変わり身に期待

ブレイズアトレイルと同じダイワメジャー産駒のアンブリッジが気になる

約半年振りの転入初戦を使われて、叩き2戦目+芝変わりでどうだろう

2頭出しは人気薄、ということでキングオブローまで抑えたい

 

キングオブローと同厩舎、明らかに芝狙いのカオスモスはめちゃくちゃ買いたい

けどめちゃくちゃ人気しそうなので泣く泣く見送る予定

全く根拠は無いのだが、人気同士で決まる気がしない予感がしているので

 


門別 JRA認定 ターフチャレンジ2

◎ 04 リュウノユキナ

○ 03 デニストン

▲ 05 キタノシャガール

△ 08 ミスターバッハ

☆ 09 クルセイズスピリツ ○単4割、三連複軸1頭◎=○▲△☆各1割予定

 

20170903 札幌 すずらん賞 芝1200m あたりへのチャレンジかな

 

リュウノユキナ牝馬っぽい名前だが牡馬、デビューから2→1→1

前走の新冠ライオンズクラブ特別1着が好位から直線半ばでぶっちぎる圧巻の競馬

キタノシャガールクルセイズスピリツあたりが作る淀みない流れを見て進められるのは有利と見る

デニストンは距離短縮で反撃

前走のウィナーズチャレンジ3 3着で最後伸びきれなかったのは1700mの距離だろう、現状ではやや長い 

こちらも好位で競馬ができる、1200mなら最後まで脚を使えるはずで逆転まで十分

以下、逃げで見直しキタノシャガール、堅実駆けのミスターバッハ、叩かれて一変クルセイズスピリツまで

 

デニストンの6戦目、芝に挑戦できるか?

芝向きの血統かと言われると微妙だが、今の時期なら完成度で芝もこなすかもしれない

まあそれはいったん置いておくとして上位争いに期待、印は対抗だが単も買うから頑張れ、デニストン!

 

http://i.imgur.com/0eoPH73h.png

リメイク(笑) パート2

 

http://i.imgur.com/Bn5046ch.png

大量生産・大量消費の世の中、エコは大事だからな……使えるものはリサイクルの精神、大事にしていきたい

なんで蹄鉄にお祈りしているのかはこちら

かいつまんで言うと、昔デニストンの母ブルーポラリスの蹄鉄を貰い今も大事に持っている

その蹄鉄にデニストン頑張れとお祈りをしているのだ