CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20170917 ローズステークス ジュニアグランプリ 20170918 セントライト記念 珊瑚冠賞

月曜分の予想で長くなったので昨日の回顧は次にまとめて

今日は台風が凄そうですが通常通り開催

雨ニモマケズ 風ニモマケズ、昨日はイーハートーブマイルで宮沢賢治だと思ったら今日もだった

とにかく、無事に開催されることを願いつつ馬券を買いたい

 

 

日曜

ローズステークス

◎ 01 クイーンマンボ 複予定

 

とはいえ、予算は控え目に

 

3歳牝馬秋華賞を見据えたステップレース、天候大荒れ、結果も大荒れ?

有力馬アドマイヤミヤビの回避&引退と、始まる前から波乱の様相を呈している

 

デビュー戦の3歳未勝利14着以来の芝レースとなるクイーンマンボ

ダートでは重賞勝ちの実力馬だが、果たして芝ではどうだろうか

父はマンハッタンカフェ、母は天皇賞スズカマンボの半妹というのを見ればむしろ芝向きのはず

いきなり超高速馬場とかならともかく、雨で程よく、もしくはそれ以上に渋った馬場ならば面白そうだ

春の実績馬が揃ったが、各地の砂で揉まれた経験を活かしての一発に期待

 

 

盛岡 ジュニアグランプリ

◎ 02 ベストロード

○ 03 コウギョウカナリア

▲ 08 プリヴィレッジ

△ 05 リュウノフェスタゴ

☆ 09 セクシーユッコ

☆ 10 オドロキ 三連複BOX◎○▲△☆☆ 20点予定

 

こちらも波乱の予感

 

若鮎賞9頭立て8番人気1着ベストロード、2走前の2歳 5頭立て4番人気2着

若鮎賞9頭立て2番人気4着リュウノフェスタゴ、2走前の2歳 5頭立て5番人気1着

人気と結果が結びつかないのは盛岡芝の2歳戦という条件ゆえなのか、なので今回はあえて手広く

 

ベストロードコウギョウカナリアプリヴィレッジリュウノフェスタゴ

この印の順番は、若鮎賞1着、2着、3着、4着の順番通りに並べただけで差は無い

セクシーユッコは、2走前の2歳新馬2着が芝、前走の水沢・2歳 5着はダート

芝に戻る今回は一変がありそうだ

オドロキはデビューから全てダート短距離で4(4頭立て)→5(6頭立て)→5(5頭立て)→7(8頭立て)今回

全く買える要素が無いように見えるが、父ナカヤマフェスタから芝での一発に警戒

 

ダートの水沢・新馬戦1着でベストロード(2着)以下を抑え完勝以来のリュウノムーンと門別デビューの3頭は芝がどうか

このあたりが人気するようなら、人気が落ちる芝実績馬狙いという作戦となっている

 

 

帯広10R 岩見沢記念

セイコークイン(牝7)、カイシンゲキ(牡6)、オレノココロ(牡7)、フジダイビクトリー(牡9)、サクラリュウ(牡7)、コウシュハウンカイ(牡7)、キサラキク(牝6)の7頭

 

3走前・ばんえいグランプリ ※1着ニュータカラコマ

2着コウシュハ 2.0差 3着オレノ 7.3差 4着フジダイ 8.2差 5着サクラ

 

2走前・JRAジョッキーDAY

1着コウシュハ 1.3差 2着オレノ 0.3差 3着フジダイ 4.0差 4着サクラ

 

前走・マロニエ

1着フジダイ 3.3差 2着オレノ 0.4差 3着コウシュハ 5.1差 4着サクラ

 

という訳で、ばんえいエアの自分でも分かるいつもの3頭の争い

コウシュハ840、オレノ830、フジダイ(とサクラ)820、サクラがもう少し軽ければともかく、これなら上位は揺るがないか

◎連覇の掛かるフジダイ、○オレノ、▲コウシュハでエア三連単BOXだな

 

 

月曜

20170918 セントライト記念

◎ 07 アルアイン 単予定

 

セントライト記念といえば……そう!コスモバルクじゃな!

 

20040919 芝2200m 良 2:10.1 コスモバルク 五十嵐冬樹 13年も前という事実

掛かりながらそのまま押し切り日本レコード(当時)という破天荒なレース振り

その脚力を再確認しつつ、最後の一冠・菊花賞は絶対距離が合わない奴だ……と思わずにはいられなかった

 

コスモバルクの体力的なピークは3歳、精神的なピークは5歳だったと思っている

これが綺麗に噛みあっていれば、ダイワメジャーにもキングカメハメハにもデルタブルースにもゼンノロブロイにも勝っていた……という妄想は今でも良くする

まあそんなところも全てひっくるめてコスモバルクが好きなんだけれど

 

ブラックロード&御神本騎手は楽しみ、だが流石に厳しいか

上がり馬セダブリランテスの回避、これは皐月賞1着アルアインで堅いだろう

松山騎手からルメール騎手への乗り替わり、余りにも情の無い、馬は育てられても人は育てられないと言われて久しい日本競馬らしい厳しい判断とは思う

だがしかし、それもまた競馬

 

 

高知03R C2-6 「高知の6歳新馬」メモリーバッカス(セ6)が出走、2→5→1→6→1→6→1→4→2→8→今回

前走は先行策では無く中団からで見せ場無く、やはり前に行ってナンボといったところ

別府真衣騎手は前走に引き続き同厩舎のキョウワレコード(牡4)に騎乗、メモリーは永森騎手から倉兼育康騎手に乗り替わり

今度はメモリーが先行させてもらえるようならアタマまで期待……と言い切りたいところだが、別府厩舎は今回3頭出し

JRA勝利から転入のミッキースプリング(牡3)は未勝利戦2着と5着があり、高知が合えばあっさりも

同じくJRA勝利から転入で永森騎手騎乗シュティーア(牝3)も高知2戦目で前進がありそう

 

オッズ次第だがメモリーの単を主軸に、上記3歳2頭→メモリー2着を抑えという感じで行きたい、頑張れメモリーバッカス

 

 

20170918 高知 珊瑚冠賞

◎ 04 フリビオン

○ 02 カイロス

▲ 05 カッサイ ◎単と馬単◎→○▲計3点+○▲応援馬券で各・単100円

 

「高知を熱狂させる馬」生え抜き二冠馬・中西達也厩舎のフリビオン

 

しかもフリビオンが厩舎の初陣とか話が出来過ぎていて震える、もう絶対勝つわ、決定

古馬の重賞級のメンバーとなれば今までとは違うレースになる、斤量差も僅か1キロ

しかし、1900mは栴檀特別1400m、魚梁瀬杉特別1300mから比べれば確実に条件好転

 

鞍上がここ2戦手綱を取った西川敏弘騎手から倉兼騎手に乗り替わり

かつては「追い込みのイク」と呼ばれるほど、バックストレッチにおける鮮やかな捲くりや直線での差しを得意にしていた。

なるほどなるほど……勝ったな

高知三冠の前に自慢の末脚で古馬を撃破し、世代最強から高知最強に名乗りを上げてくれるだろう

 

今回と同条件の二十四万石賞2着「最後の福山ダービー馬」カイロス高知県知事賞4着もありただの短距離馬では無い?カッサイ

カッサイの方が速いだろうが、距離を考えれば共にやり合いたくはないはずで隊列はすんなり決まるだろう

カイロスは今なら番手でも我慢できるはず

マイペースで運べるならば、この距離でも重賞勝ち馬の地力を見せてくれると期待している

 

https://i.imgur.com/vD8zURmh.png

 

 

中西達也厩舎

フリビオンの他にも、マウンテンダイヤ(こちらも月曜11Rに出走)、パッパカ、ブラックビューティなど聞いた名前が込みの計9頭での出発

20170914 20170915 回顧 20170916 阪神ジャンプステークス イーハトーブマイル

木曜

門別02R 2歳未勝利 は1番人気ネクストレジェンド(牡2)が勝利

クラキンコ産駒クラトキン(牡2)は8番人気5着でした

好スタートから先行集団に取り付く、3角辺りで上位2頭には離されていくが掲示板は確保した

減量効果も出たか7戦目にして初の掲示板、次はさらなる前進があるだろうか

 

門別 イノセントカップ 馬連◎=○▲△3点 はずれ……

1 ◎ 08 ヤマノファイト

2 - 02 ミスターバッハ

3 △ 04 アポストル

 

6 ▲ 06 ディーエスソアラ

7 ○ 03 ソフトポジション

 

本命は間違っていなかった

 

ちょっと相手を選ぶのが下手なだけなんだ

ヤマノファイトが人気に応えて重賞初勝利

+22キロは戻してきた分込みでも少し余裕があったか、ミスターバッハに最後は詰められたが地力で振り切った

アポストルとソフトポジションは出遅れ、アポストルはそれを考えれば良く追ったか

 

 

金曜

笠松 オータムカップ エア馬単◎=○、◎→▲△4点 エアはずれ……

1 ▲ 08 ウインオベロン

2 ◎ 01 エイシンニシパ

3 - 02 ヴェリイブライト

 

4 △ 07 マヤノカデンツ

8 ○ 10 エーシンマックス

 

エアだけど軸としては間違っていなかった

 

エアだけどちょっと買い方が下手なだけなんだ

ウインオベロンが先行押し切りを狙ったエイシンニシパを捕らえて突き放し重賞初勝利

逆転までは厳しいか、と思っていたがテン乗りの吉原騎手に導かれ見事な伸びを見せた

エイシンニシパは地力で勝ちに行きヴェリイブライト以下は抜かせていない、この日はウインオベロンの日だった

エーシンマックスは後方で見せ場無く8着、ぐぬぬ

 

 

土曜

阪神ジャンプステークス

◎ 05 アップトゥデイト 単

 

今度こそ……今度こそ!

 

アップトゥデイトは最後に勝ったのが2015年の中山・中山大障害1着、それ以来2→8→2→2→2→3→2

前走の小倉サマージャンプ2着はソロル(1着)とタイム差無し(ハナ差)で敗れるなど、勝ち運に見放されている感がある

阪神コース【1-3-0-1】、2015年阪神スプリングジャンプ4着を本格化前と考えれば、敗れた相手はサナシオンニホンピロバロンオジュウチョウサン

前者2頭は戦線離脱が無ければJ・G1級の器だったし、オジュウは言うに及ばず

ここで惜敗続きに終止符を打ち、再度障害界の頂点に挑む

 

正直な話、最初は複にしようと思っていたけれど考え直した

止まない雨は無い、アップトゥデイト復活をその目に焼き付けらあああああ

 

盛岡 イーハトーブマイル

◎ 08 サンエイリシャール

○ 05 キングジャガー

▲ 04 オールザベスト

△ 06 ダンストンリアン

☆ 09 グラマシー 三連単◎→○▲△☆ 12点予定

 

ダービー馬を負かすとしたら

 

という視点で考えてみる

サンエイリシャールは重賞3勝、2歳時から世代をけん引してきた

そして5走前のスプリングカップ1着でキングジャガー(2着)を破っている

続く盛岡・やまびこ賞2着、岩手ダービーダイヤモンドカップ3着とキングの後塵を拝しているが、これは中距離への適性の差が出たのではないだろうか

前走の新涼特別 A二組 3着は間隔が開いてチェリーピッカー(1着)が相手では仕方ない

休み明けのキングに対して、サンエイは使われてきた分と1600mで逆転を狙う

 

当然相手筆頭は岩手ダービー馬キングジャガー

11戦連続連対中という安定感も魅力、休み明けで初の58キロだがこれ以上評価は落とせない

水沢の方が向いていそうだがオールザベストも侮れない

前走のスプリント特別3着でコウユーココロザシ、ガッサンプレイ(1着、2着)を相手にしてきた

ダンストンリアングラマシー牝馬2頭

能力ももちろんあるが、共に54キロと上記牡馬3頭(58キロ)との差を活かしての食い込みに期待

 

 

イーハトーブとは宮沢賢治による造語で、賢治の心象世界中にある理想郷を指す言葉である(表記についてはいくつかの変遷を経ている。後述)。岩手県をモチーフとしたとされており(詳細は後述)、言葉として「『岩手』(歴史的仮名遣で「いはて」)をもじった」という見解が定説となっているが、賢治自身は語源について具体的な説明を残しておらず、異説もある[1]。

イーハトーブという言葉の響き、好き

宮沢賢治ほどになると言葉の選び方?作り方?が違うんだろうな

20170913 回顧 20170914 イノセントカップ (※追記 20170915 オータムカップ)

水曜

門別08R JRA認定 ウィナーズチャレンジ7 2歳選抜馬 は7番人気インザネイビー(牝2)が勝利

ベンテンコゾウの全弟ニッポンダエモン(牡2)は1番人気6着でした

3角手前から激しく手が動くも反応は鈍く直線でも伸びず

競走取り止め明けの一戦だった点を込みでも、現時点では距離が長いのかな

 

 

大井 東京記念 ◎単+三連複軸一頭◎=○▲△☆ 計5点 はずれ……

1 - 15 サブノクロヒョウ

2 ◎ 01 カツゲキキトキト

3 - 13 キングミニッツ

 

4 ▲ 05 ユーロビート

5 ○ 06 タマモネイヴィー

6 ☆ 08 ディアドムス

7 △ 16 ドラゴンエアル

 

2着で健闘、という馬ではもう無いと思っている

 

12番人気サブノクロヒョウが好位から抜け出し快勝

嵌った結果の勝利、という感じもある

だが、それを言うなら有力馬が揃って後ろから進める中でマイペースに進めた「東海の雄」カツゲキキトキトも十分展開は嵌っていたと思う

キングニミッツ以下を振り切って力は見せたが、同時に勝ち切れない力不足も認めなくてはならない

期待が大きいからこそ厳しい評価になってしまうが……悔しいなあ、勝って欲しかった

 

パドックキトキトを見てきた、めちゃくちゃ黒光りしていてカッコ良かった

つい単をPATで買い足してしまう程度にはカッコ良かった

パドックの外々をノッシノッシと歩くから更にでっかく見えた

 

https://i.imgur.com/ZoeO5Eqh.jpg

 

 

負けてしまったのは仕方ない、更なるパワーアップに期待するだけだ

次は去年も出走した金沢・白山大賞典あたりだろうか

今回も少し出足が鈍かったのでJRA勢相手にスムーズに前付けできるかが鍵になりそう

叩き3戦目、今度こそ「健闘」以上を見せてくれると信じているぞ!頑張れキトキト&大畑騎手!

 

 

門別 旭岳賞  三連単軸一頭◎→○▲△ 6点 はずれ……

1 ◎ 07 オヤコダカ

2 - 08 グレイレジェンド

3 ○ 06 トウカイビジョン

 

5 △ 04 ユウユウ

6 ▲ 02 サクラゴスペル

 

強すぎ

 

「北海道の鷹」オヤコダカ、一頭だけ次元の違う走りをしていた

グレイレジェンド抜けで馬券を外した、そんな些細なことはどうでも良くなってくるくらいの楽勝

改めて地元では敵なしを示した

サクラゴスペルはやはり距離だろうか

 

 

木曜

門別02R 2歳未勝利 にクラキンコ産駒クラトキン(牡2)が出走、デビュー7戦目

△山本騎手との初コンビ、3着以内の経験が2頭というメンバー構成でもありどこまでやれるか

少しづつ良化の気配は示していると思うし、さあどうなるか

 

 

門別 イノセントカップ

◎ 08 ヤマノファイト

○ 03 ソフトポジション

▲ 06 ディーエスソアラ

△ 04 アポストル 馬連◎=○▲△予定

 

栄冠賞3着を信頼

 

ヤマノファイトJRAの2戦で大敗したが、やはりダートでこそだろう

地元では【2-1-1-0】とまだ底を見せていない、初の重賞制覇は近いと見る

ソフトポジションは前走アタックチャレンジ1着

出遅れ最後方からまとめて差し切る脚力、ゲート五分なら重賞でも面白い存在なのでは

こちらもJRAで2戦揉まれてきたフリビオンの半弟ディーエスソアラ、それを除けば【1-3-1-0】

前走のブリーダーズゴールドジュニアカップ3着アポストルが距離短縮で前進まで考えたい

 

 

(※追記 20170915 08:00)

笠松 オータムカップ

◎ 01 エイシンニシパ

○ 10 エーシンマックス

▲ 08 ウインオベロン

△ 07 マヤノカデンツァ エア馬単◎=○、◎→▲△

 

例によって金曜日なのでエア

 

前走のくろゆり賞1着でカツゲキキトキト(2着)撃破のヴェリイブライト

キトキトが本調子では無かった、距離が短かったなど理由はあるだろうが勝利勝利

しかし2走前の名古屋・名港杯9着、今回名港杯で先着された馬が3頭出走

前走の勝利で人気するようなら、ここは静観という手もありそうだ

 

本命は充実の4歳エイシンニシパ

今年は距離が長かった園田・六甲盃7着、その次走で+11キロと余裕残しだった園田・A1 6着を除き安定して走っている

笠松コースは昨年の岐阜金賞1着で距離と共に経験済み、今年重賞3勝目をゲットする可能性はかなり高いだろう

 

逆転一考はエーシンマックス

JRA5勝は全て芝2000mで挙げたもの、地方転入後はマイル以下を中心に使われており、久しぶりの中距離戦で一発がありそう

ウインオベロンマヤノカデンツは前述の名古屋・名港杯2着、4着馬

近走から見てエイシンを逆転まではどうかだが、上位を争ってくると見る