CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20180617 函館スプリントステークス ユニコーンステークス 百万石賞 みちのく大賞典 高知優駿 旭川記念

日曜

金沢06R C1八 にプリンセスナナコ(牝4)が出走

騎手の方は土曜に1勝を積み上げてG1騎乗可能にリーチ、日曜には重賞に騎乗

前走のC1九 2着、直線で内を突いてレイズアチアー(1着)には0.7差離されたが連は確保して力は見せた

ここでも首位争いと言いたいところだが……今回は2番手争いということになるだろう

 

おそらくシンゲキ(牡6)の力が抜けている

以前在籍していた時も込みで金沢【4-0-0-0】、前走のC2五 1着はゴールドトランシェ(2着)に3.7差の超絶圧勝

余程のことが無い限り、ここは通過点となりそうだ

 

 

東京06R 2歳新馬 にシゲルアクアマリン(牡2・父アンライバルド 母パラディフルール)が出走

  アクアマリン
私の 遥かなる蒼 、まあ牡馬だけど

今年の冠「シゲル」は宝石シリーズということで、ここにはシゲルアマゾナイト(牡2・父クロフネ)というのもエントリーしている

 

また、ロードアクア(牡2・父ロードカナロア 母オーシュペール)が出走

「水の惑星アクアへの道」ということですね、分かります

俺も頑張って2300年代まで生きてネオ・ヴェネツィアに行かなきゃなーかーっ

 

という訳で(?)、どちらも頑張って欲しい

 

 

函館スプリントステークス 【王か女神か 夏を告げる電撃6F】

◎ 13 キングハート 単5割

○ 07 ナックビーナス 単5割 計2点予定

 

前はそこそこ流れそう、その後ろあたりにいる馬が有利か

 

キングハート(牡5)は去年のこのレースの2着馬

同馬は56㎏、去年の3着、4着はエポワス(セ10)とセイウンコウセイ(牡5)で、この両馬は斤量が57㎏

前走の高松宮記念 10着、外枠から位置を取れずのもの、G1でもあり悲観する内容ではないだろうし巻き返し十分

 

重賞初制覇を目指すナックビーナス(牝5)

前走の高松宮記念 3着、堅実だが勝ち切れない印象の同馬ではあるが、一瞬突き抜けるかという手応えでファインニードル(1着)と並んで伸びてきた

秋の大舞台は重賞馬として堂々臨みたいところか、前走に続いて三浦皇成騎手の騎乗、どう捌いてくるかに注目

 

 

ユニコーンステークス 【勝たねば。 14ルヴァンス】

◎ 14 ルヴァンスレーヴ

○ 05 グレートタイム

▲ 03 プロスパラスデイズ

△ 04 トキノパイレーツ

☆ 06 ホウショウナウ 馬複BOX◎○▲△☆ 10点予定

 

Jpn1馬として

 

ルヴァンスレーヴ(牡3)は前走の伏竜ステークス 2着、これが初の敗戦

勝負所で反応がやや鈍かったように見えたのは、初の右回りのうえ休み明けで馬体重+10キロの分もあったかもしれない

叩かれて左回りの東京コースに変わるここは、Jpn1馬の本領発揮と考えたい

 

グレートタイム(牡3)は2走前のヒヤシンスステークス 4着

3走前の3歳500万円以下 1着から連闘で臨んだレースだった、使ったことによりこの条件は2回目となる

この時期は3歳ダート上級馬が使えるレースはそう多くないからこそ、狙ってきた感があるので期待

 

以下は混戦模様、人気薄の馬にも魅力的な馬が多い

馬体重を戻して勝ってきたプロスパラスデイズ(牡3)

芝でもそこそこ走り、ダートでは2戦2勝のトキノパイレーツ(牡3)

デビューから2戦2勝で底を見せないホウショウナウ(牡3)、これでどうだろうか

 

藤田菜七子騎手がミックベンハー(牡3)に騎乗、馬券としては手が回らないがチャンスはありそう

 

 

金沢 百万石賞 【この距離でこそ光る 06グリスター】

◎ 06 ディアグリスター 単7割

○ 01 メイジン 単3割 計2点予定

 

波乱十分

 

全く底を見せていないジッテ(牡4)の先行力は当然ここでも侮れない

しかし、前走の金沢スプリングカップ 1着のムーンファースト(牡4)、更にメイジン(牡7)と同型が揃って果たしてどうなるか

 

ムーンファーストとメイジンは同厩舎、どちらかが引くことも十分ありそう

 

ディアグリスター(牡8)はJ・3勝馬、マイルから中距離戦を中心に使われていた

2走前の金沢スプリングカップ 9着、1900mでの大敗は、3ヵ月ぶりでもあったし目を瞑る

2100mの距離は良いはずで、巻き返しに期待

 

メイジンは去年のこのレース2着、印象深いレースだった

佐藤茂厩舎4頭出しの一角、1番人気トウショウフリーク(大差シンガリ12着)が早々に脱落する勢いで絡んできた

その中を逃げ粘ってトウショウプライド(1着)から0.2差の2着

今年も展開が読めないが、どう転んでも去年より悪くなることは無いだろう、忘れ物を取りに来るシーンは考えておきたい

 

 

水沢 みちのく大賞典 【飛躍せよ 02ペガサス】

◎ 02 エンパイアペガサス

○ 08 チェリーピッカー

▲ 05 グランウブロ 三連複◎○▲ 1点

 

ここは通過点

 

「岩手浦和の天馬」エンパイアペガサス(牡3)の中心は揺るがない

ぶっちぎりだった2走前の笠松オグリキャップ記念 1着を手土産にみちのくに凱旋、前走の盛岡・初夏特別 A一組 1着も当然の快勝

今回は8頭立て、不利を受けてということも考えにくく、再び能力の違いで押し切ってくれるだろう

 

「咲き始めた桜」チェリーピッカー(牡5)は前走の盛岡・あすなろ賞 準重賞 2着

精彩を欠くレースが続いて人気も12頭立て8番人気まで落ちていたが、久しぶりにらしさを見せてくれた、一瞬突き抜けるかという手応え

初の2000mはどう出るか分からないが、良い方に出ると考えよう、同期の「天馬」に喰らいつく

 

グランウブロ(牡4)は前走の盛岡・あすなろ賞 1着

前走時の馬体重526キロ(+11)はキャリア最高、当地の水が合うのだろうか、充実の4歳馬といった感がある

「天馬」相手にどれくらいやれるか、試金石の一戦

 

三連単1着◎→○=▲ 2点より三連複1点の方がスマートな気がするのでこれで行く

 

 

高知 黒潮ダービー 高知優駿 【出色の末脚で頂点へ 06スタンディン】

◎ 06 アウトスタンディン

○ 07 レマンコ

▲ 03 ヴァリヤンツリ

△ 01 ノブイチ

☆ 10 コスモバレット 馬複BOX◎○▲△☆ 10点予定

 

俺は覚えていた

 

>アウトスタンディンは高知優駿でまた買うことにしよう、それまで忘れるなよ自分

アウトスタンディン(牡3)は前走の山桃特別 準重賞 3着

高知の3ヵ月ぶりの久々というのはJで例えれば1年ぶりみたいなもの、とどこかで聞いた記憶があるが、久々を感じさせない末脚で突っ込んできた

ハイレベル門別での2勝は共に1700m、1900mへの距離延長も、叩き2戦目も間違いなく好材料

悲願の高知初勝利が、世代の頂点に立つこのレースだとしても何ら不思議は無い

 

「高知生え抜き」レマンコ(牡3)は前走の山桃特別 準重賞 5着

鞍上が瀧川寿希也騎手にスイッチ、これはミッキーヘネシーばりの末一手に賭ける策に出そうな予感、そして嵌りそう

中途半端に位置を取りに行くと逆に良さが出ないタイプかもしれない、もはや珍名なだけでは無い実力馬なのは周知の通り

46代ダービー馬として、高知競馬の歴史に名を刻んでも全く驚かない

 

3連勝中の「高知の勇者」ヴァリヤンツリ(牝3)

ここまで【10-7-1-0】、圧倒的な安定感で世代をけん引してきた

それだけに、好位で進める同馬でもありマークが集中するだろう、そういう考えもあって今回は後方2頭を上に見た

能力は間違いなくある馬、距離も向くだろうしここで堂々勝ち切ったらカッコいいぞ

 

ノブイチ(牡3)は前走の金沢・石川ダービー 3着

後方でじっくり構えすぎた騎乗ミスで敗れたもので、地力だけで3着に突っ込んできた同馬の能力はやはり高い

再度の内枠で好位を取り切れない図は怖いが、巻き返しは十分

 

コスモバレット(牡3)は中距離経験豊富、2走前の東京ダービートライアル 3着、キングオブポップ(1着)とはタイム差無し

実は門別でデビューしたときから「名前が似ているな」と思って(田部厩舎・五十嵐騎手でもあったのでなおさら)少し気になってはいた馬

コスモバ仲間(?)として応援も込み

 

佐賀の二頭、スーパージェット(牡3)とベルセルク(牡3)

力は認めるが、やはり去年のスーパーマックスが頭をよぎる

競走中止とはいえ、そもそもが完全に勝負圏外の位置で巻き込まれたものだった

地元のダービー、栄城賞が本命のはずで、そこから2週間ちょっとで遠征でどうか?という不安は残る

同じくダービー経由のノブイチは地元で圧倒的な存在で、本来なら石川ダービーをぶっちぎって勝ってくるはずの馬だったので例外

 

 

https://i.imgur.com/N4YFrhrh.png

 

https://i.imgur.com/K90ACgAh.png

 

レース名しか変えないという手抜き(騎手名を変え忘れて慌てて変えた)

この応援イラスト(爆笑)はこれで完成されているからな……

前がやりあう(争う)ならチャンスは広がる、そういう展開になると思うんだよなあ

 

 

帯広 旭川記念 【最強を示す 01オレノココロ】

◎ 01 オレノココロ

○ 03 コウシュハウンカイ 馬複◎=○ 1点予定

 

SPATでばんえいを買えるのをこの前知ったアホが私だ

 

何故気付かなかったのか割とマジで分からない、ということでばんえいデビューします

 

過去3年(1着 2着 3着の順)

2017 オレノココロ コウシュハウンカイ ニュータカラコマ
2016 コウシュハウンカイ ニュータカラコマ オレノココロ
2015 コウシュハウンカイ フジダイビクトリー ニュータカラコマ

ついでに2014年はフジダイビクトリーが1着、やっぱりこの四強は凄い

 

馬券的には、オレノココロ(牡8)のレース連覇か、コウシュハウンカイ(牡8)のレース3勝目か、という形になるだろうなあ、カッチカチやぞ

ばんえいの怪物」センゴクエース(牡6)は去年8着、今年はどこまでやれるか注目

20180613 関東オークス

結果はまとめて

また一週間回顧を溜め込んでしまった、今日明日でなんとか

 

 

www.sponichi.co.jp


スマートオリオンマカオでの成績がどこかに無いかな、と目の前の箱で頑張って調べたが見つからなかった

さて、どうなるか

 

 

水曜

門別02R 3歳以上 C4-7 にクラキンコ産駒クラトキン(牡3)が出走、16戦目

前走の3歳条件 未勝利 5着、出遅れが響いてコンドルノユメ(1着)から1.4差

だが、ここにもエントリーのキャニオンアンジュ(牡3・3着)とは0.3差と考えれば、スタートを決めれば初勝利も見えてくるのではないか

 

また、キングテースト(牝14)も元気に出走

毎週見かけるNE!まあ、14歳だから目立つだけで毎週走っている馬は沢山居るんだろうけれど

 

 

川崎 関東オークス 【グランダム・ジャパン2018 3歳シーズン最終戦

 

GRANDAME-JAPAN 2018 【各シーズン日程・結果&ポイント表】

 

1 レコパンハロウィー 27(不出走)

2 エグジビッツ 25

3 アクアレジーナ 18

4 マイメン 15

(中略)

- ゴールドパテック 03

- スリルトサスペンス 01

- その他 00

 

・シーズン最終戦(及びダートグレード)

1着 20 2着 15 3着 10 4着 07 5着 05 6着以下 02

中止・失格 00

 

・エクストラポイント

地方馬最先着 15 地方馬2着 10 地方馬3着 05

 

※同ポイント時はシーズン最終戦(この場合、関東オークス)出走馬が上位

※シーズン最終戦に複数頭出走の場合、(関東オークスでの)順位が上位の馬が上位

 

 

◎ 03 クレイジーアクセル

○ 10 ミスマンマミーア 馬複◎○=◎○+Jの4頭 計10点予定

 

エクストラポイントがあるため、現在0ポイントでも逆転はありえる

 

クレイジーアクセル(牝3)は前走の船橋東京湾カップ 1着

追い上げて馬体を並べてきたデイジーカーニバル(4着)を逆に振り落して逃げ切るド根性を見せつけた

牝馬路線では無く、牡馬を相手に戦ってきて結果を出しているというのは魅力

 

展開も向くのではないか、J勢はそれほど行きたい馬は居ないだろう、他ではエグジビッツ(牝3)が積極策に出そう

だが、上記のポイントの関係で、無理に絡んで大失速よりは、上手いこと立ち回って地方勢をしっかり負かそう、となるのではないか

6着以下(02)でも地方馬2着(10)なら25+12=37、こうなればクレイジーアクセルが勝っても(0+20+15=35)届かない

 

もし差し有利の展開になった場合はミスマンマミーア(牝3)がないかなあ

4走前のJ中山・葉牡丹賞 2歳500万円以下 5着、芝2000mでジェネラーレウーノ(1着)と0.4差、2100mの距離は好材料のはず

ダートに戻った近2戦は共に不発に終わっているが、そろそろ一撃があって良い頃

20180610 マーメイドステークス エプソムカップ 佐賀ヴィーナスカップ 岩手ダービー ダイヤモンドカップ

結果はまとめて

ラブバレット遂に勝ったと思った、単を握りしめて私は泣いた

振り返るのが辛い、と回顧を溜めこむ理由にしていく

でもあれで負けたら仕方ない、勝ったテーオーヘリオスを褒めるしかない

 

 

日曜

帯広01R アキハさんのお誕生日ですよー 2歳C-3

6月10日はアイドルマスター シンデレラガールズのメカ系(?)アイドル、池袋晶葉(いけぶくろ あきは)さんの誕生日です

おめでとうございます

 

誕生日馬券なら06 ホクセイアオヒメ(牝2)、10……は9頭立てなので居ないので01 センリョウライアン(牡2)か

 

 

マーメイドステークス 【チャンスを掴むか 若手騎手】

◎ 08 スティルウォーター

○ 05 レイホーロマンス

▲ 06 キンショーユキヒメ

△ 07 エテルナミノル

☆ 10 ヴァフラーム 馬複BOX◎○▲△☆ 10点予定

 

夏の始まりを告げる一戦

 

レース名を見ると「あー今年もそんな時期かー」みたいな感じになるレースのうちのひとつ

 

「マジックマン」モレイラ騎手が日本の騎手免許試験を受けに来るらしい

上手い騎手の妙技を見られる(かもしれない)ということは素直に喜ばしい限り

だが、馬と言うのは無限にいる訳では無い

♪モレイラがひとつ落とされた、落ちた時誰か弾き出した(カルマ風)、という感じで誰かは乗れなくなる

若手騎手たちもそう簡単に誰かになってやるつもりも無いだろう

 

スティルウォーター(牝5・48㎏)は川又賢治騎手、母ソリッドプラチナムは2006年のこのレース(京都開催)の1着、2007年と2008年は3着

1000万クラスで勝ち切れない、だが牡馬相手に中距離戦を走り勝負圏外でもない

今回と同条件だった3走前の明石特別 4歳以上1000万円以下 5着、あまり差し有利と言う感じでもない中を差してきてサトノグラン(1着)と0.7差

420キロを切るくらいの小柄な牝馬、48㎏を味方に混戦を抜け出してこないか

 

レイホーロマンス(牝5・52㎏)は岩崎翼騎手、前走の福島牝馬ステークス 5着、斤量が54㎏→52㎏に戻るのは大きい

3走前の愛知杯 2着、2走前の中山牝馬ステークス 3着、あと一歩を詰め切れるか

 

以下、前走の福島牝馬ステークス 1着のキンショーユキヒメ(牝5・55㎏)の勢い

テルナミノル(牝5・55㎏)はこれくらいの距離が良さそうで、反撃に注

 

ヴァフラーム(牝6・50㎏)は富田暁騎手

スティルウォーターの様に自己条件で牡馬相手に中距離戦を走り、レイホーロマンスと同じ父ハービンジャーを持つということで抜擢

 

 

エプソムカップ 【得意条件 10キャグニー】

◎ 10 ダイワキャグニー 単予定

 

府中【5-0-1-2】を信頼

 

2走前の東京新聞杯 3着、5走前の毎日王冠 4着、6走前の東京優駿 14着

これ以外は府中全勝のダイワキャグニー(牡4)を素直に信頼

実績上位だがここが長期休養からの復帰戦のスマートオーディン(牡5)、復帰2戦目のグリュイエール(牡6)あたりが次点の有力馬

コース適性と、順調な4歳の上昇度に軍配が上がりそう、初の重賞タイトルを手土産に秋の府中のG1レースに乗り込んでくれるのではないか

 

 

佐賀 佐賀ヴィーナスカップ 【重賞Vの地で 01スターレーン】

◎ 01 スターレーン

○ 05 ナナヨンハーバー

▲ 03 ディアマルコ 馬複BOX◎○▲ 3点予定

 

遠征組が上位か

 

スターレーン(牝4)は去年のル・プランタン賞 1着で重賞初制覇、佐賀のコースを経験済

重賞を勝つまでに5連続2着(うち、重賞は4戦)と同世代の牝馬戦で活躍していた

去年の秋に復帰後は3→6→1→1→8→5→今回、牡馬相手の中距離戦を中心に揉まれてきたが、牝馬同士のスピード勝負で復活があるのではないか

鞍上に山口勲騎手を配して勝負気配を感じるし、実績ある佐賀で重賞2勝目をもくろむ

 

ナナヨンハーバー(牝6)は8戦連続馬券に貢献中の安定感が光る

前走の園田・第7回ナイター競馬女子会特別A1 4歳以上 3着、この時は後方から進めたが、今回はおそらく好位からだろう

前のスターレーン、追うナナヨンハーバー、兵庫の二頭で一騎打ちの様相

 

食い込みがあるならディアマルコ(牝5)

1400mは本質的に距離不足、地元高知の牝馬戦でも崩れることがあるのは事実

だが、去年の名古屋・秋桜賞 2着はスターインパルス(1着)と0.1差、1400mでも地力で突っ込んでくるシーンは考えておきたい

 

 

水沢 岩手ダービー ダイヤモンドカップ 【光り輝く 06プーン】

◎ 06 チャイヤプーン 単予定

○ 07 ナナヒカリ

▲ 09 レップウ

△ 04 エルノヴィオ オッズ次第で馬単◎→○▲△ 3点に切り替えも

 

チャイヤプー(牡3)は前走の盛岡・やまびこ賞 1着で4連勝

出遅れ?何それ美味しいの、とばかりに外を馬なりで追い上げて最後軽く追っただけで完勝

1番人気受難のダービーシリーズ2018、まだ若さを見せる同馬ではあるが、ここは力の違いを見せつけて欲しい

 

問題は相手に絞られるわけだが、正直何が来てもさほど驚けないのでは

単120円付くのなら、もうチャイヤプーンだけ買って穏やかな心でレースを観たいというのが事実

 

相手筆頭は4走前の門別・北海道2歳優駿 7着を除けば8戦連続馬券に貢献のナナヒカリ(牡3)

門別時代も1700mを中心に使われており、早い時期から距離を意識していたように見えるので2000mでも問題無いだろう

 

転入初戦となるレップウ(牡3)、父ショウナンカンプということで2000mがどうかだが、園田1700mで2着がある

チャイヤプーンと未対戦、未知の魅力はある

 

前走の盛岡・やまびこ賞 3着、チャイヤプーン(1着)とナナヒカリ(2着)の次点に食い込み、岩手では3着を外していないエルノヴィオ(牡3)

相手を選ぶ場合でも、ここら辺まででなんとか手を打ちたい

 

 

高知12R 一発逆転 ファイナルレース C3-6記者選抜 に「高知の6歳新馬」メモリーバッカス(セ7)が出走

遂にまたファイナルに戻ってきた、そして鞍上に永森大智騎手を据えてきた

とにかく前に付けられるか、近2走あたりはファイナル回りを見据えてか?特に良い位置を取っていこう、という意気込みは感じる

その結果がさっぱりというのが何とも言えないのだが……このメンバー、乗り替わりで何とかなるならまずここだろう

本命にして、久しぶりに同馬の馬券を買おうと思う、買い方はここまでのやられ具合と、パドックとオッズを見て考える