CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

ポケットモンスター ウルトラサン・ムーン 中盤日記(ネタバレ有)

大したことを書いていないのに感想とか付けるのもアレなので日記にしておこう

こんなところに普段の10倍以上(当社比)の訪問が合ってビビる

やっぱりなんだかんだポケモンはみんな大好きなんだなと

「感想」見たくてやってきた方にはどうでも良い愚痴で申し訳なかった、反省はしているが以下略

 

ポケットモンスター ウルトラサン・ムーン 序盤日記(ネタバレ有) - CBulkAriaの日記

ポケットモンスター ウルトラサン・ムーン 序盤日記2(ネタバレ有) - CBulkAriaの日記

 

 

調査団の二人組が登場、ベベノムという新ポケモンとバトル

何が飛んでくるか分からないのでとりあえずトリミアンでZ頭突きするもディフェンダーを使われたのもあり半分

結局エコーボイス連打で倒した、どんなステータスなんだろう?

 

出会ったハプウにバトルロイヤルを勧められる

バトルロイヤルでロイヤルマスクを名乗る変態と遭遇、一体何イ博士なんだ……?

 

メガやすで古事記スリーパー着ぐるみと遭遇、まだこのイベント残してたのか(呆れ)

当然、後にイーブイZのイベントが発生するだろう男性もいた、はあ……

イーブイZのイベントは文句の付け所が多いサン・ムーンでも屈指のゴミイベントだと思っている

これ考えた奴はポナヤツングスカ支店とかに飛ばせばいいよ

 

カキの試練

サン・ムーンでは山男のダイチ乱入で話題になった

まあ一発ネタとしては悪くなかったが二度目となれば真顔になってしまう

スカル団は間違い探しに正解できなかったのではなく、ぬしポケモンに勝てなかっただけだと思いたい

間違い探しに成功できないで頭を抱えて泣いているグズマの画像下さい

 

ぬしポケモンエンニュート、では無くアローラガラガラ、助っ人がエンニュート

エースルガルガンの岩石封じ、噛みつく、岩石封じで終了、ホノオZゲット

 

モーンが登場してリゾート開発ができるように

一気にのびのびリゾートを最大にできたのは良かった

 

ゲームフリークのヌシールを壁を破る勢いで全力で引きちぎりつつ進める

 

エーテル財団で保護されたアローラロコン、お?これはシロン展開クルー?

リーリエというキャラの問題点の大半は「ポケモントレーナーでは無い」という点に集約されるのでこれはシナリオ大きく変わるかも?

スカル団にいじめられたようで怯えているが主人公に少し懐く

でっかいマラサダ買ってこいと言われてパシられる、ロコンの為ならエンヤコラ、明日また来いと言われる

明日になったのでロコンとお外で遊ぶ、明日また来いとry

 

アクロマに出会う、おかしな格好の連中(調査団)から奇妙な依頼を受けたらしい、おかしな格好(ホネブーメラン)

 

お兄ちゃんの強いポケモンをこっそり持ち出してきたという園児とバトル

ガルーラ登場は流石に吹いた、お兄ちゃんに見つかり、借り物では無い自分のポケモンで勝つと園児が宣言し兄と笑い合う

なんかその間に絆が云々みたいないい話があった気がするが、ガルーラで笑いながら斜め読みしていたので覚えていない

絆とか関係無くお前ガルーラナイト持ってるだけだろ(辛辣)

 

 

マオの試練

直前にケララッパ⇔アーボックのトレードを申し込まれる、草対策の毒ポケモンというところか

カリキリからマゴのみ、キュワワーから甘い蜜を強奪、大きな根っこは何もなかった

 

ぬしポケモンはお馴染みラランテス、助っ人はキュワワー

キュワワーは日本晴れから、フラワーヒールで削ったラランテスを回復させてくる、ついでにフラワーガードで防御も上げてくる

ただ先発モクローにも日本晴れで光合成の回復上昇、フラワーガードの恩恵がある

更に草・飛行なので、ラランテスはタイプ相性1/4のソーラーブレードは撃てずにシザークロスを使ってくる

 

キュワワー倒してからのんびり倒せばいいと思っていたら、更に助っ人で原始の力連打のカクレオン登場、めんどくさい

カクレオンは当然のように全能力上昇を引いてから、日本晴れ、嫌な音、ピヨピヨパンチを放つサポーター

直前にアメモースになっていて良かった、モクローアメモースで回して威嚇を四回入れる、あとはトリミアンのエコーボイス無双

ピヨピヨパンチで混乱したがぬしを倒した後だった、最後にルガルガンが灼熱の晴れ炎の牙で恨みをこめて赤ゲージのカクレオンをオーバーキルして試練クリア、クサZゲット

一番危ない戦いだったがチームワークの勝利だ

 

ラランテスが対戦でもこれくらい強ければなあ……と思った

だけど教え技で馬鹿力を覚えるらしい、本当なら天邪鬼ラランテス始まったな育ててくる、もう育ててた

ムリダナとか言ってるけど輸送して馬鹿力教えるぞやったー!これで勝つる

 

空間研究所にて

ハウ「行ける場所が増えるのってパートナーのポケモンと成長した感じがあっていいよね」

うるさい黙れ

 

……まあ良く言われる初代とか金銀でも、言われるほど攻略に自由度は無かった

だけど、あの頃は殿堂入りまでがポケモンだった

プレイ毎に「今回はちょっと先にいる○○を捕まえてから進めよう」みたいなことができるだけでも楽しかった、という思い出補正が入っている、タブンネ

 

あの頃にはあの頃の楽しみ方があって、今には今の楽しみ方がある

今はあっちこっちの道が塞がれているというのなら、それを込みで楽しむ方法を見つけ出してやるよ

あの頃のように、な

でもできたらやたらと塞がないでくれると嬉しいな(小声)

 

 

旅パーティ アメモース♀lv26 トリミアン♂lv30 ルガルガン♀lv30 モクロー♂lv32

 

アメモース せっかち エアカッター バブル光線 電光石火 痺れ粉 ヒコウZ 威嚇

ダイブボールに入っている

マオの試練での隠れMVP、進化していなかったら多分負けていた、威嚇は強い

予定通り痺れ粉を習得したので捕獲要因としても期待できる、lvも追いついてきた

 

トリミアン 照れ屋 頭突き 噛み付く エコーボイス すなかけ ノーマルZ ファーコート

プレミアボールに入っている

マオの試練でラランテスを倒せずに混乱で自爆したら詰んでいたのでMVP、倒した後に自爆してしまったのはご愛嬌

エコーボイスとかいう神技の弱点は混乱ということに気付いた、技がだいぶ変わっていないが安定感がある

 

ルガルガン 意地っ張り 岩石封じ 炎の牙 噛み付く ハッピータイム お守り小判 固い爪

黄昏ているのでプレシャスボールに入っている、そういえばこの子はタマゴ産めるんですかね

マオの試練ではフィニッシャーとなった、良いとこどりともいう

ハッピータイムとお守り小判がとてもシナジー、次はイワZが手に入る(予定だ)しそれも楽しみ

 

モクロー 慎重 はっぱカッター ついばむ 不意打ち みねうち ピントレンズ 新緑

当然モンスターボールに入っている

マオの試練はモクローで余裕と思っていたらまさかの展開でアメモースの壁要員となってしまった、悪いことをしたと思っている

レベルは一番高いがややパワー不足を感じることも増えてきたし、やはり進化させた方が良い気がしてきた、力が欲しいか……?

ポケットモンスター ウルトラサン・ムーン 序盤日記2(ネタバレ有)

ポケットモンスター ウルトラサン・ムーン 序盤日記(ネタバレ有) - CBulkAriaの日記

 

イリマの試練

洞窟の中に瓦割りの技マシンがある安心仕様

デカグースと手下のヤングース、特に苦戦もせずにトリミアンのエコーボイス*3で終了した

ノーマルZを手に入れてさらにトリミアン強化

 

他人の家に何枚もシールを張り付けていくイリマを想像して笑う

剥がす時にめっちゃビリビリ言ってるし家具とか壁とか大変なことになってそう

まあアローラライチュウコッペパンが好き過ぎてこうなったとか言ってるアローラの民は大らかだし許されるんでしょうね(適当)

 

ハ、ハラサン……の大試練もトリミアン無双でカクトウZゲット、なんかマケンカニの全力無双激烈拳を普通に耐えてた

 

テンカラットヒルのぽつねんと放置されているヒコウZも回収

唐突に???(カヒリ)が登場してヒコウZのポーズを伝授して去っていった、なんだったんだ……

 

次の島に行く前にサラッと島を一周してなにかやり残しが無いか確認+ケンタロスで岩を砕きまくる

色々な頼みごとをしてくる人がいるのだが、お礼が現ナマ……リアルならそれが一番嬉しいのは否定しないが何の為に換金アイテムがあるんだと小一時間

風情が無いよ風情が

 

マンタインサーフが楽しくて何周かやってみる

サクラビスが好きなので技名がサクラビス(とハンテール)なのにびっくり、こんな登場の仕方は読めなかった

BP稼ぎの為にツリー登ってクオリティーガーとかNPCのクソ寒い台詞ガーとかもう言わなくて済むなコレ、ポケモンバンク解禁すれば溜め込んでいる貯金もあるし

 

デクシオとジーナがヘンテコなポーズで登場、デクシオのエーフィのサイケ光線で危なくなりちょっとビビる

XYで出ていたらしいけど本当に出てたか?全然覚えていない

 

行く先々でイベント、というかお知り合い登場

一人前になるための島巡りというより集団での観光感しかないのは相変わらず

こんなのを挫折するスカル団って、みたいな話にはなる

 

オハナ牧場でミルタンクと戯れる、追いかけっこちょっと楽しい

これは地味だけど面白い、連れ歩きとかは流石に厳しいのだろうが自分のポケモンでも出来たらなお良かった

まあそこはポケリフレで愛でなさいって事かな

 

グラジオ初登場のあたりでイワンコが黄昏ルガルガンに進化、カッコイイ……

能力も大幅に上昇して一気にエース格に

 

スイレンの試練

直前のポケセンオンバットヨーテリーのトレードを申し込まれる

ここはヨワシだから前はアマカジ@タリーヨじゃなかったっけ?とか思いながら進む

 

スイレンちゃんが騙し討ち(?)しなくなっている、大人になった

前座のヨワシシズクモをやっと出番が来たモクローのはっぱカッターとついばむで粉砕していく

 

ぬしポケモンヨワシもピントレンズはっぱカッターで余裕、のはずがまさかのオニシズクモ、雨水泡オニシズクモとか鬼畜か?

ただついばむで半分入って(ソクノの実持ってた)安心していたら登場する威嚇アメモース

威嚇解除のためルガルガントリミアンに回すが共にアメモースの痺れ粉で痺れて動けずオニシズクモのオーロラビームやあわでゴリゴリ削られる、水技があわなのは最後の良心か

アメモースは痺れ粉、怖い顔、追い風、虫食いという素早さ操作+木の実除去のサポーター、なかなか嫌らしい

それでも再登場のモクローが共についばんで終了、御三家の意地を見せた

 

スイレン印のつりざおを貰う

これだけ広い海に囲まれていながら、釣りの出来るスポットが限られているのは控え目に言って欠陥

泡が出ていてもつれないなぁ&コイキング祭り、もう十分堪能したよ……

出現率とか考えるのが大変なんだろうというのは分かるけどもう少し何とかできただろうに

 

赤ゲージまで削ったバスラオモンスターボールを15個ほど割られる、突進で自滅しそうだったので危なかった

モクローのみねうちだけでは無く状態異常要因も必要だな

 

釣りで水ポケモンを仲間にする予定が何故かアメタマになっていた

今は水タイプ付いているけど進化すると虫・飛行になるんだよな、まあいっか

 

 

旅パーティ トリミアン♂Lv25 ルガルガン♀Lv26 モクロー♂Lv27 アメタマ♀Lv14

 

トリミアン 照れ屋 頭突き 噛み付く エコーボイス すなかけ ノーマルZ

のんびりするのが好きらしい、照れ屋でのんびり屋だと番犬には向かなそうなのでモフろう

能力もバランスが良くて穴が無い、パーティの切り込み隊長

 

ルガルガン 意地っ張り 岩石封じ 炎の牙 噛み付く ハッピータイム お守り小判

暴れることが好きらしい、意地っ張りらしい個性と言える

攻撃はパーティダントツの82を誇る、特性固い爪と相まって高火力

 

モクロー 慎重 はっぱカッター ついばむ みねうち 光合成 ピントレンズ

ケンカをするのが好きらしい、慎重なのに喧嘩?まあこういうのも面白い

進化させるかけっこう考え中、ジュナイパーも良いんだよな……うーん悩ましい

 

アメタマ せっかち 泡 目覚めるパワー(不明) 泥棒 電光石火 ミズZ

ちょっぴりみえっぱりらしい、とりあえず使える技マシンでフルアタックにしておいた

特殊攻撃系が欲しかったのと捕獲用に痺れ粉が使えるので良いかなと思った、スイレンの試練の内容を踏まえた結果

しばらくは先輩方に経験値を横流しして貰って、だな

 

見返すと文句ばっか言っている感じですけどそれなりに楽しんでいます

 

ポケットモンスター ウルトラサン・ムーン 中盤日記(ネタバレ有) - CBulkAriaの日記

20171118 回顧 20171119 マイルチャンピオンシップ ダービーグランプリ

土曜

東京01R 2歳未勝利 は1番人気リョーノテソーロ(牡2)が勝利

ハッピースプリントの全妹ディアベリンダ(牝2)は7番人気11着でした

ダートで前進必至と思ったが、中団追走から全く伸びずだった、以外と芝の方が良かったり?

 

 

東京スポーツ杯2歳ステークス 馬連BOX◎○▲△ 6点 はずれ

1 ◎ 03 ワグネリアン

2 - 07 ルーカス

3 △ 05 シャルルマーニュ

 

4 ○ 04 カフジバンガード

6 ▲ 01 コスモイグナーツ

 

人気通りの決着

 

コスモイグナーツ(6着)はもうちょっとソロっと逃げると思っていた

こうなると末脚自慢のワグネリアンに持ってこいの展開か、現時点では能力上位は間違いない

今後は頭数が増えても同じように鞍上のF氏が捌けるか、成長力がどうかといった感じだろう

 

モーリスの全弟ルーカスが2着、キャリア2戦目だし血統からもまだこれからの馬だ

 

 

佐賀12R 天山賞 S2 は道営から移籍初戦、2番人気ヨシノファルコン(牝2)が勝利

スーパーマックスの妹ザワールド(牝2)は4番人気9着でした

控える競馬を見せたザワールドだったが、勝負所で既に手応えが怪しく大失速、何でだ……

 


高知 黒潮ジュニアチャンピオンシップ 三連単◎=○→▲△ 4点 はずれ

1 ○ 02 ヴァリヤンツリ

2 ◎ 01 ネオプリンセス 

3 - 04 スピーディダブル

 

4 ▲ 06 ネイティブゴールド

5 △ 03 レマンコ 

 

>この2頭の馬連でも良いのだが、めちゃ安そうだし牡馬の意地も見たい

プークスクス、3頭しかいない牡馬なんだから買っておけよ……

 

追ったヴァリヤンツリと逃げるネオプリンセスのマッチレース

着差は僅かに0.1差、今後も良いライバルとなって世代を引っ張っていって欲しい

 

ヴァリヤンツリが4連勝を決めた

距離が伸びて逆転も一考とは思っていたが実際は厳しいかな、と思っていたが

差しというより少し前の好位で進めていけるのは今後へ向けて大きいのではないか

Valiantly とは勇敢とか勇ましくとかの意味らしい、父名+母名の同厩舎の先輩フリビオンとは違いオサレな名前

 

ネオプリンセスが2着で初の敗戦

しかし並ばれてからも突き放されることなくゴールまで抵抗していた

逃げて圧勝していた馬はああなるとあっさり白旗みたいなこともあるが粘れたのは好材料だと思う

評価を落とす必要はなく、今後が楽しみであることには変わりがない

 

レマンコは5着で掲示板確保

現状では地味だけど、ネタとか抜きでどこかでしれっと突っ込んできて大穴を持ってきそう

 

 

日曜

マイルチャンピオンシップ

◎ 07 レッドファルクス 単5割

○ 08 マルターズアポジー 単3割

▲ 03 ヤングマンパワー 単1割 

 

差し切るか、逃げ切るか、YMCAか

 

好メンバーが揃って激戦必至、3着まで考え出すともう買いたい馬が止まらない

手を広げ過ぎないようにあえて単勝複数買いで

 

93・94年サクラバクシンオー、12・13年ロードカナロア、16・17年レッドファルクス

スプリンターズステークスを連覇したのは、この三頭だけである

これを見てどう思うだろうか?

レッドファルクスだけ格落ちだな……と思うだろうか?

 

それが罠なのだ、多分

つまり、レッドファルクスがここも勝って、歴代の短距離王と並べてもそん色のない馬になるっていうことだったんだよ!!!11

ということでレッドファルクスを本命

この手の馬は引退した後に「アイツ強かったんだな……」と言われるタイプ、だと思う

前走のスプリンターズステークス1着の末脚は素晴らしかった、あの末脚をもう一度

 

逃げ馬は人気落ちでこそ、マルターズアポジー

前走の京成杯オータムハンデ4着、58㎏を背負って先行勢壊滅の流れだった中で唯一踏ん張った

G1だけにノーマークとはいかないだろうが、なんにせよこの馬は逃げるてどこまで粘れるかだけだ

 

あとヤングマンパワーは好きなので抑えます

YMCA!YMCA!憂鬱など吹き飛ばしチャオ!

 

 

水沢 ダービーグランプリ

◎ 01 フリビオン 単

○ 05 ベンテンコゾウ

▲ 11 スーパーステション

△ 04 ストーンリバー

△ 06 クラキングス

☆ 12 ムーンファースト ◎単は確定、あとはオッズ見て考える

 

もうひとつのチャンピオンシップ

 

3歳秋のチャンピオンシップ2017 最終戦

カテゴリーA・B・C(計9レース)のどれかとここを勝つとボーナス賞金が出る

しかし、ボーナスの資格を持って出走してきたのは高知フリビオンただ一頭

(※追記 20171119 07:45 一頭とか大嘘だった、不来方賞の事をすっかり失念していた、キングジャガーごめん)

今だけの結果で語るのは早すぎるのは分かっているが「笛吹けど踊らず」

ダービーシリーズ→ジャパンダートダービーの時も言ったけど、出走だけでも一定の奨励金+@が無いと地元で数回走れば十分だわって話になるのは当然なんだよな

ボーナス資格の無い馬でも十分な豪華メンバーが揃ったのは幸運というのか皮肉というのか

 

その中で出走してきた「高知を熱狂させる馬」フリビオン

前走の佐賀・西日本ダービー1着、西日本生え抜き3歳最強と9連勝を引っ提げて堂々の登場

挑戦した者には成功か失敗が与えられる、だが挑戦すらしない者には成功も失敗すらも与えられない

馬券なんてこの際外れでもなんでも何の後悔も無い、その心意気に本命で応えようではないか

 

この馬の自慢は末脚、勝負所ではややズブイところを見せるがエンジンが掛かれば直線では弾けてくれる

しかし、レベルが上がれば上がるだけその個性は弱点となるだろう、それは懸念材料

 

有力馬は大半が前に付けていく馬

だいたい競馬っていうのは一番を目指すものなのだから基本的に最初から前に付けていた方が有利だし地方競馬ならなおさら

末脚勝負のフリビオンがむしろおかしい、おかしいついでにまとめて差し切ってくれ

 

実力と何より地の利がある「岩手の道営二冠馬」ベンテンコゾウ

盛岡・不来方賞は回避したが、前走の盛岡・霜月特別A 1着を古馬相手に完勝

4戦無敗の水沢なら2000mでも不安は無いだろう、地元の意地を見せつけるか

 

4走前の門別・王冠賞1着でベンテンの道営三冠を阻止したスーパーステション、この馬も底知れない

今年は7戦6勝2着1回、完全に軌道に乗っている

一応、2000mは初となるのだが1800mで4連勝中の馬があと200m全然ダメとは考えにくい、限りなく対抗に近い単穴評価

 

ストーンリバークラキングスは共に中団から進めての末脚に期待という形、フリビオンが本命なのでこのタイプを押さえておきたい

ストーンリバーは古馬相手に勝ち星からやや見放されてはいるが同世代戦なら

クラキングスは心房細動明けで間隔が詰まっているが、出走してきたからには力は出せる状態と考える

 

西日本ダービー2着のムーンファースト

3走前の金沢・MRO金賞12着は論外、その他のレースでは連対を外していない馬

好位から進められるタイプなので立ち回り易そう、距離も向くだろう

 

 

https://i.imgur.com/WO42Lafh.png

 

 

予想文ではカッコイイ感じにしたのでこっちはあえて俗っぽい感じにしてみた

 

 

高知11R トパーズ特別 A-1選抜馬 に「最後の福山ダービー馬」カイロス(牡7)が出走

大井・JBCスプリント13着セトノプロミス(牡7)、黒潮マイルチャンピオンシップ1着ワイルドコットン(牡6)も出走

ワイルドコットンは58㎏となるので今度こそカイロスで行ける気がする、強敵に揉まれたセトノプロミスも面白い