CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20190223

 

競馬雑記

園田・園田ユースカップジンギ

良血完全開花、復調なった実力馬ボルドープラージュ(2着)が逃げ粘る、これを交わし切ったことに価値がある

この路線の中心となっていくだろう、今後も目が離せない

 

テンマダイウェーヴは10着でした

>テンマダイウェーヴ(牡3)は前走の笠松・ゴールドジュニア 7着(略)
>結果論だが、メンバー的にもあそこまで位置にこだわる必要は薄かったように思える、これが実力では無い
>恐らくこの敗戦が原因で、コンビを組んで5戦3勝・重賞2勝の渡瀬和幸騎手から、杉浦健太騎手に乗り替わって挑む(略)
>2歳王者としてこれ以上は落とせない、という陣営の意思の表れと受け取った、これもまた、競馬

意思の表れ(キリッ とは何だったのか

確かに前有利の馬場だった、しかしあんなに無理して出していく必要があったのか

そして逆にあれならもうダメでも行き切るしかないだろう、そこから半端に控えても御覧の通りで折り合いガタガタになるのは自明

 

初コースの笠松でやってしまうのはまだ納得もできたが、この舞台で同じことをするなら乗り替わった意味とは?という話

ただ力で負けるのならともかく、同じようなレースを2回連続繰り返し自滅、というのはどうなのか

2番人気に支持したファンへの背信、と言われても仕方がないだろう

 

とはいえ……2回続いたということは、前回が偶々では済まず、これが現時点での馬の実力とも言える

ここまではともかく、次に同馬を買って同じように負けてはずしても、こういう馬だと分かって買ったのだから文句は言えない、ということ

これは実力では無い、と信じるか、これが実力、と見限るか、次に出て来た時に問われることになるだろう

 

 

土曜競馬

中山08R 春麗ジャンプステークス 障害4歳以上オープン に(地)トラスト(牡5)が出走

 

前走の東京・秋陽ジャンプステークス 障害3歳以上オープン 1着

障害レースに転向して2戦2勝、年末の大一番は自重してここまで待機してきた

初の中山、ここが試金石の一戦と言えるだろう

 

現在はオジュウチョウサンの動向が再度の平地挑戦も視野で流動的、アップトゥデイトは休養中

勝って堂々と障害界の新星としてJ・G1に駒を進めて欲しいところ

中村均調教師はラストウィーク、花道を飾れるか

 

同じ平地重賞勝ち馬で、斤量1㎏貰いのメドウラーク(牡8)が強敵か

 

 

阪神12R 4歳以上1000万円以下 に(地)ダブルシャープ(牡4)が出走

 

前走の中京・中京スポーツ杯 4歳以上1000万円以下 2着

約4か月ぶり、かつ久しぶりの1600mだったが、直線での末脚はなかなかのものだった

J移籍後は、戦ってきた相手もあるが連続好走が無い、叩き2戦目でどこまで前進があるか

 

11頭立てだが、全馬に勝つチャンスがありそうなメンバー構成

1600mが向いている可能性もあるし、ここでも同じような末脚が使えれば面白い

20190221 園田ユースカップ

 

船橋報知グランプリカップタービランス

鞭が入ると内からグイグイと伸びてきた、力を見せたと思う

シュテルングランツ(6着)はゲートで少しうるさい所を見せていて、ダッシュが利かず逃げられなかった

 

 

木曜予想
園田11R 園田ユースカップ ダ1400m 16:10発走

園田11R 第11回 園田ユースカップ 【2歳王者の覚悟 11ダイウェーヴ】

◎ 11 テンマダイウェーヴ

◯ 12 ジンギ 馬単◎→◯ 1点

 

2012年の開催をもって一旦廃止されたが、2019年より再開されることになった。一戦

 

テンマダイウェーヴ(牡3)は前走の笠松ゴールドジュニア 7着

大外枠からスタートは良かったと思う、しかし少し二の脚が付かなかった事もあり押して前に出して行く

ところが先行馬が揃って外枠だったことで行き切るのに脚を使いすぎた上、勢い余って掛かり気味の先行

勝負所ではもう手応えが厳しかった、最後方待機のオオエフォーチュン(1着)の勝利からも、先行勢に厳しい展開を作り上げる片棒を担いでしまった形に

 

好位からも競馬ができる馬だと思っていた

結果論だが、メンバー的にもあそこまで位置にこだわる必要は薄かったように思える、これが実力では無い

恐らくこの敗戦が原因だろう、コンビを組んで5戦3勝・重賞2勝の渡瀬和幸騎手から、今回は杉浦健太騎手に乗り替わって挑む

 

 

https://i.imgur.com/HUZy85Zh.png

 

https://i.imgur.com/OpxXdgIh.png


2走前の園田ジュニアカップ 1着、4走前の兵庫若駒賞 1着

渡瀬騎手のあのガッツポーツを――1番人気に応えて見せたそれと、万感がこもっていたであろうそれを――思い出す

確かに前走の騎乗は褒められたものでは無かったと思うが、経緯が分からないのでどうとも言い切れないが、一発アウトは厳しいようにも見える

一度だけでも汚名返上、名誉挽回の機会をあげて欲しかった

 

しかし……馬にとってクラシック制覇は一生一度の機会であることもまた確か

2歳王者としての矜持、大一番へ向けてこれ以上は落とせないという陣営の意思と受け取った

これもまた、競馬

 

テツ(牡3)やブライアンビクター(牡3)あたりが行くならそれを行かせて好位

思ったほど行かなければ主導権、くらいの走りで巻き返して欲しい

 

相手は当然ジンギ(牡3)

デビュー戦から父ロードカナロア、母父ディープインパクトの良血がいるじゃん、と思って見ていた

失礼を承知で言えば、この手の馬の地方競馬デビューというのは、何かしら裏がある事の方が多い

 

しかし2走前の3歳一組 2着、前走の3歳AB特別 1着

勝ち負けを争ったのは門別・1勝、金沢で重賞2勝の実力馬アイオブザタイガー

前者では只一頭前に追いすがり、後者では斤量1㎏貰いだったとはいえこれを競り落として見せた

これが4戦目となるが、1戦毎の上昇度には目を見張るものがある、当然逆転まで一考

 

安定を求めるならこの二頭を軸で相手を選べば良いだろう

自分はあえて、2歳王者の「覚悟」を買って馬単1点で行く