CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

永吉昴と栄冠ナイン【e-BASEBALL パワフルプロ野球2020】

「おはよう、プロデューサー」

静まり返っていた事務所に、聞きなれた声が響く。

声の主は永吉昴。わがプロダクションのアイドルだ。

「こうやって事務所に来るのも久しぶり……って、プロデューサーしかいないの?」

彼女の着けている白いマスクのせいか、あるいは非日常的な「ここ」の静けさのせいか。

常ならばもっと元気良く響くその声に、多少の陰りがうかがえた。

 

続きを読む

2021/06/17 北海優駿予想

 

 

木曜競馬予想

 

門別12R 北海優駿(ダービー) ダ2000m 20:40発走

門別12R 北海優駿 【二冠阻止なら 01 インパクト】

◎ 01 オタクインパク ◎単600円

〇 03 ラッキードリーム 馬複◎=〇2,000円

▲ 04 クラウォー

△ 06 クライマックス 三連単F◎〇→◎〇→▲△ 各100円 計5点

 

今度こそ

 

ぶっつけ本番となった前走の北斗盃(1着)を制した 03 ラッキードリーム(牡3)が二冠を狙う

シニスターミニスターだが、母父ファンタスティックライトに母系は「サクラ」の名門牝系

中距離で勝ち星を重ねてきた戦績からも、2000mへの距離延長は問題無いだろう

 

前走(2着)のゴール前の脚色から、距離延長が疑問の 07 リーチ(牡3)

同(3着)の2歳女王ソロユニットも不在で、新興勢力も首位を脅かすまでには至らない

 


逆転まであるのは、北斗盃(4着)の 01 オタクインパク(牡3)だろう

前走は勝負所の内で前が詰まり、位置が悪くなり追い出しも遅れる痛恨の不利があった

◎との0.7差は、スムーズならもっと詰まると考えている

 

ウインバリアシオン、母父ネオユニヴァース、戦績からも延長は大歓迎

最内枠からロス無く進めて行けば、二冠を脅かすのは本馬だ

 

 

シビルウォー譲りのしぶとさで 04 クラウォー(牡3)

マスターフェンサー、トップディーヴォの半弟 06 クライマックス(牡3)

距離が向きそうなこの2頭を穴とする

 

2021/06/16 関東オークス ヒダカソウカップ予想

 

 

水曜競馬予想

川崎11R 関東オークス ダ2100m 20:10発走

川崎11R 関東オークス 【その道の先にあるものは 07 ヴィア】

◎ 07 ケラススヴィア ◎単

〇 09 ベルヴォーグ

▲ 08 ディアリッキー

△ 11 ウワサノシブコ

☆ 06 ウェルドーン

注 01 ランスオブアース 三連単1着◎→〇▲△☆注 計21点

 

史上二頭目南関東牝馬三冠へ

 

・J勢短評

01 ランスオブアース(J・牝3)は、鞍上が若い泉谷楓真騎手

本馬の能力どうこうより、この一点に不安が残る

 

05 リフレイム(J・牝3)は、能力があっても発揮できない気性では、能力が無いも同然

人気薄ならともかく、上位人気で狙うのは考えにくい

 

06 ウェルドーン(J・牝3)は、前走のJ中京・鳳雛ステークス(1着)

近5走のうち4走前(4着)が最内枠、その他4戦は外目の枠【3-0-1-0】

5枠06番という微妙な枠は気掛かり

 

09 ベルヴォーグ(J・牝3)は、この枠は悪くなさそうで抑えてみたい

交流重賞なので、位置取りはそれなりに前となるだろう

 

 

07 ケラススヴィア(浦和・牝3)の偉業達成の瞬間が見たい

2走前の浦和・桜花賞(1着)、前走の大井・東京プリンセス賞(1着)

圧倒的な先行力で強敵を蹴散らしてきた

 

距離延長だが、サウスヴィグラス産駒でも上級馬は距離をこなす

そして母父ネオユニヴァース……オレの辞書には「ネオユニの距離延長は買い」と書いてある

どうでも良いが、オレは明日も同じ理論でオタクインパクトを本命にしますから

 

これまでの重賞はほとんどが良、あっても稍重まで

不良馬場が確実でありこれがどうかだか、本馬は泥を被らない逃げの競馬

綺麗な馬体のまま、牝馬三冠のゴールを駆け抜けるはずだ

 

 

この時期の牝馬、そしてダートとしては長めの部類に入る2100m、そして不良馬場

注、05、06あたりは内で揉まれ込みたくはないだろう

武豊騎手はなんだかんだ上手く捌いてきそうと思えるが、鞍上が若い注、気性面が危うい05はどうだろう

J勢で〇を最上位に見たのは、消去法でもある

 

 

◎以外の地方勢も出番は十分

08 ディアリッキー船橋・牝3)は、前走の東京プリンセス賞(2着)

これまで1500~1600mだけ使われていたが、距離延長でも(勝ち馬には離されたとはいえ)好走

 

ホッコータルマエは、川崎記念三連覇

母系にはスペシャルウィークグルームダンサー、そしてリアルシャダイとくればスタミナは十分

距離を味方に上位進出へ

 

11 ウワサノシブコ(浦和・牝3)は、前走のカサブランカオープン(1着)

2走前の東京プリンセス賞(4着)は取消明けだった

相手が仕上がり途上だったとはいえ、浦和・ユングフラウ賞(1着)で◎(2着)に唯一土を付けた馬

 

アイルハヴアナザー、母父ダンスインザダークなら、やはり距離は向きそうだ

うまく先行集団に取り付きたいところ

 

 

 

門別12R ヒダカソウカップ ダ1600m 20:35発走

門別12R ヒダカソウカップ 【三連覇なるか 13 クオリティ】

◎ 13 クオリティスタート

〇 11 スマイルミュ

▲ 10 エムティアン

△ 12 ルナクレア 三連複BOX◎〇▲△+馬複◎〇▲△ 計10点

 

門別マイルはスピード系から

 

内回りコースということで、中距離系より短距離系を狙いたい

ジュエルクイーン(2→1→1→3)、ディナスティーア(1→2)、アップトゥユー(2→3)と、リピーターレースの感もある

 

 

上記のジュエルクイーンも成しえなかった、三連覇を狙う 13 クオリティスタート(牝7)

高い能力と、それを持続し続けること、両立しなければいけないというのはとても難しい

一昨年は54㎏、去年は55㎏、今年はトップハンデタイの斤量56㎏

若馬の挑戦をはねのけて、門別の女王として君臨できるか

 

Quality Startとは、野球で6イニング以上を3自責点以内で抑えた先発投手のこと

偉業達成にはこれでは足りない、完封勝利を目指してばく進だ

 

 

斤量51㎏はいかにも有利な 11 スマイルミュ(牝3)

去年のルナクレア(牝3・3着・51㎏)は重賞3着1回の実績だった

前走の水沢・留守杯日高賞(1着)を勝っている本馬なら、さらに上を目指せそう

 

重賞2勝の 02 ニジイロ(牝3・53㎏)は、外枠だったら買っていた

重賞での好走は外枠、凡走は内枠と傾向が出ている

能力は秘めているだけに、揉まれる経験を積んで克服して欲しい

 


門別復帰後(8→6)冴えないが、10 エムティアン(牝5)の復活が穴

デビュー2連勝でJ函館・函館2歳ステークス(4着)に駒を進め、エーデルワイス賞(3着)の実績もある

Jに移籍後も、芝1200mで500万→1000万を連勝

以降は順調さを欠いたこともあり大敗が続いた中でも、1600万で0.5差(7着)という競馬もあった

 

4か月振りを二度使われて、そろそろ本領発揮といきたい

まだ5歳、老け込むような歳ではない

 

なかなか勝ち切るには至らないが、堅実掛けの 12 ルナクレア(牝4)

本馬が去年の再現のシーンも、抑えが必要だろう