CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

永吉昴と栄冠ナイン【e-BASEBALL パワフルプロ野球2020】

「おはよう、プロデューサー」

静まり返っていた事務所に、聞きなれた声が響く。

声の主は永吉昴。わがプロダクションのアイドルだ。

「こうやって事務所に来るのも久しぶり……って、プロデューサーしかいないの?」

彼女の着けている白いマスクのせいか、あるいは非日常的な「ここ」の静けさのせいか。

常ならばもっと元気良く響くその声に、多少の陰りがうかがえた。

 

続きを読む

2021/07/20 マーキュリーカップ MRO金賞 ノースクイーンカップ予想

 

火曜競馬予想

 

盛岡10R マーキュリーカップ ダ2000m 16:50発走

盛岡10R マーキュリーカップ 【本格化の気配 03 クラウズ】

◎ 03 バンクオブクラウズ

〇 11 デルマルーヴル

▲ 04 エンパイアペガサス ▲単100円・複400円 

△ 09 ヒストリーメイカ

☆ 02 マスターフェンサー 三連複軸一頭◎=〇▲△☆ 1,000円 計7点・1,500円

 

雲がモクモク

 

去年は、早めに先頭に立ったヒストリー(4着)

直線入口でそれを捕らえたデルマ(2着)と、ワンテンポ遅れて追ってきたマスター(1着)との叩き合いとなった

 

この1・2・4着馬が今年も出走

連覇を狙う 02 マスターフェンサー(J・牡5)は斤量58㎏、去年と比べて4㎏増

11 デルマルーヴル(J・牡5)は変わらず57㎏

09 ヒストリーメイカ(牡7)も変わらず54㎏

 


今年は、確固たる先行系が不在のメンバー

13 ホーリーブレイズ(大井・牡7)あたりが行くだろうか

 

03 バンクオブクラウズ(J・牡4)は早めだろうが、逃げまではいかないだろう

去年のヒストリーのように後方系が早めに仕掛けると、我慢していた馬に差されそう

かといって前に楽をさせる訳にもいかない、というところ

展開利は自在脚の本馬にあると見た、斤量54㎏も有利に映る

 

Bank of Cloudsとは入道雲という意味らしい

まさにこれからそういう季節になる、夏の上がり馬に相応しい

 

 

早めに上がって行ければ、04 「岩手の天馬」エンパイアペガサス(牡8)が意地を見せるシーンがあっても良い

2走前は1600mの水沢・シアンモア記念(2着)、前走の水沢・みちのく大賞典(1着)

ともにヒガシウィルウィンとの激戦を演じており、8歳だが衰えを感じない、まさに不死鳥

 

18年(7着)以来、2度目のこのレース参戦、地元の大将格として見せ場は作って欲しい

心情的には当然ここが本命

 

 

デルマルーヴルは去年のこのレース(2着)以降、(2→6→6→8→7→9→10着)

G1級だったりトリッキーな浦和だったりJ場所だったりで、条件が合わなかった感がある

去年のような走りができるなら、復活劇は十分

 

ヒストリーメイカーは、去年の走りを踏まえてじっくり構えられるか

2戦2勝の藤岡佑介騎手が久しぶりの騎乗

ただ、相手なりの感があるので、アタマまで突き抜けるかは微妙か?

 

マスターフェンサーは、やはり斤量が鍵となりそう

今年2戦がリズムに乗れていないのは気になる、地力でどこまで

 

 

 

金沢11R MRO金賞 ダ1900m 17:35発走

金沢11R MRO金賞 【地の利があるぞ 08 アイバンホー】

◎ 08 アイバンホー ◎単 計1点・1,000円

 

先行力で

 

兵庫ダービー(2着) 04 シェナキング(兵庫・牡3)

東海ダービー(3着) 09 スプリングメドウ(愛知・牡3)

東北優駿(5着) 05 ベニスビーチ(牝3)

各地のダービーシリーズを戦ってきた馬も参戦して、面白いメンバー構成

 

 

地元の大将格は当然、前走の石川ダービー(1着) 08 アイバンホー(牡3)

圧倒的な先行力で当地クラシック路線をけん引

前走では、J・1勝のビルボードクィーン(2着)とマッチレースを展開

これを最後まで抜かせなかったド根性は驚嘆の走りだった

 

 

シェナキングは強烈な末脚が武器

しかし、5走前の名古屋・スプリングカップ(2着・ブンブンマル(1着)と0.2差)

強力な先行勢が存在すると、やはり前付けできるほうが有利に思える

 

前走の兵庫ダービー(2着・スマイルサルファー(1着)と0.0差)

ここでは積極策に出たが、勝ち馬の末脚に屈した

エイシンイナズマ(3着)ともタイム差は無し

能力の高さは見せたが、王道の競馬では弾けきれなかった、とも取れる

 

愛知二冠馬、逃げ馬トミケンシャイリから離されているスプリングにも同じことが言える

地の利、展開利を得る◎を負かすまでは至らないだろう、というのが最終ジャッジとなる

ここは単で勝負

 

 

 

門別12R ノースクイーンカップ ダ1800m 20:40発走

門別12R ノースクイーンカップ 【中止は天恵? 10 ニジイロ】

◎ 10 ニジイロ ◎単200円・複800円

〇 09 バブルガムダンサー 〇単100円・複400円、ワイド◎=〇 500円 計5点・2,000円

 

03→10、06→09

 

外枠だったら買いたかったのにな、と思っていた二頭が、順延を経て外目の枠へ

これは狙うしかないだろう、ということで

 

 

10 ニジイロ(牝3)は、前走のヒダカソウカップ(7着)

 

ライデ 1枠01番(8着)←内枠
兵庫ク 7枠10番(1着)←外枠
兵庫ユ 4枠04番(5着)←内枠
桜花賞 8枠10番(5着)←外枠
東海ク 7枠09番(1着)←外枠
のじぎ 4枠04番(9着)←内枠
ヒダカ 2枠02番(7着)←内枠

 

揉まれるのが良くないのか、内枠スタートだとしっかり走れない、あるいは崩れる

外枠受難の浦和・桜花賞(5着)でも掲示板確保、ある意味筋金入りの外枠巧者と言えるのではないか

中止は天恵と言わざるを得ない、古馬相手でも狙うしかない

 

 

09 バブルガムダンサー(牝4)は、前走のヒダカソウカップ(7着)

馬体重520㎏台の大型牝馬、フットワークも大きいので、まず単純に内回り1600m→外回り1800mが好材料

内でゴチャつくより、外からジワリと進められそうなのが更に良くなった

牝馬同士なら見直しが必要

 

2021/07/18 岩鷲賞 トレノ賞予想

 

大井・ジャパンダートダービーは、13頭立て12番人気だったキャッスルトップ

 

地方他地区馬ゼロ、東京ダービー上位も不在

少し寂しいメンバー構成……と思って観ていたが、J勢を相手にまさかの逃げ切り

これがまさか、ではないことを、今後証明して欲しい

 

 

 

日曜競馬予想

 

盛岡11R 岩鷲賞 ダ1200m 18:05発走

盛岡11R 岩鷲賞 【新星激突 10 ブラスト vs 11 キラット

◎ 10 タイセイブラスト

〇 11 キラットダイヤ 馬複◎=〇

▲ 01 イルティモーネ

△ 08 シゲノブ

☆ 03 ツルオカボルト 三連複軸二頭◎〇=▲△☆ 計4点

 

求む、スプリント新王者

 

栗駒賞馬 10 タイセイブラスト(牡8)と、早池峰スーパースプリント馬 11 キラットダイヤ(牝4)

空位となった岩手短距離路線の暫定トップを決める一戦、好レースを期待する

 

 

前者の前走は、外の4列目4番手を追走

勝負所で前を追い上げて、直線早めに先頭、シゲノブ(2着)以下の追撃を振り切った

これまで戦ってきた相手も強かったし、揉まれてきた結果を見せた

 

盛岡【3-1-1-1】、敗れたのは1000m(6着)のみとコースも問題無し

重賞連勝は十分だ

 

 

当時追い上げてきた 08 シゲノブ(牡6)は、序盤は1400mの流れが速かったか最後方から

勝負所で空いた内をワープするように追い上げて、直線では綺麗に外目に持ち出してきた

主に中距離で走っていた本馬が新味を見せた

 

再度展開は向きそうだが、更なる距離短縮で流れに乗れるかが条件

前走は完璧に嵌った感がある、アレをもう一度できるか、試金石の一戦となるだろう

 

先行して(3着)に粘った 03 ツルオカボルト(牡10)

去年のこのレースは(7着)と敗れているが、経験の薄い1600m以上を経由しての参戦だった

短距離に狙いを定めてからは安定感を取り戻している、経験豊富な古豪の粘りはここでも侮れない

 

 

後者の前走は、スタートでやや見劣ったが巻き返し、トゥーナノクターン(4着)との激しい先行争い

しかし勝負所手前で一旦控えて内から外に切り替える、直線でトゥーナを捕らえて、そのまま押し切った

超短距離戦だったが、速力一辺倒というわけではない器用さを見せた

 

Jでの実績が1000mに集中しており、距離延長は課題となるだろう、盛岡変わりも未知数

それでも、前走のような走りができるなら対応できると考えた

直線では前で進める◎〇の叩き合いとなりそう、どちらが勝ってもおかしくない

 

 

このレースで(8着)に沈んだ 01 イルティモーネ(セ8)

初の左回りという影響もあったか、本馬らしい伸び脚を欠いた

コース経験を経た今回で変わり身が無いか、見限るには早い実績馬だ

 

 

 

高知07R トレノ賞 ダ1300m 18:15発走

高知07R トレノ賞 【押し通る 04 マロン】

◎ 04 スペルマロン ◎単 計1点

〇 01 アイアンブルー

 

この距離でも

 

「高知の魔術師」スペルマロン(セ7)は、馬柱に(1着)を並べ続けている

本質的には中距離馬だが地力で距離不問の走り、これが当地トップホースの貫禄

 

12走前の去年のこのレース(2着・ダノングッド(1着)と1.1差)

6走前の大高坂賞(2着・アイアンブルー(1着)と0.2差)

4走前の黒船賞(7着)でも高知最先着

11走前の競走中止を除いて、上記以外は全て(1着)

 

ダノングッドは、先日の園田・園田FCスプリント勝ち馬

逆に言えば、このレベルの馬でなければ適性外でも早々は負けないということを示している

ここから8月の建依別賞(1400m)、夏は適鞍が無いが、地力で押し通る

 

 

01 アイアンブルー(セ7)にとって、夏は◎との逆転を狙える季節と言えそうだ

実際に大高坂賞(1着)で負かしている、短距離なら互角に戦えるのは証明済み

 

今回は徹底先行タイプの馬が不在、展開面が鍵

◎は自力でレースを作れるだけに、楽に運ばれるとこの距離でも難しくはなる