CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

永吉昴と栄冠ナイン【e-BASEBALL パワフルプロ野球2020】

「おはよう、プロデューサー」

静まり返っていた事務所に、聞きなれた声が響く。

声の主は永吉昴。わがプロダクションのアイドルだ。

「こうやって事務所に来るのも久しぶり……って、プロデューサーしかいないの?」

彼女の着けている白いマスクのせいか、あるいは非日常的な「ここ」の静けさのせいか。

常ならばもっと元気良く響くその声に、多少の陰りがうかがえた。

 

続きを読む

2021/01/17 日経新春杯 大高坂賞予想

 

 

土曜競馬(雷山賞予想結果)

佐賀06R 雷山賞 ◎単 1点 単◎470円 あたり!

1 ◎ 10 キングプライド 

2 - 08 グレイトパール

3 - 02 スウィフトハート

 

9 - 01 マイネルジャスト

10 - 11 スーパージンガ

 

これが王の走りよ

 

10 「佐賀の唯一王」キングプライド(牡9)が優勝

逃げの手に出た 01 マイネルジャスト(9着)を行かせて外の3番手を追走、一周目のゴール前で 08 グレイトパール(2着)が捲ってくる

勝負所では逃げのマイネル、追うグレイト共に手が動き始めるが、「唯一王」騎乗の川島拓騎手は軽く気合を付けるのみで差を広げに掛かる

直線では後方を確認し、半ばでムチを入れてその差を決定的なものにして完勝

 

完☆璧、他に言うこと無し!

明け9歳だが、この走りができるならまだまだやってくれるだろう

 

11 「九州三冠馬」スーパージンガ(牝5)は10着でした

うーん……早仕上がりの馬だったのかもなあ

 

 

日曜競馬予想

中京11R 日経新春杯 芝2200m 15:45発走

中京11R 日経新春杯 【混戦模様】

◎ 11 クラージュゲリエ

〇 04 サンレイポケット

▲ 14 ショウリュウイクゾ

△ 13 (地)レイホーロマンス

☆ 05 (地)ミスマンマミーア ワイドBOX◎〇▲△☆各100円 計10点

 

JはG1級以外手を出さないと言ったな

 

あれは嘘だ、気が向いたら買うわ

 

中京は内の芝が荒れていて、ここをずっと回る先行系は厳しそう

先行勢なら外の好位に付けられるか、直線外に持ち出せる差し馬有利といったところか

 

愛知杯の結果を見ると後方勢の台頭がありそうだが、これはハイペースによるものだろう

土曜なら、09Rの長良川特別(1000万下)の方が参考になるか

また、愛知杯長良川特別も勝ち馬の血統は母父シンボリクリスエス

このレースも……と言いたいところだが母父シンボリが居ない、じゃあもうRoberto系で代用すれば良いんじゃない?(適当)

 

 

11 クラージュゲリエ(牡5・56㎏)は19年クラシック世代、皐月賞 5着、東京優駿 6着

そこから順調にレースを使えずだったが、ここは復帰3戦目、まだ上積みがあるだろう

母父タニノギムレット、今の中京血統トレンドのRoberto系でもある

ブライアンズタイム系とKris S系を一緒くたにしてRoberto系とか、ダビ〇スタ並のガバガバさである

 

CosmoBulkAriaことCBAさん、まさかのアヘアヘ西日マン・F永に◎

騎手には敬意を表して誰々騎手と表記するオレが、コレだけはこう呼ぶ理由はオレの名前で察して欲しい

 

とはいえ前述の愛知杯ではランブリングアレー(2着)を持ってきた

あんな感じで、好位追走から直線ではもうちょい外目を伸びてくるのでは、と考えた

Fさんへの昔年の恨みと馬券は別に考える、オレってば勝負師の鑑

 

 

04 サンレイポケット(牡6・55㎏)は前走の東京・アルゼンチン共和国杯 6着

東京2500mも割と特殊なコース、前走まで9戦連続馬券圏内という堅実さを見直すべきか

重賞3着2回、斤量も恵まれているのではないか、後は道中の位置取り次第

 

14 ショウリュウイクゾ(牡5・53㎏)は準OPからの格上挑戦

前走(8着)こそ崩れたが、現級では2着3回3着1回

2走前(2着)は今回人気の 10 アドマイヤビルゴ(牡4・56㎏)と0.2差、斤量差を活かしつつこのイメージで

 

高配当の使者は牝馬二頭、 13 (地)レイホーロマンス(牝8・51㎏)と 05 (地)ミスマンマミーア(牝6・52㎏)

前者は押せ押せのローテだが、去年も同じように万葉ステークス(4着)→愛知杯(3着)と出走している

冬場は合っている印象、牡馬相手のハンデG3でも入着多数であり、もうひと押しが効けば

後者は展開的にも間に合うかギリギリの線だが、この距離は合うしひとつ紛れれば

 

 

 

高知03R アイドル研究部協賛 花陽ちゃん生誕特別 C2-6

 

レース名を見てティン!と来た

   リアル
これは三次元のアイドルではねえな……と感じてググったら案の定である

 

dic.pixiv.net

小泉花陽さん、お誕生日おめでとうございます

ラブライブは知らないので、今その存在を知りました

実際に曲を聴いてみたけれど、本当に脳みそがとろけだしそうな声をしている

 

というか 03 アクロマティック(セ11)がここに居ることにビビったわ

エーシンクリアー、サウスウインドと兵庫三強を形成していた、そんな時代もありました

 

サインとしては、イメージカラーがなので、6枠の 06 コパノカリブ(牝4)

1/17から、 01 ナンヨーアーミー(牡8)と 07 ファーストカム(牝4)といったところ

この三頭は普通にありそう

ただナンヨーが叩き2戦目でどこまで変わってくるかにもよる、もう少し使われてからか

 

このメンバーなら転厩初戦の◎ 07 ファーストカム(牝4)に期待

去年の名古屋・東海クイーンカップ 2着馬

南関東C1では苦戦を強いられたが、高知の砂が合えば

 

先行力で〇 06 コパノカリブ、以下は▲ 08 ペイシャニンフ(牝5)と△ 03 アクロマティックかな

ナンヨーアーミーは五番手評価、馬複◎〇=◎〇▲△ 計5点(エア予想)

 

 

 

高知06R 大高坂(おおたかさ)賞 ダ1400m 18:10発走 

高知06R 大高坂賞 絶対王者へ 09 スペルマロン】

◎ 09 スペルマロン

〇 03 アイアンブルー 

▲ 06 メイショウハート

△ 08 ペガッソ

☆ 11 フクノグリュック

注 12 ツクバクロオー

穴 10 ブラゾンドゥリス 三連単F◎→〇▲△→〇▲△☆注穴 各100円 計15点

 

魔法の栗

 

09 「栗色の魔術師」スペルマロン(セ7)は前走の高知県知事賞 1着

直線では後ろを見やってから、軽く気合を付けた程度で完勝、グランプリ連覇を成し遂げた

秋はこれで4戦無敗、その全てが圧勝だった

 

高知競馬で重賞が行われる距離は1300m(1勝)、1400m、1600m(1勝)、1900m(1勝)、2400m(2勝)

今回勝てば、全カテゴリを完全制覇ということになる

 

逆に1400mは苦手なのか?ということを考える

高知1400m【1-1-0-2】(※以下、成績に競走中止は含めない)

敗れたのは去年のこのレース(2着)、黒船賞(6着)、御厨人窟賞(9着)

去年の勝ち馬はあのサクラレグナム、黒船賞はダートグレード

御厨人窟賞は黒船賞の次走であり、県知事賞→黒船賞選考競走三戦を全走破→黒船賞の疲れがあったのだろう

 

高知では1600m以上【7-2-1-0】に対して、1400m以下【3-2-0-2】

Jでの実績からも、本質的には中距離タイプの馬だが、能力で短距離も対応している印象

今年は連覇の掛かる黒潮スプリンターズカップ(1300m)をスキップして、だるま夕日賞→黒船賞と歩むのではないか

 

高知唯一のダートグレードである黒船賞が行われる1400mは、高知の最重要距離と言っても良い

真の高知の王者として君臨するためにも、多少距離不足であろうとも堂々と勝利して欲しい

 


圧倒的人気が予想される◎のため、例によって相手は考える必要がある

まず目を惹くのは、17年の黒船賞勝ち馬である 10 ブラゾンドゥリス(セ9)だろう

 

だが、である

兵庫代表として出走した9走前の黒潮スプリンターズカップ 4着

当然、勝ち馬はスペルマロンであり、0.8差という決定的な差を付けられている

 

移籍初戦だった前走の初夢特別 1着

実績的に突破は当然なのだが、馬体重を487㎏(-23)と大きく減らしていた

黒船賞制覇時は525㎏、地方移籍後も500㎏台で競馬をしていた馬としては見逃せない点

軽視禁物ではあるのだが、決して硬い相手候補とは考えない方が良いだろう


では、前走の高知県知事賞 2着の 12 ツクバクロオー(牡6)はどうか

高知では1600m以上【4-3-1-1】に対して、1400m以下【2-0-1-2】

1400mの重賞である去年のこのレース(5着)と御厨人窟賞(5着)、2戦は共に掲示板まで

 

これは本馬のスタートがあまり良くないことが影響していそう

能力は評価しているが、短い距離であればあるほど、僅かなロスでも取り返すのが難しくなる

 

前走の高知県知事賞 3着の 11 フクノグリュック(牡9)も距離不足の感は否めない

この三頭は3着までではないか、と考える

 


相手筆頭は 03 アイアンブルー(セ7)、前走のA-3 3着(メイショウハート(1着)と0.4差)

スタートで後手を踏んだという明確な理由があり、大きく評価を下げる必要は無い

去年は門別→高知で【5-4-5-2】、重賞初出走となるが、その堅実さはここでも通用すると考える

 

そのアイアンブルーを前走で負かした 06 メイショウハート(牡5)

その前はB-1選抜クラスで勝ち切れず(2→3→3→2)、前走も敵失に乗じた感もある

しかしまだ上昇の余地のある明け5歳馬、J・1勝を挙げたのは1400mで、高知1400m【3-4-0-0】と好相性

 

08 ペガッソ(牡6)は【3-0-0-0】と手が合っている畑中信司騎手が騎乗

 

cbulkaria.hatenablog.com

思い出(?)深いのは、19年の お疲れ山頭騎手特別 1着

当時注目していたウイントラゲット(3着)が出走していたので観ていた

 

レース名通りに、ピークトラム(2着)騎乗の山頭信義騎手の引退レース

そのレースで、王道の番手抜け出しを狙った1番人気ピークトラムの外から容赦無く本馬が捲り上げて先に抜けて、直線では更に突き放す完勝

 

鞍上がルーキー・多田羅誠也騎手だったこともあり、なんだか笑ってしまった記憶がある

なんなら、今思い出すためにレースを見返したけどオレ笑っちゃったし、ピークトラムが捲った時に実況の橋口浩二アナも「おっとお!?」って(多分ちょっと素で)言ってたもん

 

    いのち
競馬とは生死命と金の掛かった勝負の世界

情け容赦など不要なのは間違いの無い事実……とはいえ、余りに遠慮が無くて面白かった、高知はガチ

でも多田羅騎手は、きっと高知を引っ張る騎手になると思ったなあ

今は療養中、帰ってくるのは少し先っぽいけどめげずに頑張って欲しい

 

そんな思い出(?)のある馬、重賞で買いたいレベルの馬になるとはね……


と、いうことで三連単で勝負

15点買いだが、人気しそうなところを下げている、あたればガミは無いのでは?

まあガミってもその時はその時、何でもいいからあたって欲しいね

2021/01/16 雷山賞予想

 

競馬雑記(ノブワイルド、良かった 人を育てられない人間が……)

 

ノブワイルドは種牡馬

 

ソースは南関魂さんをご覧ください、ググれば出てくるので

 

おお……マジで良かった、生きてるだけで丸儲け

結果が闇の中なので好き勝手に言うが、オレはキャンドルグラスの3/4馬身前

にノブワイルドが居るのを幻視していましたから

 

そりゃ馬券がはずれたのは残念だけど、この分は預けておいただけなので

遠くない未来、砂上を駆けるであろうノブワイルドの産駒たちに、2倍、3倍にして返してもらうためにな

 

オレが好きだったヴァーミリアンの後継種牡馬というのも最高

ヴァーミリアン×アンバーシャダイでスプリンタータイプの馬、いったいどんな産駒が出るのか予想が付かない

配合次第で中距離は勿論、芝でも行けるのではないだろうか

2歳にJで勝ち上がり500万で2着(その時の1着馬は先日引退・種牡馬入りのブルドッグボス)の実績がある

仕上がりもそこそこ早く、かつタフさも成長力もある感じで頼む

 

とにかく今は怪我をしっかり癒して、次なる戦いのゲートインに備えて欲しい

ノブワイルド、お疲れさまでした

 

 

 

人を育てられない人間が……

 

news.netkeiba.com


お互いの言い分が出揃うまで、どうこういうのはやめた方がいいのだろう

でもとりあえず言いたいことはある

人を育てられない人間が、どうして馬を育てられようか

 

大塚騎手がちょっと笑えないレベルで下手らしい、というのはまた別の話

寧ろ、パワハラの恐怖心によりマトモな精神状態で騎乗できなかった、という可能性すらある

やらなきゃ意味ないよ、なんて事件もあったが、恐怖心というのは容易に人を壊せる

 

言葉が通じる人を暴力で支配する人間が、人の言葉を話さない馬とどう関わるというのだろうか?

人の心に寄り添えない人間に、馬の心に寄り添うことなどできやしないだろう

 

 

 

水曜競馬(船橋記念予想結果など)

 

名古屋04R C23組 は 08 ソリッドアーマー(セ4)が優勝

 

06 エポックライジン(セ15)はシンガリ11着でした

最後方を流してきただけ、という感じだった

 

 

姫路09R C1 4歳以上 は 10 レッドシリウス(牡4)が優勝

 

02 エアマルソー(牝4)は9着でした

中団少し前を追走、しかし勝負所ではもう手応えが怪しく伸びなかった

 

 

船橋11R 船橋記念 三連単F◎〇→◎〇→▲△☆ 計6点 はずれ

1 〇 04 キャンドルグラス

2 △ 07 アドバイザー

3 ▲ 06 カプリフレイバー

 

7 ☆ 11 ブロンディーヴァ 

中 ◎ 12 ノブワイルド

除外― 09 サイタスリーレッド

 

これは仕方ない

 

本命の 12 ノブワイルド(牡9)が競走中止

こういうことがあるのも競馬、予想の方向性は間違っていなかったはず

とにかく無事で良かったよ、本当に……

 

04 キャンドルグラス(牡7)がレース連覇

レースを見返すのは無事と分かっていても怖いので記憶を頼りに記す

アドバイザー(牡6・2着)と0.1差という着差以上に強い勝ち方だったと思う

ブルドッグボスとノブワイルドが引退する短距離戦線だが、本馬はまだまだ存在感を示してくれるだろう

 

 

 

木曜競馬(兵庫クイーンセレクション、マイル争覇予想結果など)

 

船橋04R C3四五 は 01 ゴールドハンター(牡7)が優勝

 

そっちのゴールドが来たのね

 

05 ゴールデンルート(牝7)は8着でした

今日と明日は休みなので、積んでいたかけぬけを進められるぞ

 

 

姫路11R 兵庫クイーンセレクション ワイド◎=〇 1点 はずれ

1 〇 10 ニジイロ 

2 - 04 マルカフォルトゥナ

3 - 11 ユナチャン

 

6 ◎ 07 アイルビーゼア

 

雨上がりには虹が掛かり、その空に高く昇竜が駆け抜けてゆくんだ

 

(適当なポエムではずれを誤魔化す音)

 

10 ニジイロ(牝3)が優勝

二の脚が付くのに手間取ったが、まっすぐゲートを飛び出して中団の外を追走、そのまま外を捲り上げる、

直線ではマルカフォルトゥナ(牝3・2着)が外によれた煽りで更に外に振られるが、お構いなしに突き抜けた

やはり前走はノーカウント、笠松の昇り竜・渡邊竜也騎手も堂々と乗っていて良かった

 

07 アイルビーゼア(牝3)は6着でした

うーん、ここまで負けるか……何ででしょうね、分からない

 


名古屋11R マイル争覇 三連複軸二頭◎〇=▲△☆注穴 計5点 はずれ

1 ◎ 08 カツゲキキトキト

2 ☆ 10 トリマゴラッキ

3 穴 11 サンデンバロン

 

4 〇 06 アンタエウス

5 △ 03 ウインハイラント

7 注 04 ゴールドリング

11 ▲ 07 マイタイザン

 

綺麗に印が入ってるだろ

 

これ、はずれているんだぜ(三連複5,240円)

これから学ぶべき教訓は、ゴチャゴチャ考えないで軸一頭にすべきだった、ということですね

 

08 「東海の雄」カツゲキキトキト(牡8)が復活勝利、重賞V20

逃げ馬三頭を見る位置で単騎先行、これができるならそりゃ負けるわけがないとしか

 

でも、まだ天晴れをあげるわけにはいかないな、ちょい天晴れはあげたい

まだオレは諦めてはいない

積み重ねた重賞タイトル、そこに本馬に真に相応しいモノが加わる日が来ることを

 

単300円とか、いくらなんでも舐められすぎだろ……

 

>(相手が)分からないなら、普段はこんなにつらつら考えをそのまま書いたりせずに単◎にして終わる

>ただ、まだそこまで盤石の信頼は置けない、まだ軸としての信頼なので

ア゛゛アッ

 

06 アンタエウス(牡5)は4着

スタートは悪くなかったように見えたが、行き脚が付かずに気付けば後方二番手から

寧ろ良く4着まで来たな、位置取りの差と言うしか無いし、前に行けないというのも能力の内

平場ならともかく古馬重賞級だと、このあたりの成長が待たれるということだろう

 

 

船橋11R チバテレ盃(準重賞) は 11 コズミックフォース(牡6)が優勝

 

07 「道営三冠馬」リンゾウチャネル(牡5)は2着でした

09 「南関東・夢の配合」ブラヴール(牡4)は5着でした

 

勝ち馬は18年のJ東京・東京優駿 3着馬

勝ち馬の地力を褒めるしかないだろう

 

前者は良く抵抗したと思う、後者はここを叩かれてどう変わるかな

 

 

 

土曜競馬予想

佐賀06R 雷山賞 ダ2000m 17:10発走

佐賀06R 雷山賞 オープン 【叩き良化型 10 プライド

◎ 10 キングプライド ◎単 1点

 

面白いメンバー構成

 

10 「佐賀の唯一王」キングプライド(牡9)は前走の中島記念 6着

佐賀生え抜き・33勝の実力馬だが、中島記念はこれで2→(不)→6→8→4→6

夏休みをしっかりとる馬、それが息長く走る秘訣のうちのひとつなのだろうが、その分、復調までに少し時間が掛かるのだろう

 

中島記念(or年内最終戦)の次走は1→(4)→1→6→1

敗れた2走は、それぞれ2月と3月にその年の始動戦として走ったもの

1月に始動=順調に使える状態の場合、3戦全勝

典型的な使いこんで良くなるタイプと考えて差し支えないだろう


本馬とは本当に馬券の相性が悪かった(前走の中島記念で◎)

      わか
しかし、遂に理解った、ここで負の連鎖を止める

ここは自信の単で勝負

 

 

かつて「唯一王」と覇を競った15年のロータスクラウン賞勝ち馬 01 マイネルジャスト(牡9)

Tapitの持ち込みとして産まれたが、Jで未勝利、オークション上場

 

15年の大井・ジャパンダートダービー 9着

己を売り飛ばした因縁(?)の同冠名馬・マイネルサクセサー(10着)に意地の先着

大井で長く揉まれて帰ってきた、栄城賞の借りを返せるか

 

16年の門別・北海道2歳優駿 3着馬の 02 スウィフトハート(牡7)

前走の中島記念 3着、末脚が活きる展開なら再度浮上

 

佐賀では馬券圏外ゼロ、伸び行く新星 05 ゲットワイルド(牡5)

前走の中島記念 2着、Mr.ほとんどパーフェクト・山口勲が黙ってはいない

 

泣く子も黙るディープ×ビワハイジ 06 エルプシャフト(牡8)

J・3勝、準OPでも2着の経験がありまだ見限れない

 

その実績は説明不要、すっかり佐賀に馴染んだ 08 グレイトパール(牡8)

まともに使えてさえいれば、J・砂の王者の系譜にその名を連ねていたはず

 

悩める女王 11 「九州三冠馬」スーパージンガ(牝5)

去年はついに未勝利だった、三冠馬の誇りに掛けて復活を誓う一戦

 

 

煌めくような超良血馬が居る、地味でも歴史の詰まった血統の馬が居る

地元しか知らない馬がいる、他地区で揉まれてきた馬が居る、Jの舞台を知る馬が居る

飛躍を狙う若馬が居る、まだ譲れない古馬が居る

何もかも違う馬たちが、同じレースで覇を競う

 

ああ……なんだかとっても、良いもんじゃないですか?競馬って