読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBulkAriaの日記

競馬とか競馬とか競馬とかその他何かあったらとか競馬とかについて書いていきたい

20170427 回顧

笠松 オグリキャップ記念

1 04 ◎ カツゲキキトキト

2 02 ▲ アサクサポイント

3 08 ☆(→-)イッツガナハプン

 

4 06 △ リワードレブロン

5 05 ○ ミッキーヘネシー

9 09 -(→☆)トニーポケット 

 

着差以上の強さ

 

気合を付けて出ていったカツゲキキトキト、そのまま押し出されるように逃げの形になった

キトキトと並んでイッツガナハプン、トニーポケットが先行態勢、前を見つつアサクサポイント、リワードレブロンは中段後ろ、ミッキーヘネシーは距離考慮か最後方

2週目向こう上面手前でレブロン追い上げ開始、トニーは手応えが厳しくなるがガナハは食らい付く、アサクサが変わって上がっていく

4角手前で内キトキト、中ガナハ、外アサクサで並んで直線

アサクサがキトキトを交わすか?という勢いで追う、ガナハは一杯になり脚色劣勢

しかしキトキトは抜かせない、もう一伸びして振り切ったところがゴール

 

まあここでは格が違った、カツゲキキトキトが1着

着差は小さい(キトキト比)が、逃げの形になったこと、外からずっとガナハがぴったりマーク、そのガナハは直線で売り切れにもかかわらず、一段後ろから襲い掛かった元JRA・OP馬アサクサポイントを振り落としての勝利

これは着差以上に強いと言って良いだろう

これくらいはやって当然ともいえるけれど、さあ次はJRA京都・平安ステークスか?単複ぶっぱの時間だあああ

ローテーションが使い過ぎと受け取られて人気が落ちるなら最高、この程度でへこたれる馬がでっかいタイトル取れる訳が無いっしょや

 

また、着差が小さかったのは2着アサクサポイント、3着イッツガナハプンが思った以上に強い馬だったというのもある、次走以降も注目

アサクサは前述の通り元OP馬だし、気分良く走ればこれくらいはやってくれる馬だろう

イッツガナハプンはキトキトをマークするように、真っ向勝負を挑むようにレースを進めたが直線では脚が残っていなかった

キトキトには完敗だがそれでもリワードレブロン(4着)には先着、ある意味高知県知事賞のリベンジは果たした形

体重が減っていたとかいう理由で直前に消したどっかのバカは反省するように、はい、すみませんでした

 

……

…………

 

CBulkAriaちゃんってさあ……ホント……バカだよねぇぇぇ!!!!!